中田ヤスタカ・亀田誠治の作る曲が似てるのは当然のこと。

この人が作る曲、全部似てるよねー

YouTubeとかニコニコ動画で、こういうコメントをたまに見かけるんですが、それ褒め言葉ですよ?

アイデンティティって知ってます?

僕も久しぶりに曲を完成させたんですが、自分の作った曲って、どこか共通するところがあるはずなんです。

僕は人から直接言われたことはありませんが、何かしら共通するところがあると思ってます。

というか、似てないとおかしいですよ。毎回、使ってる楽器やDAWが違うわけではないし、作ってる人は同じなんですから。

それは、アイデンティティであり、その人が表現したい世界観がぶれていない証拠です。

似てることは素晴らしいこと

そう、どこか似てると言われるのは嬉しいことなんです。

  • コード進行
  • テンポ
  • 使用音源
  • 楽器の弾き方
  • 打ち込み方

など、似てるポイントはいくつもあります。

有名どころとしては、中田ヤスタカさんや亀田誠治さんがいますが、この人たちが作る曲ってすぐ分かりますよね。

中田ヤスタカさん→カタイ音質、ベース、ケロケロボイス

亀田誠治さん→ストリングの動き、ベース、メロディライン

作詞だと、秋元康さんや畑亜貴さんなどが有名でしょうか。いつも特徴的で素晴らしい歌詞を書きますよね。

似てると言われないのは、あえてそう思わせないようにしているから

一方で、「えー!この曲とあの曲、作っている人同じなの?!」と言われる人がいるのも事実です。

僕が考えるに、こう言われる人は、天才でも器用でもなく、単純にそう思わせる必要があるからでしょう。

簡単に言うと、「表現の自由さ」が一つの線引きになるのです。

中田ヤスタカさんも亀田誠治さんも、自分の世界観で自分を自由に表現することができます。

しかし、俳優さんのように、誰かの作品の中で自分以外の誰かを演じる人は、誰かの世界観で自分を表現する必要があります。

青森を代表するスーパースター、松山ケンイチさんなんかは、作品ごとにカラーが全く違いますよね。

「え!あれも松ケンなの?!」みたいな。

みんな大好きEXILEを例に説明します

みんな大好きEXILE!僕も好きですよ。

よく「EXILEって似たような曲ばっかり歌ってるよな!」って言う人いません?

これは、先ほどの話を引き合いに出すと分かりやすく、

  • 作っている人が同じ
  • EXILEという世界感を表現している

の2つが要因です。

大ヒットソングである”Lovers Again”。

プロデューサーは松尾潔さんです。では、他にどんな曲に関わっているでしょうか?

  • Ti Amo
  • ふたつの唇

他のアーティストでは

  • 平井堅の”even if”
  • CHEMISTRYの”君を探してた”と”Point of No Return”

なんかがあります。

なんだか世界観が似てると思いませんか?

まとめ:似てることも似てないことも必然

「似てるからつまんない」の意見を解剖してきましたが、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

似てることは必然的であり、素晴らしいことなのです。

似てないことも必然的であり、素晴らしいことなのです。

表現する場が違えば、中田ヤスタカさんも亀田誠治さんも「っぽい」曲は作りません。プロですから、当然そのスキルはあります。

「なんか嫌い!」と盲目的になっている人に、理解して欲しいところです!

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

カテゴリー音楽ノウハウ

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!