WordPressのデータベース接続確立エラーの原因と対処方法!

最近、管理サイトのセキュリティ対策として、重要なデータのログインIDとパスワードを1Passwordで管理しているんですが、その過程で1つ問題が発生してしまいました。

なぜか、サイトのすべてのページ(と管理画面)に「データベース接続確立エラー」という文字しか表示されないんです。

コードの入力ミスで画面が真っ白になったり、404エラーや500エラーが表示されたことはありましたが、このエラーが表示されたのは初めてだったので、若干焦ってしまいました。。

原因

まず、結論から言うと、このエラーは「wp-config.phpの設定」が原因です。

基本的に確認するのは下記の項目。

  • WordPressのデータベース名
  • MySQLのユーザー名
  • MySQLのパスワード
  • MySQLのホスト名

僕の場合は、

  1. サブサイトの「phpMyAdmin」のログイン情報がわからない
  2. この際だから、MySQLのパスワードを変更しよう

と、安易にパスワードを変更してしまった結果、wp-config.phpの設定が変更され、データベースに接続できなかったようです。

また、レンタルサーバーが原因ということもあるようですが、ほとんどの場合、このwp-config.phpがエラーの原因なので、真っ先に確認しましょう。

対処方法

では、wp-config.phpが原因で発生したエラーの対処方法をご紹介します。

まずは、

  • レンタルサーバーのファイルマネージャー
  • FTPソフト

のどちらかにログインし、「wp-config.php」のファイルを探します。

POINT

通常は、

  1. 自分のドメイン(当サイトの場合はmoriawase.net)
  2. public_html
  3. wp-config.php

という順番です!

 

該当のファイルが見つかったら、ATOMなどのコードエディターで開きます。

 

後は、問題の項目の文字列を修正してファイルをアップロードすればOKです。(FTPソフトは、変更と同時にアップロードされるはずです)

僕は、エックスサーバーの管理画面でMySQLのパスワードを変更したので、パスワードの「root」の部分を変更しただけで解決しました。

こんな感じですね。

/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'abcdefg');

ちなみに、「admin」や「root」などの文字列にしている方は、セキュリティ上良くないので、変更することをおすすめします。

MySQLのログインIDとパスワードを忘れても問題なし

念のためお伝えすると、MySQLのログインIDやパスワードを忘れてもまったく問題ありません。今回のように、config.phpを見ればわかるからです。

例えば、僕のように複数のサイトを管理していて、すべてのMySQLのパスワードを変更しても、それぞれに専用のwp-config.phpがあるので、適宜修正すればOKです。

まとめ

エラーが発生すると、心穏やかではないと思いますが、最初に心がけることは「慌てない」ことです。

  • MySQLのパスワード忘れた
  • エックスサーバーのログイン情報忘れた
  • FTPソフトない

みたいな状況だったら面倒ですが。。笑

以上、ご参考までに!(`・ω・´)ゞ

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

カテゴリーWordPress豆知識

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!