コールマンのテント⛺の修理料金や持ち込み修理の流れについて

キャンプ By シェフ

何度目のキャンプだったでしょうか。

テントが壊れました…

いやー、初めての経験でしたね。

春一番?っていうんでしょうか、たまたま行った時に風が強くてですね、なんとかテントを張って一晩過ごせたものの、翌日テントを片付ける時に強風にやられました。。

ポールは折れるし、折れたポールがテントのシートに突き刺さるし、散々でしたね。

折れ曲がったポール

さらに不運なことに、バーベキューの時に強風でシートが外れて、シートの一部が焼けて穴も空きました。多分あの日、日本で1番不幸だったと思います。

穴がちょっと空いたくらいならだましだまし使うこともできたんですが、ポールが折れてしまってはどうしようもありません。

この機会にアメドに乗り換えるのもいいかなと思ったんですが、タフスクリーン2ルームハウスを買ってまだ一年も経っていませんでしたし、さすがに普通に買うよりも安上がりだろうということで、修理に出すことに。

以下、修理手順や料金についての詳しい話です。

修理方法は「直送」か「持ち込み」

コールマン製品の修理方法は、コールマン側に直接壊れた製品を送るか、コールマン製品を取り扱っているお店に壊れた製品を持ち込むかの2通りです。

直送の流れ

  1. コールマンの修理専用ダイヤル(0120-999-050)に電話で修理の申し込みをする
  2. 修理申込書と壊れた製品を梱包して指定された住所に元払いで送る
  3. 修理が完了次第、自宅まで配送
  4. 修理料金を「代引き」で支払い

【関連】直接修理の流れ

僕が電話で流れを聞いた時は、見積もりを提示してくれるとのことだったので、修理料金を確認してから依頼したい場合はその旨を電話で伝えた方がいいと思います。

持ち込みの流れ

  1. コールマン製品の取扱店(例:スポーツオーソリティ)に壊れた製品を持ち込む
  2. 店内で申込書に記入をして預ける
  3. 修理が完了次第、連絡がくる
  4. お店に行って商品を受け取り、支払いをする

直送と同じく、修理料金を確認してから依頼したい場合はその旨を事前に伝える必要があります。

「これくらいになります」と後日連絡があるので、納得すればGOサインを、納得できなければキャンセルの旨を伝えるだけです。

持ち込み修理の方がおすすめ

住んでいる場所によっては直送しか選べませんが、近くにスポーツオーソリティなどの取扱店があれば持ち込み修理の方が断然楽です。

  • 梱包作業なし
  • 自分の都合に合わせて持ち込める、取りにいける
  • クレジットカード払いができる(ポイントもつく)

など。クレジットカード払いができるのは地味に嬉しいポイントです。

さらに、スポーツオーソリティの担当者からは「修理をキャンセルした場合は送料などもかからない」と言われたので、キャンセルの可能性があるなら持ち込み修理の方が安心です。

※直送の場合は元払いで送るため必ずお金はかかります。ただ、返送の際の送料はかからないと言っていた気がします。

修理料金の目安

修理料金はテントによってまちまちだと思いますが、コールマンの人に電話で目安を聞いたので参考までに紹介しますね。

料金の目安
ポール一節→1,500円
二節目から→1,000円
シート5cm × 5cm = 1,500円
10cm × 10cm = 2,500円

実際に修理してもらった時の明細書がこちら。

コールマン「タフスクリーン2ルームハウス」の修理点検明細書

めっちゃ壊れてる(笑)

これが高いのか安いのかはわかりませんが、少なくとも買い換えるよりは安上がりだったので良かったです。

修理料金が高いなら買い替えもいいかも

直送修理にしても、持ち込み修理にしても、修理料金が高いなら買い換えるのも検討したいところ。

もう何年も使ってるし新調したいけど、まだ使えるし置き場所もないしなぁ…

なんて場合は買い換えのタイミングですよね。

Amazonの大規模セールはもちろん、楽天市場でもよくキャンプ用品のセールをやっているのでぜひ活用したいところ。

楽天市場だとアルペン、ヒマラヤあたりが激安ですね。

ポイント還元を考慮するとAmazonよりずっと安くなることも多いのでぜひチェックしてみてください。


カテゴリー:キャンプ

シェフ

このサイト「moriawase」の運営者。ハウツー記事を中心に更新しています。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ