MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

YouTuberならぬAmazoner?!アマゾンビデオダイレクト開始!

      2016/05/12

子どもの頃、みなさんはどんな職業に憧れていましたか?

  1. 公務員
  2. サッカー選手
  3. 野球選手
  4. お花屋さん
  5. 美容師
  6. 専業主婦
  7. 芸能人

子どもの将来の夢では、こんな職業が人気でしたよね。ただ、みなさんもご存知のように時代は変わってきました。

好きなことを仕事にしたい人が急増

そう。好きなことを仕事にしたいという、昔では「非現実的」で「非常識」だった夢を持つ子どもが増えたんです。

  1. プロゲーマー(ゲームをして生活する)
  2. フリーランス(会社に属さない)
  3. 在宅ワーク(家で仕事をする)

なんかは、昔では考えられない仕事・働き方だったはずです。そして、その中でも特に衝撃的な職業といえば、そう。

YouTuber(ユーチューバー)

YouTubeに、面白い動画やすごい動画をアップして、その動画の再生回数によって収益を得るという仕組みです。

YouTubeはGoogleの傘下の会社のサービスですからね。YouTuberは一流の商社の営業マンよりも安泰かもしれません。

「GoogleとYouTubeがなくなる確率」と「〇〇商事がなくなる確率」は、比べるまでもないですね。

モンスター企業「Amazon」がついにYouTubeと激突か

そんなYouTubeの牙城を崩しに行ったのが、モンスター企業である「Amazon」です。

電子商取引業界を支配し、物流業界を変えまくり、その膨大な資産で、

  1. 写真
  2. 動画
  3. 映画
  4. 音楽

と、幅広く事業展開をしていますよね。ユーザーの囲い込みは日に日に激化しています。

image
もう、独占禁止法で訴えられてもいいレベルですね。笑 アマゾンジャパン(東京・目黒)は18日、定額を支払えば音楽
prime-photos-1
動画・音楽に続き、次は写真まで。アマゾンちょっと落ち着いて。 プライムフォトが開始したよ 「もともと写真をク

 

さて、そんなAmazonがどうやってYouTubeの牙城を崩しに行くのか?

その答えが「Amazon Video Direct(アマゾンビデオダイレクト)」です。

アマゾンビデオダイレクトとは?

アマゾンビデオダイレクトとは、動画を投稿し、主に下記の方法で収益を得る仕組みのこと。

  1. 動画を見てもらう(再生回数に応じて収益発生)
  2. 動画を見てもらう(動画内の広告の表示で収益発生)
  3. 動画を買ってもらう(動画が売れると収益発生)
  4. 動画をレンタルしてもらう(動画がレンタルされると収益発生)

YouTubeパートナープログラム(YouTuberが収益を得るシステム)と同じようなサービスですね。

 

動画は世界中に配信され、ユーザーはその動画をプライムビデオ内で楽しむことができます。

逆に言えば、実施的にプライム会員以外に訴求できないので、絶対数はYouTubeよりかなり少ないですね。

YouTubeとの違いは?

「わざわざAmazonで公開する必要あるの?YouTubeでいいんじゃない?」と思うかもしれません。

個人的に魅力的だと思うのは、販売方法をクリエイター側(動画を投稿した人)が決めれること。

例えば、下記のように収益を最大化することが容易にできます。

  • 楽しくて笑える動画は無料で公開し、広告により収益を得る
  • とても役立つノウハウを有料動画で公開し、買ってもらう
  • 季節感のある動画を有料で公開し、レンタルしてもらう

「最適なマネタイズの方法はどれだろう…?」と選べることができるので、YouTubeよりビジネス感がありますね。

 

そして、優秀な100人のクリエイターは、ボーナスも貰えるらしいです。

その額なんと…毎月1億円!

一人当たり100万円か。プログラミング勉強してる場合じゃないな。Motion使いこなせるようにしよう。

Amazoner(アマゾナー)の誕生か?!

ということは…なるほど。Amazoner(アマゾナー)が誕生するわけですね、わかります。

「YouTuberとして生きていくためののハードルは高い…はじめしゃちょーもいるし…それならAmazonerになろう!」

なんて方も一定数いるかもしれません。これからのサービスですから。

 

ただ、「動画といえばYouTube」と、市民権を得ているYouTubeに対しての戦略が気になるところ。

「はじめしゃちょー」のようなスター選手、ジャスティンビーバーのようなモンスターアイドルはまだいません。

有名なクリエイターが参加するそうですが、インフラを整えている間に、YouTubeが一歩先に行ってしまいそうでうですよね。

アマゾンビデオダイレクトに登録…できない!?

さて、では早速アマゾンビデオダイレクトに登録してみましょうか!

アカウント?持ってるに決まってるじゃん!

amazon-video-direct-1

 

え?何度試してもログインできないんだけど…もういいや。新しくアカウント作っちゃおう。

さーて、すぐに登録終わらせちゃおう…って、長いよ!15分くらいかかるの!?

amazon-video-direct-3

 

まぁ、Amazon師匠のサービスだから我慢しよう。

必要事項を入力して…と。会社名必須だと思ったら、氏名でもいいのね。良かった良かった。

amazon-video-direct-2

 

よし、すべて入力して登録っと!

…うん?あれ?登録できないぞ?あ、「2人目の管理者」の欄が空白なのが悪いのかな?妻に協力してもらおう。

よし、これで登録っと!

amazon-video-direct-4

 

…なんで登録できないの!?こうなったらとことん頑張るよ!?

  1. 電話番号ハイフンありなし→意味ない
  2. 全角半角→意味ない(全角NG)
  3. 住所2のスペースも使う→意味ない
  4. 苗字と名前の間に空白→意味ない
  5. 他の職務→意味ない
  6. 他のEメールアドレス→意味ない

なるほど。そうか、お前にはまだ早いってことか。直接言えば傷つくから、遠回しに伝えてくれたんだね。

ふぅ。そういえば、YouTubeに新作動画アップされてたな。あ、楽天でベビー用品買わなきゃ。

まとめ

はい。残念ながらAmazonerにはなれませんでした。この仇は娘にとってもらおうと思います。

ただ、優秀なビジネスパーソンであるみなさんなら、きっとクリアできると思うので、諦めずに挑戦してみてください。

 

でも、本当になんで登録できなかったんだろう?

個人だと登録できないのかな?無職なのが悪いのかな?青森に住んでるからダメなのかな?

誰か(特にAmazon)助けてください。

 

アマゾンビデオダイレクトの登録はこちらから。

 - ニュース考察