はじめてのオンライン英会話を終えて。初心者の率直な感想

Celery is filling!

Really?

Uh…

いや、そもそも’フィリン’?ってなんやねん…よくわかんなくて適当に言っちゃったよ…

Hello, everyone! I am Chef.

どうも、日本人のシェフです。英語ですか?

見ての通り全然話せません!(キリッ)

(全力で、生まれ育った環境のせいにしたいと思います!)

ただ、「いつか英語でペラペラ話してみたいな…」という願望は人並みにあり、先日ついにオンライン英会話デビューしました!(パチパチ)

いやー、初めてのオンライン英会話は緊張しまくりでしたね…笑

利用したのは「レアジョブ英会話」で、2回の無料体験で2人の外国人と話しました。

レアジョブ英会話のレビューは別の機会に書こうと思いますが、今回は「そもそもオンライン英会話って何?」「どんなことするの?」など、利用してみた感想を交えて話してみたいと思います。

【関連】レアジョブのレビュー記事はこちら



オンライン英会話とは?何が必要?

オンライン英会話とは、オンライン上で海外の人と英語で話せるサービスのこと。

必要なものは以下の通り。

  1. インターネット環境
  2. パソコンやスマホ(タブレット)などのデバイス
  3. Skype(スカイプ)などのアプリ

ご覧の通り、オンライン英会話を始めるにあたり新しく必要になるものは少なく、基本的にはスカイプなどのコミュニケーションツールを無料でインストールするだけで準備完了です。

オンライン英会話の中には専用のアプリを提供しているところもあり、その場合はそのアプリをインストールします。

いつでもどこでも英会話!

スマホやパソコンに内蔵されているスピーカーとマイクで会話してもいいですが、マイク付きのイヤホンを使うのがおすすめです。

今のスマホに付属しているイヤホンは基本的にマイクも付いていると思うので付属品で十分だと思います。

また、Skypeは電話ではなく「コミュニケーションツール」なので、ビデオ通話やチャットもできますが、顔出しが嫌な方はビデオ通話機能をオフにすることもできます。

ただ、チャットはけっこう使うので、事前に最低限の操作方法などは確認した方がいいかと思います。

どんな人と話すの?

話す相手は基本的に英語が母国語(もしくは公用語)の人です。

先生になるにあたって教員免許などの特別な資格も必要なく、オンライン英会話サービスの提供会社(や関連会社)によって選ばれているので、ざっくり言うと「英語を教えるのが上手い普通の人」です。

「うちはネイティブしかいません!」とアピールしているところもありますが、僕ら初心者にとってはネイティブかどうかは些細な問題だったりするので、それを理由に選ばなくてもいいのかなとは思っています。

オンライン英会話のメリットとデメリット

オンライン英会話の魅力は「料金の安さ」と「柔軟な勉強環境」に尽きます。

スマホやパソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもその場所が「レッスンルーム」になるので、レッスンを受けるためにわざわざどこかに行く必要もありませんし、場所代がかからない分、実店舗での英会話レッスンに比べて格安で利用できます。

また、「日本に住んでいて日本の文化に慣れている外国人の先生」との英会話ではないため、日本語の使用は基本的に一切なし。

さらに、英語がわからなくて戸惑っている時も「大丈夫?」と日本語ですぐにサポートしてくれるわけではないので、さながら海外にいるかのような良い緊張感の中で英会話を楽しめます

個人的にはこの「日本語が一切ない」というのが重要だと思っていて、この環境下だからこそ「英語でどう伝えればいいんだろう」という、英語が話せない日本人に最も足りていないであろう部分が埋められていくのではないかと思っています。

そんなオンライン英会話ですが、このようないくつものメリットを打ち消す最大のデメリットがあります。

それは強制力がないことです。

実店舗での英会話レッスンは、スケジュールにより次回レッスンの受講を「決定」しなければいけませんし、高い料金を払うからこそ「元を取らないと」「もったいない」という気持ちが芽生えます。

オンライン英会話にはこういった強制力が一切なく、予約をしない限りやる必要がありませんし、元の料金が安いからこそ「やーめた」と気軽にサボることができるので、良くも悪くもというか、英語学習においては完全に「デメリット」と言えます。

現に僕は、この記事を書いている今、最後のレッスンから2ヶ月が経ってます…(笑)

強制されなくても自力で頑張れる人はこのようなサービスに頼って学習する必要もないので、これはオンライン英会話におけるパラドックスとも言えますね…(大げさ)

オンライン英会話は楽しい?

さて、とは言いつつ肝心要なのは「ぶっちゃけ、オンライン英会話ってどう?」ということだと思います。

これについては、僕はめちゃくちゃ楽しかったです!

海外の人とマンツーマンで30分近く話すことなんて、これまでの人生で一度もなかったので、すごく楽しかったですし、それだけでも体験レッスンを受けて良かったなと思いました。

そして、意外だったのが「え、なんか海外の人と英語で話せてるじゃん!」と思えたこと。

個人的な話で恐縮ですが、英語は「完璧」に話せないといけない、恥ずかしいってどこかで思ってたんです。

でも、実際に話してみると、単語だけでも伝わるものだし、わからない単語があっても文脈とか身振り手振りでなんとなくわかることも多かったんですね。

例えば、「好きな食べ物は何?」という質問に「寿司が好きだよ!」と答えたんですが、その後に「Why?(何で?)」って聞かれたんです。

それに対して「美味しいし、日本だと安いから」と答えたかったんですが(変な理由ですが笑)、どうしてもその場で「安い」という単語が出てこなくて。

必死に「チープ!チープ!」とか「ローコスト!」とか言ったんですが、察してくれたようで「あー、なるほど、inexpensiveだから好きなんだね」と。

こういうのがけっこうあってですね、すごく楽しかったし、「学びのベクトル」が違うような気がしました。

余談ですが、先ほどの「何でその食べ物が好きなの?」という質問、けっこう衝撃的でした。

おそらく、日本人による日本人のための英語授業だと「I like sushi」で会話が終了すると思うんです。

でも、それってよく考えると不自然だなーと。

「何の食べ物好きなの?」「俺、寿司好きなんだ〜」「そっか〜」で終わらないですよね。

きっと、「へー、何のネタが好きなの?」とか「どこで食べるの?」とか、それこそ「なんで?」と思うのが自然だと思うんです。

そういう「常識」が壊れていくのは本当に新鮮でした。

「継続」の仕組みづくりが重要

自分への戒めですが、オンライン英会話は「どうやって続けるか」の仕組みづくりが最優先事項です。

例えば、平日の8:30-9:00は必ず時間を確保するとか、まとめて予約するとか。

(自分で書いて思いましたが、まとめて予約するのはなかなか効果がありそうですね)

そういう意味では、早めにメインのオンライン英会話を決めて全力でコミットするのも重要かもしれませんね。

毎日継続すれば1ヶ月〜2ヶ月くらいで日常会話くらいはなんとなくできるようになる気がするので、まずは「英会話レッスンをやめられない仕組みづくり」から取りかかろうと思います。

「自分もオンライン英会話やってるよー!」なんて方がいればぜひご意見お聞かせください!


カテゴリー:オンライン英会話

シェフ

このサイト「moriawase」の運営者。ハウツー記事を中心に更新しています。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ