GoogleアナリティクスでPageSpeed Insightsの点数を見る方法!

自分のサイト内のページを総合的に評価して、点数を付けてくれる「PageSpeed Insights」。

  1. レンダリングブロックしているJavaScriptやCSSを排除してね
  2. 画像を最適化してね

など、問題点を指摘して、改善点を提案してくれる有名なサービスなので、使っている方も多いのではないでしょうか?

ただ、記事毎にいちいちURLを打ち込んで確認するのは非常に面倒なので、できればまとめて確認したいところです。

そんな時使えるのが、「Googleアナリティクスから確認する方法」です。

PageSpeed Insightsの点数を確認する方法

では、GoogleアナリティクスのどこからPageSpeed Insightsの点数が確認できるか、ご紹介します。

左側のメニューを開き、

  1. 行動
  2. サイトの速度
  3. 速度についての提案

と進みます。

 

はい、もうありました(*´ω`*)

 

こんなに簡単に見れるのに、なんで今までわざわざURL打ち込んでいたのか。。

POINT

もちろん、スマホからも確認できます!

ページ別の点数の詳細を確認する場合

記事別に点数の詳細を確認する場合は、「PageSpeedの提案」の下にある「合計◯個」をクリックするだけです。

この方法の魅力

「GoogleアナリティクスからPageSpeed Insightsの点数を確認できるなら、サイトにアクセスしなくていいじゃん!」と思った方もいるかと思いますが…

その通りです。

僕は最近までブックマークに追加してたんですが、削除しました。

検索できる

というのも、Googleアナリティクスから普通に検索できるんです。しかも、URLは完全一致じゃなくてOK

例えば、「test」と打ち込めば、

  • https://moriawase.net/test-page
  • https://moriawase.net/first-test

両方のページが点数と共に表示されます。

POINT

タイトルや記事本文の内容では検索できません。

常に最新の点数に更新される

そして、

  1. 検索する
  2. 画面をリロードする
  3. 次のページに行く、前のページに戻る

などで、常に最新の点数に更新されるのもポイントです。

これの何が便利かと言うと、例えば、WordPressなどの動的なサイトで、レンダリングブロックしているCSSを排除した後すぐに、複数のページの点数の変動を一度に確認できるんです。

通常は、1つのページを確認するだけで十分だと思いますが、こういったニーズも少なからずありそうです。

PageSpeedのサイトを利用するシーン

僕は、PageSpeed Insightsのサイトを利用するニーズがほぼなくなりましたが、下記のような場合はサイトを利用する必要があります。

  1. 他のサイトの点数を確認する
  2. Googleアナリティクスを設置していない
  3. 直近のページビューが「0」

特に、直近のページビューが0の記事に関しては、「いくら検索しても見つからない…!」ということもあり得るので、ご注意ください。

検索してもページが表示されない場合

直近のページビューが0の可能性がある記事に関しては、集計期間を変更することで表示されるはずです。

デフォルトでは、集計期間が「過去7日間」や「過去30日間」になっていると思うので、画面右上の集計期間を適宜変更しましょう。

まとめ

かなり前からGoogleアナリティクスからPageSpeed Insightsの点数を確認できたのかもしれませんが、最近気づいてショックを受けました(笑)

特に設定を変えた覚えもなく、デフォルトで使えるはずなので、これからはGoogleアナリティクスで確認してみてはいかがでしょうか?

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

カテゴリーSEO対策

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!