MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

フリーターにも種類が?音楽家や俳優を目指す人は1割以下?!

      2016/06/16

余計なお世話をする人っていますよね。僕も今までいろんなことを言われたことがありますが、一番多かった言葉がこれでした。

「フリーター?お前もいい歳なんだから、いい加減身を固めた方がいいんじゃないか?」

…余計なお世話だわ!

いや、ホントにね、長いフリーター時代に何度か言われましたよ。その度に「自分の進退くらい自分で決めるわ!」って思ってました。

なんでしょうね…このフリーターを軽視する文化。自分で決めたことなら、「夢追い人」も悪くないんですけどねぇ。

フリーターには3種類の人がいる?

そんなフリーターですが、実は、大きく3種類に分けることができるそうです。

freeter-type-1

引用:http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160615.html

「モラトリアム型」

現在フリーターで最も多いタイプで、「フリーターとなった当初に明確な職業展望を持っていなかったもの」を指します。フリーターになる直前に所属していたのが教育機関(予備校を含む)であったか、職場であったかによって、さらに「離学」と「離職」に分けられます。

「夢追求型」

「芸能関係の職業、もしくは職人・フリーランス型の職業につきたい」という、明確な目標を持っているタイプ。日本労働研究機構「フリーターの意識と実態」(2000年)の調査では27.8%を占めましたが、今回の調査では約10%に留まっており少数であることが判明しました。目指す職業のタイプでさらに「芸能志向型」と「職人・フリーランス志向型」に分けられます。

「やむを得ず型」

上記の2タイプよりも大まかな定義になりますが、「本人の意欲とは別の、労働市場の悪化や家庭の経済事情、トラブルなどの事情からフリーターを選択」したタイプです。フリーターになった事情から「正規雇用志向型」「期間限定型」「プライベート・トラブル型」に分けられます。

引用:「フリーター」にはどんな人がいるのか?~フリーターの3タイプ及び7タイプの特徴を調査~

僕は典型的な夢追い人だったので、「夢追求型」に分類されます。その割合、なんと10%以下!2000年の調査と比較すると半分以下になっています。

現在最も多いタイプのフリーターは、「漠然とフリーターを続けている人」のようです。「フラフラしている人」と言い換えることもできるでしょうか。

意外に当たっているかも?!〇〇志向型

このデータで面白いなぁと思ったのは、意外に特徴が一致していたことです。

芸能志向型

アルバイト収入はフリーターの中で最も多く、平均額は12万7千円(全体の平均は約11万円)。平均収入の高さは一人暮らしの多さとも比例しているようで、親との同居率が最も低く52%(全体の平均は69%)でした。また、アルバイト以外の収入が多く、フリーターでは最も多い約4万円(全体の平均は約2万7千円)を得ています。これらは主に、音楽や俳優活動による収入です。

就業している業種は事務が最多ですが、カフェ、居酒屋ホール、アミューズメントパークなどの接客系が多い傾向が見られます。また、バイトリーダー経験者が最も多く、アルバイトでも重要なポジションを任されている人が多いのが特徴です。コミュニケーション能力や統率力が高い人が多いと考えられます。

仕事探しで最も重視するポイントは「仕事への興味」ですが、「自分の時間に合わせて働ける」「待遇(高時給、昇給、交通費支給)」を重視するタイプです。夢に費やす時間を第一に置き、好条件のアルバイトを選ぶ傾向にあるようです。

正社員への意向は最も低く28%(全体の平均は51%)。主な理由は「フリーターの方が時間の融通がきき、休みが取りやすいから」。やりたいこと(目標)と仕事(現実)がうまく両立できている人が多いためか、フリーターとして「充実している」と回答した人は48%とやや高めの結果が出ています(調査の全体平均は43%)。

引用:「フリーター」にはどんな人がいるのか?~フリーターの3タイプ及び7タイプの特徴を調査~

そうそう、僕も、俗に言うバイトリーダーでした。ガッツリ働いていたので、収入は平均よりも全然多かったですけどね。

そして、「自分の時間に合わせて」「高時給」も、確かに重視してました。DTMerは時間にとらわれないので、結局正社員になりましたけど。

他にも〇〇志向型がいくつかあるので、自分が何型なのか確認するのも面白いかもしれませんよ。

「フリーター」にはどんな人がいるのか?~フリーターの3タイプ及び7タイプの特徴を調査~

まとめ

  1. 漠然とフリーターを続けている方
  2. 止むを得ずフリーターを続けている方

など、フリーターとしての生活を選ぶのには様々な事情や理由がありますが、確実に言えるのは「ダメなことではない」ということです。

だって、芸人とかはまさにこのタイプですよね。結局は、「夢を叶えたかどうか」ではなく、「夢を叶えたいかどうか」が重要なんだと思います。

 

ぶっちゃけ、待遇の良い正社員なんかすぐになれるので、納得のいくまで夢を追えばいいんですよ。夢を追った経験も財産です。

フリーターの正社員登用は意外に人気なので、リスクヘッジの選択肢をいくつか用意しながら夢を追うのが理想かもしれませんね。

「バイトから正社員」をコンセプトにしている求人サイトもあるくらいですから。

どうも、フリーターから正社員になった経験のあるChef(@chef_moriawase)です。求人広告会社で働いていまし

「まだまだフリーターで頑張る!」なんて方にはこちらの記事もおすすめです。

久々に求人広告のようなタイトルをつけてみました。「日払いOK!」とかよくやるんですよね。 さて、そんな日払いOKの

すべてのフリーターに参考にしていただければ嬉しいです!

 - 就職・転職ノウハウ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします