MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

DM・はがきの配信停止を何でフリーダイヤルで受付するの?

      2016/07/01

dm-free-dial-2

引っ越し後の面倒くさい作業はいくつかありますが、「なんでわざわざこんなことしなきゃいけないの?」と言いたくなるのが、企業からのDMやはがきの配信停止

メールなら急ぎで対応する必要もないんですが、郵便物は転送される期間が1年と短いので、間違って前の住所に届いてしまわないように手続きをする必要があります。

ただ、その手続きが若干面倒で、転送されてきたDMを無視してたんですよね…

利用停止の手続きをフリーダイヤルでしか受付していない

そうなんです。こういう手続きって、基本的にフリーダイヤルでしか受付してないんですよ。え?この時代に?本当そう思いますよね。

みんな、SNSで近況報告して、電話をする時はLINEの無料電話。メールでやりとりする機会もめっきり少なくなりました。

かくいう僕も、電話がかかってくるとストレスだし、ましてや、自分から電話をすることなんてほとんどありません。

昔だったら、フリーダイヤルでの利用停止手続きもわかりますよ。それが安全で安心でしょう。個人情報も守られそうな気もします。

でも、この時代にあえて、「フリーダイヤルでの受付」を残しているのかまったくわからないんですよね。なんかメリットあります?

利用停止手続きができるページ用意して、名前と住所と電話番号だけ入力すれば解約できるようにすれば問題ないと思うんですけどね。DMにQRコードがあれば尚良し。

サイバー攻撃でも恐れているんでしょうか?顧客情報をローカルで管理しているわけじゃないんだろうし、関係ない気もするんですが…

気軽に利用停止できると登録者数が減るから?

企業側の狙いはいくつかあると思いますが、「気軽に利用停止できるとDMを送る相手が少なくなる」というのは少なからずあるでしょうね。

メルマガと違って、ほぼ確実に見られるので、潜在ニーズを掘り起こす&確実に訴求するツールとしては良いかもしれません。

その証拠にほら。フリーダイヤルでしか利用停止できないDMがたくさん。これで一部ですからね。

dm-free-dial

 

ただ、DMを受け取る側からすれば、利用停止手続きが煩わしいのはストレスです。利用していることすら忘れていることもあるでしょう。

僕が住んでいたアパートにも、前の住人宛のDMがけっこうな頻度で届いてましたよ。こういうのも、悪用しようと思えばできちゃいますからね。

顧客保護の観点からも、利用停止手続きは簡単にできた方がいいと思います。

まとめ

「DM送っていいですか?」って言われると断れない性格なので、フリーダイヤル以外の選択肢も用意してくれると本当に嬉しいですね。

「LINEのメッセージ一発で利用停止」なんてこともできる時代なので、解約理由とかも含めて人工知能が対応すればいいんじゃないでしょうか?カスタマーセンターの人件費も浮くだろうし。

…とブログを書いている間にも、DMが転送されてきました。いっその事、企業側で住所変更してくれるシステムとかあれば便利なのになぁ…

 - オピニオン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします