MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

日本が誇るアニメ文化を世界に広めて若手の賃金を上げよう!

      2016/05/28

image

日本が誇る文化が、さらに広がればいいなぁ。

本投資会社は、日本アニメの製作委員会へ出資することで日本のアニメコンテンツを調達し、クランチロールが保有するプラットフォーム等を通じて、今後、ますます増加が期待される世界中の視聴者に配信していきます。クランチロールは日本のコンテンツをグローバルに配信するプラットフォーム事業において業界をリードする会社であり、現在、日本国外の1000万人超のユーザーに向けて日本のアニメコンテンツを7カ国語で配信しています。
クランチロール社と住友商事が共同でアニメへの投資会社を設立

賃金の引き上げに期待

若手アニメ制作者の賃金が安すぎると、少し前に話題になりましたよね。

hito

「年収110万円なんて、かわいそう…」

みたいなニュースを見ました。確かに、クリエイティブな仕事は、あらゆる面においてプロとアマとの差が大き過ぎるんですよ。

音楽関係やデザイン関係の仕事なんかも含めて。

  • 音楽教室の先生
  • ホームページ制作会社のWEBデザイナー

など、収入がある程度安定していれば問題ありません。

 

しかし、アニメ業界に関しては、それと似たような働き方がないはず。

だからこそ、日本が誇る文化(アニメ)をさらに広めて、業界全体が活発になればいいですね。

そして、若手アニメ制作者が安心出来るような給与体系にし、何かしらの形で還元して欲しいです。

アニメのグローバル化は違和感がない

世界的に有名な日本のアニメですが、グローバル化が容易なのが良いですよね。

だって、元々、アニメのキャラに合わせてアテレコしてますから。

日本語だろうが英語だろうがフランス語だろうが関係ありませんよね。映画やドラマのそれとは違って、違和感がないんですよ。

 

問題は、各国の声優さんのスキルが足りないことですね。日本アニメの英語版を見ましたが、ただ翻訳しているだけで、面白くないんですよ。

グローバルに展開するなら、そこら辺を意識して欲しいですね。

早く、ワールドトリガーの英語版が見たいなぁ。

 - ニュース考察

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします