MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

東京で「暑さに強い体」を手に入れたのに…青森寒いよ!

      2016/08/13

aomori-samui-1

ついにやってきましたね!暑い夏!ホットサマー!もう、暑くて暑くてしんどい!でも、それももう過去の話!

久しぶりの涼しい夏がやってきたよー!

コンクリートジャングルで活躍していた僕はこれから、文字通り、ジャングルみたいな自然の近くで活躍します!あぁ…コンクリートが恋しい!

溶けそうになる東京でのシチュエーション

と、ハイテンションで始まった今回の記事。マジで、ネタにしたくなるほどの暑さでした。(初めての営業職の夏は溶けましたね!)

この1〜2ヶ月は、溶けるほどの暑さにただただ耐える期間。溶けそうになるシチュエーションは数え切れないほどありましたよ。

  1. エアコンが自動でオフになった深夜の部屋
  2. 快適な部屋から出て駅に向かうまでの道
  3. ぎゅうぎゅうに詰め込まれる満員電車
  4. 会社までの道
  5. 炎天下での営業活動

…これはほんの一部ですが、思い出すだけで汗をかいてしまいますね。そして、人身事故が起きた日にはもう最悪です!

  • 汗でびしょ濡れのスーツ!
  • 充満するバッドスメル!
  • 強烈なエアコンで急激に冷やされる汗!

…人身事故で動かなくなったJRから乗り換えて、三崎口行きの京急線にぎゅうぎゅう詰めにされるのはもう耐えられない…(ガクブル)

「暑さ」には慣れる

一方で、何年も東京で暮らしていると、この「異質な暑さ」に少なからず慣れます。「暑くない」わけではありませんが、「暑さに耐えられる」体になります。

たまに、絶対暑いはずなのに、頑なに「長袖のワイシャツ」や「スーツ」で出勤・仕事してるサラリーマン見ませんか?クールビズなのに、クールになってない人見ませんか?

「猛暑の中、長袖で出勤してる俺かっこいいー!」と思ってる人も少なくないと思いますが、実は、本当に猛暑に耐えられる人もいます。

 

かくいう僕も、「周りの人よりも暑さに耐えられる体」になりました。猛暑の中、スーツで出勤できる体になりました。さすがに、東京でクーラーなしの生活ができるほどではありませんが…笑

青森涼しい…っていうか寒い!

でも、それももう意味をなしません。東京の暑さを経験したからか、体が強がりを言っているのかわかりませんが、青森の夏が快適なんです…

いや、もうね、「涼しい」よりも「寒い」っていう表現がぴったりなくらい快適なんですよ。寒暖差が激しいので、夜は特に寒いです。

もちろん、これからもっと暑くなるはずですが、扇風機があれば十分。(近所でクーラーを使っている家ないんじゃないかなぁ?)

 

「娘ちゃんのためにクーラー買った方がいいかな?」と妻と話していたんですが、この様子だと、せめて打ち水するくらいになりそうです(笑)

aomori-samui-2

まとめ

東京で暮らしていた頃、この時期はクーラーを使っていたはずなので、軽くカルチャーショックを受けたような気分です。さようなら、クーラー。

そういえば僕も、18年間「クーラーがない家(青森)」で暮らしてたしなぁ。クーラーいらずで子育てできるの最高っす!

ただ、残念ながら「東京の暑い夏ともこれでさよなら!5万円以下で買えるおすすめクーラー!」という記事が書けなくなったので、後で妄想で書いてみようと思います。

 - 青森ライフ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします