保育園は専業主婦(無職)だと落ちる?申し込みに必要なものは?

先日、娘を保育園(保育所)に預けるためにはどうすればいいのか役所で話を聞いてきました。

その時は、僕が在宅ワーク、妻が専業主婦(無職)、娘はもうすぐ2歳…という家族構成だったので、保育園に預けられないと判断されることはわかっていたのですが、保育園に娘を預けたい理由があったからです。

今回はその理由と共に、

  • 役所で言われたこと
  • 我が家のような家族構成でも保育園に入れるのか

などについてお話しします。

追記今回ご紹介する方法で無事に保育園を利用できました!

誰かが子どもの面倒を見れる場合は申し込みできない

専業主婦(夫)は無職と同じなので、仕事をせずに生活していることになります。

ですので、一般的には子どもを保育園に預ける必要がないとみなされ、保育園に落ちるかどうか…の前に、そもそも申し込みすることができません

役所ではその他に、祖父母などの同居している人がいるかどうかも聞かれたので、要するに「誰かが子どもの面倒を見れる環境」であれば申し込みができない(または審査に不利になる)のだと思います。

(ここら辺のルールは自治体によって若干違うかもしれませんが)

東京はまだしも、人口減が叫ばれる地方にはそういった制約などがないのでは?と勝手に期待していたので少し残念でしたね。

幼稚園とは違い、保育園はあくまでも「子どもの面倒を見ることができない家庭のための施設」というのが現状のようです。

妻が専業主婦でも子どもを保育園に預けたい理由

「妻が専業主婦なら保育園を利用する意味も必要もないだろう!」というのが世間一般的な常識ですが、そういった事情を知っていても娘を保育園に預けたい理由がありました。

まず、最も大きな理由が、妻(と僕)の肉体的・精神的なリソースの大部分が娘に割かれてしまうこと。

今ではほぼ「保育士」状態で、公園に遊びに行ったり、絵本を読んだり、寝かしつけたり…と、以前と比較すると格段に自由度がなくなりました。

労働をすれば保育園に預けることはできるけど、労働をしなければ保育園に預けることができず我が家が保育園になり誰かが専属の保育士になる。

これ、誤解を恐れずに言うと、結局は「働く」か「保育士になる」かの二択とも言えるので、であれば保育園に預けたいなと。

娘の友達も増えるし、僕も仕事にもっと集中できるようになるし、妻にもゆとりができるし、みんなに良い影響がある気がするので。

(これらが娘を保育園に預けたいと思った他の理由)

保育園を利用する方法

では、専業主婦(夫)でも保育園を利用することができる裏技を教えましょう…と言いたいところですが、それはやはり無理ですし、もしそんな方法があったとしてもモラルに欠けるので推奨できません。

ということで、役所の担当者と話しながら正攻法を考えてみたんですが、「個人事業主(フリーランス)になる」のが一番簡単だという結論に至りました。

開業届を出せば申し込みできる

というのも、保育園を利用するには「働いている」もしくは「働く意思がある」ことを証明する必要があるらしく、一般的には「就労証明書(どこかの会社で働いていることがわかる書類)」や「誓約書(仕事に就くことを誓う書類)」が使われるのですが、実はこの証明に「開業届の控え」も使えるらしいんです。

つまり、実績やスキルがなくても「個人事業主として仕事をします」という公的な証明になるので、正々堂々と保育園入園の申し込みができるわけです。

もちろん、自宅を仕事場とすることもできますし(いわゆる在宅ワーク)、賃貸物件(居住用)の住所で開業届を出しても問題ありません

(妻は在宅ワークでWEBサイト運営事業を展開しています)

開業届は、開業freeeを使えばスマホで無料で作成できるので、保育園を利用したい方はぜひご活用ください。

開業届はネットで作成できる?「freee」ならスマホで10分!
個人事業主(フリーランス)として活動するにあたって基本的に提出する必要のある書類...

専従者控除でもいい?

役所からは、妻を雇っている(妻に給与を支払っている)ことがわかる書類でもいいと言われましたが、書類作成が面倒なことや、控除の関係などを考えた上で開業届を出しました。

事業の実態は審査に関係ない

また、これを言うと誤解を与えそうですが、その事業でお金を稼げるかどうかは審査に関係ないので、極端な話、お金を稼ぐ意思がなくてもとりあえず開業届を出せば保育園入園の申し込みができてしまいます。

個人事業主になった方がメリットが大きい

個人事業主と聞くとなんだか難しい話に思えるかもしれませんが、青色申告が必要になるだけで、仕事が少なければ無職とほとんど変わりありません。(無職との大きな違いは税金面

というより、開業しても配偶者控除や扶養控除を受けることができますし、事業に関係ある支出なら経費にできるので、特別な理由がなければ個人事業主になった方がメリットがあります。(国税庁の職員に確認済み)

ちなみに、僕のような家族構成はもちろんのこと、夫がサラリーマン・妻が専業主婦といった家族構成でもこの方法で申し込むことが可能です。

保育園の申し込みに必要な書類

自治体によって申し込みに必要な書類や様式が違うと思いますが、僕が役所で必要だと言われた書類を参考までに記載します。

  • 申請書(申込書)
  • 開業届の控え
  • 申告書
  • 子どもの健康保険証の写し
  • 口座振替依頼書
  • 個人番号(保護者と子どもの分)
  • 身分証明書(申し込みをする人の分)
  • 昨年度の所得課税証明書

まとめ

専業主婦(夫)と言うと、すごく楽をしているイメージがあると思いますが、意外とハードな「仕事」だったりします。

保育園は親が楽をするために存在している施設ではありませんが、何か事情があって保育園を利用したいと考えている方は開業freeeを使ってみてはいかがでしょうか?

カテゴリー

この記事を書いた人:シェフ

このサイト「MORIAWASE」の運営者。少しでも多くの人の悩みや不安を解決するためにハウツー記事を中心に更新しています。お問い合わせはページ下部のお問い合わせページから。フォローやシェアは大歓迎です!