MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

サカイ引越センターは見積もり料金よりもお米が大事なの?

      2016/03/22

image

 

引っ越しの見積もりを依頼したら、お米をくれた会社がありました。

「何でお米なんだろう?」と、その理由を探ってみました。

 

無料見積もりなのに、お米?

見積もりの段階でお米をあげるのは早くないですか?

「お米をもらったから邪険に出来ない」という心理的なところを狙っているんでしょうけど…

本当に効果あるんですかね?

 

日本のどの家庭でもお米は必須だし、もらって困る物でもありません。

ただ、業者選びのプラス材料になるとは思えないんですよね。

 

おそらく、ユーザーは想像以上に賢くなってるはずです。

この会社は昔から同じ戦法ですが、何かをあげて見返りを求める方法は古いですよ。

5社ほど検討している業者があって、それらが僅差なら、

 

hito

「うーん、みんな同じぐらいの金額だし、お米もらった業者にしようかなぁ」

 

という判断にもなるかもしれませんが、ここの会社、そもそもの見積もり金額が高いんですよね。

庶民の感覚だと検討する気にもならないレベルです。

 

お米よりも引っ越し料金を安くして欲しい。

お米とかいらないんで、サカイ引越センターは可能な限り勉強して欲しいですね。

見積もり依頼は2回目ですが、金額が高い印象しかありません。

 

見積もりで余分なお金を使うよりも、引っ越し料金を安く出来るようなシステムにして欲しいです。

料金が高すぎて、1回目はお米すらもらいませんでしたよ。

 

というのも、サカイ引越センターのスタッフはみんな良い人なんですよ。

コールセンターの人も、営業の人も、物腰が柔らかくて好印象なんですよね。

だから、

 

lady「すごく印象が良いんだけど、料金が高いから利用できないんだよねぇ…」

 

なんて人、たくさんいると思いますよ。

 

10万円も差があれば新しい家具が買えちゃう。

極論ですが、

  • 印象の悪い営業の見積もり金額10万円
  • 印象の良い営業の見積もり金額20万円

だったら、前者を選んでしまいます。

 

なぜなら、家具に多少傷がついても、営業の質が悪くても、ある程度我慢ができるからです。

それに、10万円も差があれば新しい家具が買えちゃいますよ。

 

他社の見積もり金額を伝えても決してぶれないところは尊敬に値します。

ただ、ユーザーとのマッチング率が低い気がするので、もう少し企業努力をして欲しいですね。

断捨離ブームが到来すれば、赤帽やトレジャーファクトリーにシェアを奪われちゃいそうで心配です。

 - 引っ越し

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします