MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

車好き就活生に!エコカー開発企業・業界・関連銘柄まとめ。

      2016/05/03

エコカー業界についての業界研究もこれで最後。エコカー業界は4つ目の記事です。

業界研究としては7回目。教科書は業界地図です!

ウィキペディア先生に補足してもらいながら進めていきます。

過去記事はこちら。

今回勉強する内容はこんな感じ。

  • 低燃費タイヤ
  • 軽量化部材
  • 充電インフラ

張り切っていきましょー!

低燃費タイヤ

主な企業はこちらの5社。

  1. ブリジストン
  2. 横浜ゴム
  3. ミシュラン(仏)
  4. 東洋ゴム工業
  5. 住友ゴム工業

よく見る名前ばかりですね!

eco-car-4-1

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

ブリジストン

株式会社ブリヂストン: Bridgestone Corporation)は、日本に本社を置く世界最大手[1]の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド

創業地の福岡県久留米市ではムーンスターアサヒコーポレーションとこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(にほんたび。現在の株式会社アサヒコーポレーション)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となる。

2005年(平成17年)、フランスミシュラン社を抜き世界シェアトップとなる。

生産拠点数は25か国178拠点(2012年(平成24年)現在)。

売上高のおよそ2割はタイヤ以外の多角化事業での売上。同ブランドのスポーツ(ゴルフテニスなど)用品事業と自転車事業はグループ子会社。

社名は、創業者石橋正二郎にちなみ英語の「ブリッジ」()と「ストーン」()を合成したもの。を直訳して、「ストーンブリッジ」では語呂が悪いので、逆さにして「ブリヂストン」になったという。 また、その当時タイヤの世界的ブランドだったファイアストンのような一流企業になりたいという思いも込められた。

引用:ウィキペディア

「ストブリ」という会社名になっていたかもしれませんね!

横浜ゴム

横浜ゴム株式会社(よこはまゴム、英文社名 : The Yokohama Rubber Co., Ltd.)は、古河グループタイヤゴムメーカー。

ヨコハマタイヤのブランド名で知られる。ドイツコンチネンタルタイヤの販売元のひとつ(かつては総輸入元でもあったが同社の日本法人設立に伴い、販売代理店となる)。

引用:ウィキペディア

ミシュラン(仏)

ミシュラン: Michelinフランス語発音: [miʃlɛ̃])は、世界で初めてラジアルタイヤを製品化したフランスタイヤメーカーである。2005年ブリヂストンに抜かれるまでは世界最大手のタイヤメーカーであった。

同社の発行する、いわゆる「三つ星」評価付きの旅行ガイドブックレッドガイドブック』を指す場合も多い。

グループの主要な構成は、株式合資会社であるコンパニー・ジェネラル・デ・ゼタブリスマン・ミシュラン(Compagnie générale des établissements MichelinCGEM)が、金融とフランス国外の製造・取引・調査を担当するスイスのコンパニー・フィナンシエール・ミシュラン(Compagnie financière MichelinCFM )に100%出資し、CGEMとCFMが、フランス国内の製造・取引を担当するマニュファクチュール・フランセーズ・デ・プヌマティーク・ミシュラン(Manufacture française des pneumatiques Michelin )を、それぞれ40%と60%出資するという形をとっている。

引用:ウィキペディア

ガイドブックでもおなじみですね!

東洋ゴム工業

東洋ゴム工業株式会社(とうようゴムこうぎょう、: Toyo Tire & Rubber Co.,LTD.)は、大阪府大阪市西区江戸堀に本社を置く、タイヤ自動車部品等のメーカーである。

主に自動車タイヤ、工業用ゴム、建築免震ゴム、プラスチック製品、軟・硬質ポリウレタン製品、防水シート、船舶用救命装置、鉄道車両用空気バネ、自動車部品用防振ゴム、シートクッション、スポーツ用品の製造・販売を行う大手企業として知られる。また創業当初より、旧三和銀行の融資筋にあったことから、みどり会UFJグループ)に属する企業の一社でもある。

2008年5月16日、同業のトップメーカーであるブリヂストンと業務・資本提携を発表した。

 

ブリジストンと業務・資本提携しています。

住友ゴム工業

住友ゴム工業株式会社(すみともゴムこうぎょう、: Sumitomo Rubber Industries, Ltd.)は、兵庫県神戸市中央区脇浜町に本社を置く、タイヤ、スポーツ用品などを製造する住友グループの企業で、住友グループ広報委員会にも参加する企業である。

タイヤはイタリアのピレリに次いで、世界6位。欧米では1999年より2015年までグッドイヤー社と合弁事業を展開していた。

引用:ウィキペディア

住友グループです!

溶液重合スチレンブタジエンゴム(合成ゴム・低燃費タイヤ関連)

主な企業はこちらの5社。

  1. JSR
  2. 住友科学
  3. 旭化成
  4. 日本ゼオン
  5. ランクセス(独)
eco-car-4-2

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

JSR

JSR株式会社(ジェイエスアール、: JSR Corporation)は、日本化学メーカーである。

1957年合成ゴムの国産化を目指して政府および関連民間企業の出資(出資比率は政府40%、民間企業60%)によって設立された国策会社・日本合成ゴム株式会社を前身とする。1969年に完全民営化し、事業の多角化を進める。創立40周年を迎えた1997年、現社名(日本合成ゴム株式会社の英文社名 Japan Synthetic Rubber Co.,Ltd.に由来)に商号変更した。高分子化学分野で培った研究開発力を活かして技術革新を進め、ファインケミカルを第二の収益柱としている。世界トップシェア商品をいくつも生み出しており、信越化学日東電工と並び、化学業界屈指の高収益企業である。

引用:ウィキペディア

トップ企業です!

住友化学

住友化学株式会社(すみともかがく、Sumitomo Chemical Company, Limited)は、住友グループの大手総合化学メーカーである。国内化学メーカーとしては、三菱ケミカルホールディングスに次いで第2位。 主要子会社としては、大日本住友製薬が挙げられる。

住友化学は日本の化学メーカーにおいてもとりわけ海外事業に注力してきた歴史があることで知られる。2010年度からアジアをはじめとする海外売上高が5割を超えている。

引用:ウィキペディア

住友グループです!

旭化成

旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う各種事業会社を統括する純粋持株会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。宮崎県延岡市が発祥の地とされる[9]。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した[10]

引用:

イヒ!

日本ゼオン

日本ゼオン株式会社(にっぽんゼオン、: Zeon Corporation)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く古河グループ化学メーカーである。

元は塩化ビニル樹脂のメーカーとして、米国B.F.グッドリッチ・ケミカル社の資本と技術で設立されたが、現在では特殊合成ゴムや高機能樹脂をメインとしており、合成ゴムではJSRと双璧をなす。

引用:ウィキペディア

こちらもトップ企業ですね!

ランクセス(独)

ランクセスAG は、ドイツケルンに本社を構える特殊化学品メーカー。2004年にバイエル AGから化学品事業と高分子材料事業の一部を分離し、設立された[2]、ドイツ国内で第4位の売上高を誇る化学会社[3]。主要製品群は、ポリマー中間体特殊化学品合成ゴムプラスチック[4]

引用:ウィキペディア

高張力鋼板(ハイテン)(骨格)(軽量化部材)

主な企業はこちらの3社。

  1. 新日鉄住金
  2. JFEスチール
  3. 神戸製鋼所
eco-car-4-3

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

新日鉄住金

新日鐡住金株式会社(しんにってつすみきん、NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION)は、日本の大手鉄鋼メーカー高炉メーカー)である。

粗鋼生産量において日本国内最大手、世界ではアルセロール・ミッタルルクセンブルク)に次ぐ第2位の規模を持つ。

2012年平成24年)10月1日に、国内鉄鋼最大手の新日本製鐵が同第3位の住友金属工業吸収合併して発足。国内の鉄鋼業界では、2002年川崎製鉄日本鋼管(NKK)の経営統合によるJFEホールディングスが発足して以来、約10年ぶりの大型再編となった。それまでの再編では生産調整等が目的であったが、新日鉄住金では韓国中国をはじめ新興国の製鋼メーカー台頭を意識した戦略的合併が主な目的となっている。

合併の背景には、日本国内での重複部門の統廃合によるコスト削減や、経営資源を集中させて莫大な費用を要する高炉建設を迅速に進める体制整備、また、鉄鋼需要が急拡大する新興国などを視野に、海外展開における課題(輸送コストや円高による価格競争力の低下)があり、規模拡大による競争力の強化が不可避と判断されたものと見られる[1]。粗鋼生産量ベースで世界4位の新日本製鉄と同19位の住友金属工業との合算は3,750万トンとなり、世界2位の宝鋼集団(3,130万トン)と3位ポスコ(3,110万トン)を上回り、首位を独走するアルセロール・ミッタル(7,750万トン)を追いかける筆頭となった(生産量の数値は2009年実績、世界鉄鋼協会調べ)[1]2013年5月には、7年ぶりに鉄鋼メーカーとして時価総額世界一になった[2]

当社は、高交叉角拡管穿孔法を考案・実現し、シームレスパイプを生産している。[注釈 1]

引用:ウィキペディア

鉄鋼メーカートップの企業です!

JFEスチール

JFEスチール株式会社(ジェイエフイースチール、英名JFE Steel Corporation)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である。持株会社JFEホールディングスを頂点とする「JFEグループ」の中核企業。

粗鋼生産量において、日本国内では新日鐵住金に次いで第2位、世界では第5位の規模を持つ。2003年に、川崎製鉄(川鉄)と日本鋼管 (NKK) が統合して発足した。

高炉を所有し、鉄鉱石を原料に最終製品の鋼材の生産までを一貫して行う、「高炉メーカー」と呼ばれる鉄鋼メーカーである。JFEグループの中核企業で、グループ全体の売上高のうち約80%を占める鉄鋼事業を担当する。2002年に川鉄とNKKが経営統合してJFEグループが発足した後、翌2003年に行われた事業再編の際に両社の鉄鋼部門が統合し、JFEスチールは発足した。なお、手続上は川鉄が非鉄鋼部門を分離した上でNKKの鉄鋼部門を継承して社名変更した形を採っており、一方のNKKは川鉄のエンジニアリング部門を継承してJFEエンジニアリングに社名を変更している。

鉄鋼メーカーの規模の指標である粗鋼の年間生産量は約2600万トン(2009年度)[1]で、日本国内では新日鉄に次いで第2位。世界鉄鋼協会の統計によれば、粗鋼の生産量は世界第5位(2009年時点)である[2]

引用:ウィキペディア

度々登場している企業ですね!

神戸製鋼所

株式会社神戸製鋼所(こうべせいこうしょ、: Kobe Steel, Ltd.)は、日本の大手鉄鋼メーカー企業である。

大手鉄鋼メーカーの中では最も鉄鋼事業の比率が低く、アルミ産業機械エンジニアリングなど複合経営が特徴。鉄鋼事業でも他社とは異なり、規模よりも特殊用途の付加価値の高い商材の開発に注力している。長い鉄の冬の時代に加え、阪神大震災では高炉などに大きな打撃を受け経営不振に陥ったが、2002年平成14年)以降の鋼材価格高騰により息を吹き返している。

2001年(平成13年)に新日本製鐵と鉄鋼事業で包括提携を結び、2002年(平成14年)からは住友金属工業を加えた三社提携戦略を取っている(前述2社は2012年10月に合併し、新日鐵住金となった)。

引用:ウィキペディア

アルミニウム(軽量化部材)

主な企業はこちらの3社。

  1. 神戸製鋼所
  2. UACJ
  3. 住友軽金属工業

すでに登場している企業は割愛しますね!

eco-car-4-4

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

UACJ

株式会社UACJ(ユーエーシージェー、英文社名:UACJ Corporation)は東京都千代田区に本社を置く、アルミニウム圧延メーカーである。米国アルコア社とノベリス社に次ぎ、アルミニウム圧延品(板製品)の生産能力は年間100万トンを超え、国内では最大手、世界三位。大株主は古河電気工業新日鉄住金東証一部に上場している。

2003年古河電気工業株式会社が軽金属カンパニー会社分割し、スカイアルミニウム株式会社に承継。古河スカイ株式会社に商号変更した。長年古河グループ(古河財閥)の中核事業として成長。

2013年10月1日に住友グループ(住友財閥)に属した住友軽金属工業との経営統合により、株式会社UACJとなった[1]

引用:ウィキペディア

古河グループに深い関わりがありますね!

住友軽金属工業

住友軽金属工業株式会社(すみともけいきんぞくこうぎょう、英文社名 Sumitomo Light Metal Industries, Ltd.)は、アルミ・材料を製造していたかつての住友グループの企業であり、住友グループ広報委員会にも参加していた企業である。

2013年10月1日に古河スカイに吸収合併され、株式会社UACJとなり消滅した。

引用:ウィキペディア

炭素繊維(骨格・シャフト・ルーフなど)(軽量化部材)

主な企業はこちらの3社。

  1. 東レ
  2. 三菱レイヨン
  3. 帝人
eco-car-4-5

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

東レ

東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、東京都中央区日本橋室町に本社、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社を置く、合成繊維合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業

三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており、コーポレート・スローガンは、「Innovation by Chemistry」(化学による革新と創造)。社名にあるは化学繊維のレーヨンを意味する(旧社名:ーヨン)が、同社は現在、レーヨンの生産は行っていない。

引用:ウィキペディア

三井グループです!

三菱レイヨン

三菱レイヨン株式会社(みつびしレイヨン)は、東京都千代田区に本社を置く日本の大手合成繊維合成樹脂メーカー。三菱グループの一員であり、三菱金曜会[1]・三菱広報委員会[2]の会員企業である[3][4]メタクリル酸メチル樹脂(MMA樹脂)世界首位、炭素繊維世界3位。

引用:ウィキペディア

三菱グループです!

帝人

帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、大阪府大阪市中央区に本社(本店)を置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。

UFJグループで、みどり会構成企業の一つであり、かつては宇部興産日立造船と共に「三和御三家」と呼ばれていた。

現在においても繊維事業が売上高の5割程度を占めており、また独・ベーリンガーインゲルハイム社との合弁に端を発する医薬品事業も拡大を続けている。

引用:ウィキペディア

CMでおなじみの企業ですね!

PPコンパウンド(バンパー・インパネなど)(軽量化部材)

主な企業はこちらの3社。

  1. 三井化学
  2. 住友化学
  3. 三菱化学

合成ゴムの時に登場した住友化学は割愛しますね!

eco-car-4-6

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

三井化学

三井化学株式会社(みついかがく)は、三井グループの総合化学メーカーである。山口県和木町で工場を開業以後、事業拡大・海外展開を行い、三井東圧化学と三井石油化学工業との合併を経て、1997年平成9年)10月1日に三井化学となる。

総合化学4位、石油化学の比率が高い。ペットボトルの原料であるPETペレットやポリエチレンポリプロピレン触媒など日常品の様々な原材料を市場に供給している大手総合化学メーカー。

引用:ウィキペディア

三菱化学

三菱化学株式会社(みつびしかがく)は、東京都千代田区丸の内一丁目に本社を置く日本国内トップの総合化学メーカー三菱グループに属し、三菱ケミカルホールディングスの完全子会社。他に三菱樹脂および田辺三菱製薬三菱レイヨンを傘下に抱える三菱ケミカルホールディングスは日本最大級の総合化学会社にして、ダウケミカルBASFデュポンバイエルに続く世界第5位である(2016年現在)。

引用:ウィキペディア

国内トップの総合化学メーカーです!

エンジニアプラスチック(軽量化部材)

主な企業はこちらの10社。

  1. 帝人
  2. 三井化学
  3. 住友化学
  4. 三菱化学
  5. 旭化成
  6. 東レ
  7. クラレ
  8. BASF(独)
  9. ダウ・ケミカル(米)
  10. デュポン(米)

すでに登場している企業は割愛します!

eco-car-4-7

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

クラレ

株式会社 クラレ: KURARAY CO.,LTD)は、化学繊維をはじめとする日本の化学企業グループである。

近代日本を代表する実業家の一人でもある大原孫三郎により、1926年レーヨンの国産化を目的として設立される。同社の代表的製品でもあり、ランドセルで有名な人工皮革「クラリーノ」や、機能性樹脂「エバール」「クラレポバール」、高機能エラストマー「セプトン」「ハイブラー」、合成繊維「ビニロン」「ベクトラン」、乾式不織布「クラフレックス」など代表的製品も数多く存在する。

「マジックテープ」(一般名:面ファスナー)はクラレの登録商標である。

倉敷紡績(クラボウ)の経営多角化を目的に大原一族が創業したが、現在はクラボウとの関係は営業面のみに関するものであり、人的関係や資本関係は一切ない。

引用:ウィキペディア

マジックテープの企業ですね!

BASF(独)

BASF(ビーエーエスエフ、LSEBFA)は、世界最大の総合化学メーカーである。

本社は、ドイツ南西部のルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインにある。第二次世界大戦前はバイエルヘキスト(現サノフィ・アベンティス)と共にIG・ファルベンを構成した事業体の一つであり、分割後もドイツ三大化学メーカーの一角を占めていた。

主力製品は、化学品プラスチック製品、高機能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっている。かつては医薬品部門(Knoll AG)も傘下に収めていたが、米国アボット・ラボラトリーズに売却し、現在は扱っていない。

引用:ウィキペディア

ダウ・ケミカル(米)

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(The Dow Chemical Company、NYSEDOW東証:4850)は、アメリカ合衆国ミシガン州ミッドランドに本拠を置く世界最大級の化学メーカーである。

1897年漂白剤臭化カリウムの製造メーカーとして誕生した。1999年にはユニオンカーバイドを930億ドルで買収し、デュポンに代わり世界最大の化学メーカーとなった。2008年にはイオン交換樹脂の製造で世界トップの無機化学メーカー、ローム・アンド・ハース(Rohm and Haas)を188億ドルで買収した。

引用:ウィキペディア

※現在は「ダウ・デュポン」

デュポン(米)

デュポンDu Pont)は、アメリカ合衆国化学会社。規模は世界第9位・アメリカで第3位(世界最大はBASF)。[4] 石油会社を除けば時価総額ベースでは世界で四番目に大きい化学会社である。なおアメリカ国内では英語読みで「デュポント」と発音される。

正式社名はE. I. du Pont de Nemours and Company(イー・アイ・デュポン・ド・ヌムール・アンド・カンパニー)で、本社はデラウェア州ウィルミントン市に存在する。

創業は1802年資本金は111億3600万USドル。創業者はフランス出身のユグノーエミグレフランス革命後に国外へ逃亡した人々)であるエルテール・イレネー・デュポン(1771年 – 1834年)。メロン財閥ロックフェラー財閥と並ぶアメリカの三大財閥と称されることもある。

2015年12月11日、ダウ・ケミカル社との対等合併を発表。売上高ベースで900億ドル、時価総額ベースで1300億ドル規模の世界最大の化学会社が誕生することとなった。[5]統合新会社の社名は「ダウ・デュポン」となり、統合後農業関連会社、素材科学会社、特殊化学品会社の三つの会社に分割される予定である。[6]

引用:ウィキペディア

※現在は「ダウ・デュポン」

ポリカーボネート(サンルーフ・窓など)(軽量化部材)

主な企業はこちらの2社。

  1. 帝人
  2. 三菱化学

どちらもすでに登場しているので割愛します!

eco-car-4-8

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

充電システム(充電インフラ)

主な企業はこちらの6社。

  1. アルバック
  2. 日本ユニシス
  3. 豊田自動織機
  4. NTTデータ
  5. 高砂製作所
  6. ニチコン

前回登場している企業は改めてご紹介しますね!

eco-car-4-9

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

アルバック

株式会社アルバックは、神奈川県茅ヶ崎市に本社を置く、主に産業・研究機関向け真空装置を製造する企業である。

引用:ウィキペディア

一部上場企業!

日本ユニシス

日本ユニシス株式会社(にほんユニシス、英文社名:Nihon Unisys, Ltd.)は、東京都江東区豊洲に本社を置く、ビジネスソリューションを提供するITサービス企業。また、グループ企業であるユニアデックスなどと、ICT(情報通信技術)サービスの提供や情報システム構築を行うシステムインテグレーターでもある。

1958年に創立。大日本印刷の関連会社である。

もとは米国ユニシスの関連会社であり大型汎用コンピュータのベンダーであったが、2006年より同社と資本関係は存在しない[1][2]

現在は、ITソリューションのベンダーとして、日本電気富士通日本IBMNTTデータ日立製作所と並び、金融機関の勘定系システムを構築可能な開発能力を保持するシステムインテグレーターの一つである。

また、同社はエンタープライズ・サーバES7000Windowsを組み合わせた金融機関向けシステムの開発や.NETを利用したソリューションシステムの開発など、マイクロソフトと歩調を合わせた戦略をとっている。近年の例としては、2007年にマイクロソフトのWindows ServerとSQL Serverを基盤とした、世界初のフルバンキングシステムを百五銀行などで稼働させている[3]

金融機関向けシステムをはじめ、アパレル系システム・通販系システム・ERPソリューション・CRMソリューションで強みを持っている。 2008年からは、クラウドサービスに注力している[4]

引用:ウィキペディア

大日本印刷の関連会社です!

豊田自動織機

株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、: Toyota Industries Corporation)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタ自動車の源流である。現在のトヨタ自動車は豊田自動織機の自動車部が独立したもの。1926年大正15年)11月18日創業。

現在は、社名にある、当社の原点である繊維機械(自動織機など)の製造だけでなく、トヨタ自動車の一部車種(ヴィッツRAV4マークXジオなど)の組み立て、および一部のエンジンの製造、「トヨタL&Fブランドでのフォークリフトの生産と販売、ニューエレクトロニクス製品の生産まで、多岐に亘る事業を展開している。フォークリフトとカーエアコンコンプレッサー、自動織機のシェアは世界トップである。

引用:ウィキペディア

電動コンプレッサーの時にも登場しましたね!

NTTデータ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本システムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。日本電信電話 (NTT) のデータ通信事業本部を源とし、同社が発行済株式総数の54.18%(2006年(平成18年)3月31日現在)を所有する子会社NTTグループ主要企業の一つである。

引用:ウィキペディア

おなじみNTT!

高砂製作所

高砂製作所は、産業・計測用電源で業界をリードする企業であり、高水準かつ安定的な電力供給を実現する技術を61年余りに亘って培ってきました。また、新たな領域として、太陽電池・コジェネレーションシステムなどの分散型発電やハイブリッド自動車などの電気方式パワートレイン関連のエミュレーション装置をはじめ、環境配慮型エネルギー関連の開発・評価装置などを数多く手掛けています。

引用:株式会社高砂製作所

ニチコン

ニチコン株式会社: Nichicon Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置くコンデンサなどの開発、製造、販売している企業である。工場は長野県安曇野市・長野県大町市福井県大野市滋賀県草津市などにある。

引用:ウィキペディア

コンデンサーの時にも登場しましたね!

非接触充電システム

主な企業はこちらの4社

  1. トヨタ自動車
  2. WiTricity(米)
  3. 日産自動車
  4. 昭和飛行機工業

「トヨタ&Witricity(ワイトリシティ)」「日産&昭和飛行機工業」がペアとなっています。

昭和飛行機工業以外は割愛しますね!

eco-car-4-10

引用:日経業界地図 2016年版33ページ

トヨタとワイトリシティのニュースはこちら。

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、非接触充電技術の開発を行うワイトリシティ・コーポレーション*(以下、ワイトリシティ 最高経営責任者:エリック・ガイラー 本社:米国マサチューセッツ州ウォータータウン市)との、車両向け非接触充電の実用化および普及促進に向けた技術提携に合意し、同社の増資の一部を引き受ける。

非接触充電技術とは、充電器(送電側)と機器(受電側)とをコードで接続することなく、ワイヤレスに電力を伝送する技術である。ワイトリシティの非接触充電技術は共鳴方式と呼ばれ、携帯電話の充電器等での実用化が進んでいる電磁誘導方式と比べて、充電器と機器との距離が大きくなっても高い効率で電力を伝送できるなどの特長がある。トヨタは、共鳴方式による非接触充電が車両への搭載に適していると見ており、早期の実用化を目指している。

引用:トヨタ自動車、ワイトリシティ・コーポレーションと 車両向け非接触充電における技術提携に合意

昭和飛行機工業

昭和飛行機工業株式会社(しょうわひこうきこうぎょう)は、機械メーカー三井造船の連結子会社。

現在、航空機事業は主力ではなく、特殊車両(タンクローリーなど)やライフサポート機器、ハニカム構造体などの製造が中心である。

また、工場跡の広大な敷地を活用した不動産事業やレジャー事業にも積極的で、昭島駅前の大型ショッピングセンター「モリタウン」のほか、「フォレスト・イン昭和館」、「ホテルS&Sモリタウン」、「昭和の森ゴルフコース」、「昭和の森テニスセンター」、「フィットネスクラブ・フォーラス」などのホテルやレジャー施設を運営している。

2015年3月には、モリパーク・アウトドアビレッジを開業した[1]

引用:ウィキペディア

まとめ:業界地図の天気図は晴れ

いやー、長かったですね。笑

エコカー業界だけでもこれほどの企業が関わっています。

man-2 (1)

「この洗練されたシャフトがたまんないんだよなぁ…!」なんて方には貴重な情報ではないでしょうか?

(もちろん、それ以外の方もね!)

就職先で悩んでいる方に参考にしていただきたいですね!

教科書は業界地図でした!

おすすめ求人サイト一覧

 - 業界研究