MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

DTMで曲作り?初心者にはこのキーボードがおすすめ。

      2016/03/18

image

 

そろそろ、音楽関連の記事も書かなきゃ。

DTMで曲を作ってるんですが、様々なコンテンツを提供できるように頑張ります。

自作曲を紹介したり、役に立ちそうな情報をまとめたり。

そんな内容にしていきたいと思います。

 

楽器は弾けた方が便利

DTMが一般的になり、曲作りのハードルが下がりました。

GarageBand(ガレージバンド)はその代表格で、ループ素材を組み合わせるだけで曲が作れます。

MacやiPadに標準搭載されているソフトですね。

 

本当にこんなに簡単に作れるんですが、曲作りの幅を広げたいと思った時。

楽器が弾けると超便利ですよ。

スピード感が違います。

 

楽器はキーボードがおすすめ

 

hito-2

「アコギで路上ライブしかしないよ」

 

なんて方には関係ありませんが、楽器はキーボードがおすすめです。

理由は3つ。

  1. どの楽器も演奏可能
  2. 音が出ない(無音に出来る)
  3. 安価な物が多い

 

この1のどの楽器も演奏可能というのがポイントです。

ピアノ以外の他の音色も出せるからです。

フルート・バイオリン・サックスなど、その種類は数え切れないほど。

驚くなかれ、ドラム・ギター・ベースの音色まであります。

 

つまり、極端に言えば、ピアノが弾ければ他の楽器も弾けるということです。

ギターでピアノの演奏をするのは難しい(ほぼ無理)ですが、その逆は可能なんです。

もちろん練習は必要ですよ。

 

DTMは少ない投資で始めよう

高価な機材や高価なソフト音源が買えるほど、お金に余裕がありますか?

であれば、すぐにクオリティの高い曲が作れるでしょう。

それだけ、今の機材や音源は優秀です。

実際、ループ素材だけで作った曲が大ヒットすることも珍しくありません。

 

でも、まずは、

  1. 普通のパソコン
  2. 無料のDAW
  3. 1万円のキーボード

だけで始めてみるといいですよ。

 

オーディオインターフェース(外付けの入出力機材)は後で買いましょう。

ギターやボーカルの録音には欠かせないものですが、最初はなくても大丈夫です。(経験済み)

iPhoneとかで録音しましょう。

 

こんな感じで今後もどんどん更新していきます。

音楽ブログ頑張るぞ!

 

 - 音楽ソフト・楽器・ツール