MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

DJ経験0の僕がガレージバンドでアゲアゲになった使い方。

      2016/03/30

音楽が好きな人、DTMが趣味の人、全く音楽に興味がない人。

「そんな多くの人に愛されているDAW(曲を作るソフト)は何か?」と聞かれると、正直分かりません。

でも、「最も有名なDAWは何か?」と聞かれたら、「GarageBand(ガレージバンド)だ」と答えるでしょう。

Macに標準搭載されていて、iPhoneやiPadでも使えるソフトです。

 

進化したガレージバンド。

高いお金を払って音楽活動をしている人にとって、ガレージバンドは使用するDAWの選択肢に入りません。

無料ゆえに、出来ることに限りがあるからです。

僕も、ずっとCubaseを使ってきました。

ガレージバンドは触ることさえしませんでしたね。

 

しかーし!

GarageBandがパワーアップしていると知り使ってみたんですが、めちゃくちゃ進化してたんですよ!

もうね、iPadに触ってるだけで楽しいんです。

久々にDTMを始めた頃を思い出しました。

 

早速ガレージバンドを紹介してみる。

「前置きはいいから早くしろ!」と言われそうなので、早速ガレージバンドを紹介してみます。

iPadを持っている人の方が多いはずなので、iPadでガレージバンドを使います。

こちらがホーム画面です。左上の「+」をクリックします。

GarageBand-1

 

「新しい曲を再生」をクリック。

GarageBand-2

 

「LIVE LOOPS(ライブループス)」なる画面が追加されてます。

かっこいい!これ昔なかったんですよ!

EDM、ヒップホップ、R&Bなど、たくさんのジャンルから選べます。

今回はEDMの曲で遊んでみます。

GarageBand-3

 

こちらが操作画面。

ループ素材を組み合わせて曲にしているみたいですね。

GarageBand-4

 

ガレージバンドを動画で紹介してみる。

では、どんなサウンドなのか、どんな感じで遊べるのか、動画で説明してみます。

 

ループ素材

 

エフェクトの種類

 

ループ素材をつなげて作ってみた曲

 

いかがでしょうか?

かなりカッコイイ音ですよね。

そして、エフェクトONの時の画面が最高です。

 

ガレージバンド、今までなめててすみませんでしたーーー!

 - 音楽ソフト・楽器・ツール