MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

『Google Play Music』初レビュー!もう解約したい!

      2016/05/28

1001

今日でApple Music(アップルミュージック)の無料期間が終了してしまいました。

あぁ、あっという間だったなぁ。

「よし!次は、Google Play Music(グーグルプレイミュージック)だ!」と、勢いで使ってみたんですが…

使い始めて1日目、もうApple Musicに戻りたい(笑)

 

なんだろうこの強烈なこれじゃない感は。

「Googleが音楽業界に殴り込みだー!みんな逃げろー」的な盛り上がりだったのになぁ。

そもそもAppleのスゴイところは、iTunes Storeを作ったことのはず。まだまだApple Musicが優勢ですね。

Google Play Musicのここが良くない

実際に使ってみましたが、主に2つの良くない点がありました。順番にご紹介してみます。

デザインがダサい

UIが致命的にダサい

これだけでも使わない理由として十分なくらいです。

フォントも配色も微妙な感じですね。

そこまで曲が豊富ではないかも

Google Play Musicは、膨大な楽曲数が魅力なはずですが、その実感が今のところありません。

他の定額制音楽配信サービスも、だいたいのメジャー楽曲は用意しているはず。

だから、インディーズ楽曲だったり、コアなリスナーが聴く楽曲の数の差が大きいと思うんですよね。

少なくとも僕は、Google Play Musicの楽曲数に魅力を感じませんでした。

無料期間中に試してみるべし

たくさんの音楽配信サービスがあり、いずれも最初は無料期間を用意しています。

その期間で吟味してみるのがベターでしょう。

ただ面倒なのは、これらのサービス同士でプレイリストや楽曲をシームレスに管理出来ないことです。

man-2 (1)

「よ〜し!無料期間だから、ここからはアニソンをダウンロードしよう!」

man-2 (1)

「あそこからはインディーズの曲をダウンロードしよう!」

man-2 (1)「全部Apple Musicで聴こうっと。これでしばらくはタダで音楽聴き放題!俺天才かもw」

なんて事が出来たらマズイですからね。ローカル楽曲(CDから読み込んだ曲とか)は問題ないですけどね。

選ぶ基準を明確に

結局のところ、大多数の人にとっては、どれも似たり寄ったりです。あまり差はないですからね。

hito

「無料期間中に選べなかったよ〜」

なんて方は、

  • 料金
  • 操作性
  • 聴きたい曲の有無

など、どれを重要視するか決めるのが良さそうです。まぁ、なんだかんだで使いやすさが一番だよなぁ。

 - 音楽配信サービス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします