【ブログ500記事更新】アクセスアップのコツや施策など。

日々淡々と更新を続けているこのブログ。毎度のことながらタイムリーで気づけなかったんですが…ついに、500記事超えましたー(わーい)

ということで、400記事から500記事までの間にどんなことをやったのか、何を意識したのか、ということを振り返ってみます!

アクセスアップのための施策

珍しく、「これがアクセスアップに貢献したなぁ」とハッキリ思えたんですが、内部リンクの最適化(最適なカテゴライズ)は効果テキメンでした。

  • ページ/セッション
  • セッション時間
  • 直帰率

の各項目の値が改善し、回遊率は目に見えて高くなりました。今までは、「検索流入→1記事読んで離脱」というパターンばかりだったんですが、今は…

  1. 検索流入→関連記事
  2. 検索流入→カテゴリー→他の記事

というパターンが以前より多くなりました。やっぱり、アクセスした記事とそれほど関係ない記事が関連記事に表示されていても読まないですからね。。笑

「バズ」や「被リンク」がなくても上位表示される

記事を書く上で、「バズ(ソーシャルでの拡散)」や「被リンクの獲得」を狙うのが王道とされていますが、そこまで神経質になる必要もないのかなと思えてきました。

というのも、一度もバズったことがない記事や、まったく被リンクがない記事が、徐々に「単発ワードで上位表示されるようになった」からです。

もちろん、「独自性」や「ユーザーに求められる内容」を提供することは必須ですが、「上位表示のための小手先のテクニック」は必須ではないということがわかりました。

やっぱりトレンド記事は必須だよね

500記事更新のタイミングで言うのもどうかと思いますが、やっぱり、「トレンド記事」って必須ですよね。僕のようなブログならなおさら。

 

おそらく、初めてトレンド記事を意図的に書いたんですが、やっぱり伸びましたよ。Twitterからの流入も短期間で「ぐっ」と増えました。

ここら辺は、600記事更新のタイミングで、もう少し詳しい話ができると思うので、お楽しみに〜

500記事更新するとPV数(アクセス数)はどうなる?

これは、PDCAサイクルを回しながら記事を書いていること前提ですが、PV数(アクセス数)は普通に増えます。それはもう普通に。

トレンド記事じゃなくても検索流入はあるし、むしろ、トレンド記事じゃないからこそアクセスが安定します。飽きられる可能性が低いので。

ただ、内容はなんでも構いませんが、自分に向けた記事ではなく、「誰かに向けた記事」を意識しなければいけません。

アウトプットするためにインプットしても意味がない

僕は、このブログを、あくまでも「アウトプットするための場」として活用しているつもりだったですが、最近気づいたことがあります。

それは、アウトプットするためにインプットしても意味がないということ。

読まれる記事と読まれない記事の違いでもあると思うんですが、記事を書くために何かをインプットしても読まれないんですよね。

  1. 記事を書きたい
  2. ネタを探す
  3. 記事を書く

▲こんな感じ。「記事を書こうと思ったから何かをインプットした」というパターンです。

インプットが先行した方が読まれる

でも、経験上、インプットが先行した記事の方が読まれるんですよね。

  1. ネタがある
  2. 記事を書く

▲シンプルにこんな感じ。当たり前と言っちゃ当たり前なんですが、みなさんも経験ありません?記事を書こうと思ってネタを探す時。

まぁ、以前更新したように、初心者は「質よりも量」を意識した方がいいと思っているので、そういうフェーズがあるのもいいんですけどね。

僕はそろそろ、このフェーズを卒業しようと思っているので、文字通り「ブログをアウトプットの場」として活用していこうと思っています。

まとめ

以上、500記事更新の振り返りでした。アクセスアップの方法で悩んでいる方に参考にしていただければ嬉しいです!

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

カテゴリーサイト運営状況

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!