必要なベビー用品は何?赤ちゃんが生まれる前に準備しよう!

わからないことだらけで不安な、はじめての子育て

赤ちゃんとの接し方もわからないと思いますが、1番わからないと思うのは「何がどれくらい必要なのか?」ということ。

  • どんなおむつを買えばいいの?
  • 服は何着くらい用意すればいいの?
  • 正直、おむつ以外何を買えばいいのかわからない…

など、少なからず悩みはあるはずです。(最初は、僕も妻も何もわかっていませんでした)

そこで今回は、娘を育ててもうすぐ8ヶ月になる僕が「買って良かったな」「事前に用意してたら楽だったな」と思ったベビー用品をご紹介してみます!

そこまで必須ではなかったもの、離乳食用品などの後で必要になるものは除外してます!

参考Amazonファミリー加入で激安になります:D

おむつ

赤ちゃんが生まれた瞬間から必要になるおむつ。

後でお祝いでもらうかもしれませんが、想像以上に使うので、自分で大量に用意しても問題ありません。

Mサイズ以上のおむつまで用意する必要はありませんが、Sサイズのおむつはすぐに使うことになります。

また、赤ちゃんがお腹の中にいる時に、低体重(3000g未満)だとわかっているのであれば、3000g未満の赤ちゃん用のおむつも一緒に買うことをおすすめします。

ただ、生まれてから買っても特段問題ないので、低体重かどうか判断できない場合は、無理に用意する必要はありません。

おしりふき

おむつを替える時に必要になるおしりふき

成長と共にサイズアップするおむつと違い、おしりふきはずっと同じものを使うので、おむつ以上に消費します。

「これ、絶対多すぎだよね?」って量でも、すぐになくなるので、びっくりするくらいの量を用意しても問題ありません。

紙おむつ処理ポット

使用済みのおむつを「ゴミ箱に捨てるような感覚」で処理できるポット

絶対に用意しなければならないものではありませんが、うんちやおしっこの匂いで悩まなくなるので、買っておいて良かったアイテムです。

おすすめポイントや使い方は下記の記事で紹介してます。

服(靴下)

出産祝いでもらう代表格のようなアイテムですが、赤ちゃんが生まれてすぐに必要になるので、最低でも1週間分は用意しておきたいところ。

生まれる季節によって最初に用意するべき服は違いますが、大人と同じように、夏なら半袖の服、冬なら長袖の服が必要です。

体が大きくなるスピードが意外と早いので、1年分の服を用意するのではなく、徐々に買い足していくのがおすすめです。

体温計

大人と同じく、赤ちゃんも風邪を引くと熱が上がるので、異常を素早く察知するためにも体温計は必須です。

通常時の体温が大人よりも高いため、37℃くらいだと心配ありません(平熱)が、38℃以上になると注意が必要です。

また、予防接種をした翌日は、高確率で熱が上がるので、頬が赤かったり、ダルそうにしていたら熱を測ってみてください。

ガーゼ

  • 沐浴の時に全身を拭くボディタオル
  • ミルク(離乳食)を吐いた時に顔を拭くフェイスタオル

など、使い道がたくさんあるガーゼ。1日に2〜3枚ほど使うので、僕は20枚ほど用意しました。

赤ちゃん用の柔らかいタオル

デリケートな赤ちゃんの肌を拭くタオル

自分たちが普段使っているタオルではなく、赤ちゃん用の柔らかいタオルを用意することをおすすめします。

僕は、自分で使うために買った今治タオル(最高級のタオル)を、娘用のタオルにしましたよ:D

爪切り

赤ちゃんが生まれてすぐは使いませんが、爪切りは後で必ず必要になるので、赤ちゃんが生まれる前に買っておきたいアイテムです。

赤ちゃんは自分で自分の顔を引っ掻いたりするので、爪が長いと「ケガの原因」にもなります。

授乳クッション

妻の愛用品の授乳クッション。これがあると、格段に授乳しやすいそうです。

チャイルドシート

赤ちゃんを車に乗せなければ必要ありませんが、少しでも車に乗せる機会があれば、チャイルドシートを用意しなければいけません。

使い方(取り付け方)などは別記事でまとめてあるので、よかったら参考にしてみてください:D

ベビーベッド

「赤ちゃんが生まれたら、一緒に寝れるな〜!」という方もいるかもしれませんが、ベビーベッドで寝かせることを強くおすすめします。

いくら自分たちの寝相が良くても、密着して圧迫されて苦しくなったり、布団が顔に覆いかぶさって窒息死したり、赤ちゃんにとっては危険がいっぱい。

1人で簡単に組み立てられるベビーベッドもありますので、赤ちゃんのためにもベビーベッドは用意して欲しいところです。組み立て方は別記事でまとめてます。

沐浴用ベビーバス

沐浴(赤ちゃんのお風呂)の時に使うベビーバス

首がすわってくると、一緒にお風呂に入れるようになるので必要なくなるんですが、それまでは基本的に毎日使います。

値段はピンキリですが、ぶっちゃけなんでもいいと思います。

赤ちゃん用の全身ソープ(泡タイプ)

赤ちゃんの全身(頭から足まで)を洗うことができる全身ソープ。沐浴の時は片手しか空いてないので、「泡タイプ(ポンプ式)」は必須です。

綿棒

沐浴後のお手入れで使う綿棒。消耗品なので、安いものを買っています。

薬用ローション

赤ちゃんのデリケートな肌を守るローション。お風呂上がりにいつも塗っています。

購入する時は、大人用のローションではなく、赤ちゃんの肌にも合うローションかどうか確認しましょう。

赤ちゃん用の洗濯洗剤

普段使っている洗剤で洗うと、肌荒れしそうで心配なので、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使っています。

匂いもキツくないし、赤ちゃんが服をハムハムしても安心感があります。

まとめ

赤ちゃんが生まれると、子育てが忙しくてバタバタしてしまうので、事前に用意できるものはすべて買っておくと楽ですよ!

以上、ご参考までに!(`・ω・´)ゞ

カテゴリー子育て日記

注目 【dマガジン】初回31日間無料で180誌以上の雑誌が読み放題!

注目 DMM.comの動画や映画が月額500円で見放題!無料お試しあり!

注目 【2週間無料】Huluの登録・解約方法〜おすすめ映画まで!

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!