好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

WEBサイトのカテゴリー名を考えるコツと参考になるサイト。

   

「回遊率」や「直帰率」に直接的に影響する記事のカテゴライズ

  • 1つの記事に2つ以上のカテゴリーを設定
  • 子カテゴリーを使わない
  • カテゴライズに迷う記事は「未分類」にする

など、カテゴライズの仕方は人それぞれだと思いますが、「どのカテゴリーにするか?」と同じくらい重要なのがカテゴリーの名前

みなさんは何を意識して、カテゴリー名をつけていますか?

カテゴリー名を考えるのは大変

僕が、カテゴリー名…というか、「内部構造」を意識したのはつい最近。それまでは、500記事も投稿していたのに、7カテゴリーしかありませんでした(笑)

【参考記事】内部リンクの最適化でSEO対策!親子カテゴリー設定は重要?

でも、これじゃまずいと思って大改造した結果、カテゴリーをかなり細分化できたんですが、カテゴリー名を考えるのは苦労しました。。

  • WordPressのカスタマイズ記事だけど、WordPress以外でもできるカスタマイズを紹介していたり
  • アプリの紹介記事だけど、子育てに関係あるアプリだったり

どんな名前ならわかりやすいか、神経質になってカテゴリー名を考えたものです。みなさんもこんな経験ありませんか?

参考にしたサイト

そんな悩める僕を助けてくれたのが、下記のサイトです。

Amazon

ありとあらゆる商品を扱うAmazon。まさに「お手本」となるサイトです。

引用:https://www.amazon.co.jp/gp/site-directory

楽天市場

Amazonに負けず劣らずの商品数を扱う楽天市場。「エンタメ・デジタル家電」というカテゴリー名もなかなか面白いですよね。

引用:http://www.rakuten.co.jp/category

朝日新聞デジタル

ECサイトとはまた違ったジャンル分けをしているニュースサイト。「社会」というカテゴリー名も汎用性があっていいですね。

引用:http://www.asahi.com/sitemap

カテゴリー名を考えるコツとは?

上記の参考サイトを見てわかりましたが、どれも、パッと見て「このカテゴリーにはこんな記事があるんだな〜」と想像できるものばかりです。

そして、カテゴリー名を考えるコツのようなものもわかったような気がします。

できるだけ短い名前にする

  • ゲーム
  • おもちゃ
  • 食品

など、カテゴリーはできるだけ短い名前にしましょう。

下記のようなカテゴリー名はできるだけ避けた方が良いかもしれません。

  • 僕がおすすめする超絶面白いゲームまとめ
  • 課金しなくても楽しめる無料ゲーム一覧

子カテゴリー名だけで内容がわかるようにする

カテゴリーを親子関係にする場合、親カテゴリーありきの名前ではなく、子カテゴリー名だけで内容がわかる名前にしましょう。

例えば、「WordPress」という親カテゴリーの中の子カテゴリーは、

  1. 使い方
  2. カスタマイズ
  3. プラグイン

などの名前ではなく、

  1. WordPressの使い方
  2. WordPressカスタマイズ
  3. WordPressプラグイン

という名前にした方がわかりやすいと思います。

親カテゴリーを抽象的な名前にする

  • 親子関係でカテゴリーを管理したい
  • どんなカテゴリー名にすればいいかわからない

という時におすすめなのが、親カテゴリーを抽象的な名前(ふわっとした名前)にするというもの。

  • ライフ
  • エンターテイメント(エンタメ)

などは、非常に汎用性があって便利な名前だと思います。

まとめ

カテゴリー名は検索結果にも表示されるので、クリック率にも影響する可能性があります。

「はじめて訪問するユーザーが迷わないようなカテゴリー名とは何か?」を意識すれば、とっても親切なサイトになりそうですね:D

以上、WEBサイトのカテゴリー名を考えるコツと参考サイトのご紹介でした!

(`・ω・´)ゞ

カテゴリー サイト運営ノウハウ

注目 初めての就職・転職で失敗しないためのおすすめサービス一覧!

注目 【dマガジン】初回31日間無料で180誌以上の雑誌が読み放題!

注目 失敗なし!au・docomoからmineo(マイネオ)へのMNP方法!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人:シェフ

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!

閉じる

CLOSE

アーカイブ

CLOSE