MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

ハリー・ポッターと呪いの子(Kindle版)の感想・レビュー!

   

どうも、ハリー・ポッター世代のシェフです。最強の魔法は、対象物が粉々になる「レダクト」だと思っています。怖すぎ。

そして、きっと妻は、蜘蛛を吹き飛ばす「アラーニア・エグズメイ」という魔法が好きだと思います。蜘蛛が大っ嫌いなので。

今度家に蜘蛛が出たら、アラーニア・エグズメーーーイ!!!って言いながら、ホウキでぶん殴ろうと思います。

「ハリー・ポッターと呪いの子」とは?

harry-potter-and-the-cursed-child-1

さて、11月11日に、「ハリー・ポッターと呪いの子」が発売されましたね。最新刊であり、ハリーが登場するシリーズとしては最後みたいです。

「え?ハリー・ポッターって終わったんじゃないの?」

という声も聞こえてきそうですし、僕も最初はそう思ったんですが、今作は、ヴォルデm…あ、「闇の帝王」との最後の戦いから19年後の物語。

つまり、「ハリー・ポッターと呪いの子」は、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の最後のシーンからの物語です。

大人になったハリーたちが「キングズ・クロス駅」にいたシーン覚えてますよね?ハリー・ポッターと呪いの子の物語はそこからスタートします。

主な登場人物

これまでの主要キャラは引き続き登場します。今作で新たに登場する主な登場人物は、下記の通り。

  1. ジェームズ・シリウス・ポッター(ハリーとジニーの長男)
  2. アルバス・セブルス・ポッター(ハリーとジニーの次男)
  3. リリー・ルーナ・ポッター(ハリーとジニーの長女)
  4. ローズ・グレンジャー・ウィーズリー(ロンとハーマイオニーの娘)
  5. スコーピウス・マルフォイ(ドラコ・マルフォイの息子)

この中で主役と呼べるのは、「アルバス・セブルス・ポッター」と「スコーピウス・マルフォイ」。圧倒的に登場回数が多いです。

ストーリー(少しだけネタバレ含む)

ハリー・ポッターは死の秘宝で完結だよ。

どうせ、むりやり作った作品でしょ?つまんないよ。

なんて思うかもしれませんが、ご安心ください。

すげー面白いです(・∀・)

  1. スコーピウス・マルフォイが「闇の帝王の子ども」という噂が流れる
  2. アルバス・セブルス・ポッターが「スリザリン」に入寮し、落ちこぼれキャラになる
  3. 逆転時計でセドリック・ディゴリー(ヴォルデモートが復活して最初にアバダケダブラされた人)を助けようとする

など、これまでハリー・ポッターを見た方であれば、誰でも楽しめる内容になっています。よくある「おまけ」ではありません。

(ちなみに、「逆転時計」は、アズカバンの囚人で登場したアイテムで、シリウス・ブラックを助ける時に使いました)

リハーサル版とは?

harry-potter-and-the-cursed-child-2

表紙を見て「?」となった方もいると思いますが、11月11日に発売したのは、「リハーサル版」と呼ばれるものです。

なぜ、リハーサル版という名称なのかと言うと、この作品が舞台劇(リハーサル上映)を翻訳して書籍化したものだからです。

(今後、リハーサルを踏まえて、加筆されたものが発売される予定。時期は未定)

ただ、リハーサル版だからつまらないとか、そういうものは一切ありません。

脚本は、ハリー・ポッターの作者「J・K・ローリング」が手がけてますし、公式に「新刊」として発売されているものです。

スピンオフ作品とか勘違いしちゃダメですよ(*´ω`*)

Kindle版でも読めます!

僕がハリー・ポッターを本で読んでいた頃は、まだ電子書籍の時代ではなかったので、Kindle版で読めて感激しました。

紙の本(単行本)には「ホグワーツMAP」が特典としてついてくるそうですが、特に興味なければKindle版がおすすめです。特典がない分安いです。

まずは無料で試し読み」もいいですが、間違いなく面白い作品なので、ファンに限らず必読ですよ!

▼Kindle版の購入はこちら

▼ホグワーツMAPが欲しい方はこちら

 - Kindle・電子書籍