いつも余裕がない人はあらゆることを自動化するべき。

「あー、今日も忙しいよー」「俺がもう一人いればいいのに」

こんなセリフが口癖の人。だいたい、無駄なことに時間を使っています

あなたの周りにも、「そんなにバタバタする必要ないんじゃない?」って人いませんか?

「忙しい=仕事をしている俺かっこいいw」人が多い

忙しい(風に仕事をしている)人の特徴として

  • バタバタしていて余裕がない
  • 「忙しくない=仕事をしていない」と思っている
  • 仕事の予定がたくさんあると嬉しい
  • とりあえず人に会おうとする

などがある気がします。そして、最も厄介なのが、こんな自分をかっこいいと思っていることです。

hito-2

「仕事忙しいなー!いやー、お前は暇そうでいいなー!俺も休みたいよーw」

あなたの周りにこんな人がいるなら、多分アウトです。

仕事ができる人ほど、忙しそうに見えない

  • 大企業の管理職
  • チェーン店のオーナー
  • 個人事業主

…これまでたくさんの偉い人に会ってきましたが、僕の経験上、「仕事ができる人ほど、忙しさを感じさせない」人が多いです。

「仕事をしていない」「サボっている」のではなく、スマートに仕事をこなしているんだと思います。

どうしてスマートに仕事がこなせるのか?

その答えはおそらく自動化でしょう。

「あらゆることを機械に頼む」ではなく、「自動化できそうなものを自動化する」感覚でしょうか。

  1. 自分の求めるニュースを見る
  2. 毎日のやるべきことを忘れないようにする
  3. 週に一度必要な物を発注する
  4. 週に一度の家計簿記録

これらを自動化する方法は、

  1. キュレーションアプリで自分好みの情報がプッシュ通知やメールで届くようにする
  2. やるべきことをタスク化する(リマインダーで管理する)
  3. Amazonの定期便を利用する
  4. 家計簿アプリを利用する

などが考えられます。

余裕があるから仕事の質が上がり仕事に幅がある

このように、仕事ができる人は、自分が余裕を持つために、何かに上手く頼っているんだと思います。

仕事ができない人は、する必要がないことまで手をかけます。両者の違いはたったこれだけなのに、実際は大きな差が生まれているんです。

余裕があるから、効率よく仕事ができるし、質だって上がるし、様々な仕事ができる。

eigyouman-2

「なぜかいつもバタバタして忙しいんだよなぁ…」

なんて方は、身の回りのことを自動化する癖をつけてみてはいかがでしょうか?

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

カテゴリービジネスノウハウ

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!