サーチコンソール「ブロックされたリソース」への対処方法。

サイト運営をする上で、最低限使うべきサービスの「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」。みなさん、ちゃんと使ってますか?

Googleアナリティクスでアクセス数はチェックするものの、「サーチコンソールはほとんど見てないよ」なんて方も多いのではないでしょうか?

ただ、サイトで何かエラーが発生した時に通知が届くのがサーチコンソールなので、実は、アナリティクスよりも活用しなければいけないものだったりします。

例えば、サイトの中にある「何か」が原因でエラーが発生し、それが検索順位に少なからず影響を与えていた…なんてことがあれば大変ですよね?

そこで今回は、エラーが発生しているかどうか確認する方法と、対処方法をそれぞれご紹介します。

何が原因?「ブロックされたリソース」とは?

  1. HTMLの改善
  2. 手動による対策
  3. 構造化データエラー
  4. クロールエラー
  5. サイトマップ送信エラー

など、サーチコンソールで確認できるエラーはいくつかありますが、今回取り上げるのは「ブロックされたリソース」について。

エラーが表示されるのは、「Googleインデックス」の中にある「ブロックされたリソース」の画面です。

まず、「ブロックされたリソースとは何か?」ですが、簡単に言うと、「検索エンジンのロボットのアクセスを邪魔する何か」のことです。

通常であれば、ロボットがサイトにアクセスして色々な判断をするのですが、アクセスしてもいいページでブロックされると、その判断が難しくなります。

ただ、ブログ作成サービスなどに頼らずに1からサイトを構築したり、大規模な修正でもしなければ、自分のサイトが原因でこのエラーが発生することはあまりありません。

ほとんどの場合、原因は外部サイトにあります。

「ブロックされたリソース」が表示される理由

なぜ、外部サイトが原因で、自分のサイトにブロックされたリソースがあると表示されるのでしょうか?

その理由、流れは下記の通りです。

  1. 自分のサイトから外部サイトへリンクする
  2. 検索エンジンのロボットは、自分のサイトだけでなく、リンクを通じて外部のサイトへもアクセスする
  3. 外部サイトにアクセスしたら、ブロックされてしまった
  4. 「このページのリンクから外部サイトにアクセスしたらブロックされたよ!」と、検索エンジンのロボットから報告される

ブロックされたリソースの悪影響

エラーの内容によりますが、構造化データなどのエラーと違い、ブロックされたリソースがあると検索順位に影響する可能性があります。

Googlebot では、ページを正しくレンダリングしてインデックスに登録するために、ページ上の数多くのリソースにアクセスする必要があります。たとえば、一般ユーザーと同様にページを認識できるよう、JavaScript、CSS、画像ファイルに Googlebot がアクセスできる状態になっている必要があります。

サイトの robots.txt ファイルでこれらのリソースのクロールが許可されていない場合、Google によるページのレンダリングとインデックスへの登録が十分に行われず、Google 検索におけるページのランキングに影響する可能性があります。

引用:ブロックされたリソースのレポート

例えば、画像を外部サイトから読み込んでいて、そのサイトが検索エンジンのロボット(Googlebot)をブロックしていると、Googlebotが画像が表示されていないと判断し、それが評価に影響する…みたいなことがあるわけですね。

対処方法

「ブロックされたリソース」への基本的な対処方法は3つ。

外部サイトにブロック解除をお願いする

あまり現実的ではありませんが、リンク先のサイト管理者に連絡できる場合、ブロック解除をお願いすることで、問題が解決します。

外部サイトにリンクしない

この中で最も簡単な方法です。これなら確実にエラーは発生しません。削除しても問題ないリンクであれば、削除しましょう。

外部サイトにリンクはするけど、検索エンジンのロボットは移動させない

この中で最も有効な方法です。リンクがあるので、ユーザーはページを移動できますが、検索エンジンのロボットには「そっちのページには行かなくていいからね〜」と指示を出します。

ブロックされているページにアクセスできないとロボットが困ることがないので、エラーが発生しません。

ご存知の方も多いと思いますが、これはつまりrel="nofollow"のことです。リンクがあってもサイトパワーが移動しないのは、検索エンジンのロボットが移動しないからです。

検索エンジンのロボットのアクセスをブロックしている外部サイトとは?

どのサイトが問題かを調べるのは大変ですが、アフィリエイトリンクなんかはブロックされています。

Googleのガイドラインに従って検索エンジンのロボットをブロックしていて、それがエラーの原因になっているわけです。先述のようにリンクにrel="nofollow"があれば問題ないんですけどね。

最近では、A8.netもしもアフィリエイトも、すべてのコードにrel="nofollow"をつけたので、ブロックされたリソースのエラーが発生している場合は、コードを張り替えることで解決するはずです。

また、Spotifyの音楽プレイヤー埋め込みも、ブロックされたリソースとしてエラーが表示されるので、気になる方は外した方がいいかもしれません。

以上、ご参考までに!(`・ω・´)ゞ

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

カテゴリーWordPress豆知識

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!