妻が在宅ワークでイラストを描いて4万5000円稼いだ話

妻がフリーランス(個人事業主)になって早数ヶ月。

いきなり数十万円も稼げる訳もなく、事業内容がサイト運営(平たく言うとブログ)ということもあり、種まき(淡々と記事を執筆)の日々を過ごしていました。

僕も同じ道を通ってきたので、結果が出るまでに時間がかかること、簡単に稼げないことはよく理解していましたし、妻も理解した上で頑張っていましたが、芽が出るまでひたすら記事を書き続けるのはなかなか難しいもの。

妻もモチベーションを維持・向上するのが大変そうでした。

そんな姿を見かねて、「ここは心機一転、クラウドソーシングでもやってみたら?」と提案したところ、なんと!

初案件にして4万5000円の報酬を獲得!

これにはさすがに驚きましたね…(笑)

https://twitter.com/chef_moriawase/status/1023487824652197888

今回は、そんな妻の報酬獲得までの流れをご紹介するので、専業主婦(夫)だけどお金を稼ぎたい、在宅ワークでできる仕事を探している…なんて方はぜひ参考にしてみてください!

なかなか依頼がこないココナラとワオミー

最初に「やってみたら?」と妻にすすめたクラウドソーシングサービスはココナラワオミーでした。

この2つを最初にすすめた理由は、一般的なクラウドソーシングサービスと違って「自分」が主体になれるので、とっつきやすいかなと思ったからです。

【在宅ワーク・副業】WoWme(ワオミー)で仕事をつくる!
東京での「超安定した生活」を捨てて、青森で「超不安定な生活」を送っているシェフで...
主婦の趣味を副業に!WoWme(ワオミー)でお金を稼ぐ方法!
「家事」や「子育て」の他に、「収入」や「働き方」まで気にしなければいけない主婦(...

ただ、出品したはいいものの肝心の依頼や問い合わせがなく、悩んだ末に王道のクラウドワークスランサーズをすすめたところ、嬉しいことにこれが大きな成果につながりました。

イラスト描いてお金もらえるの?

すぐに「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録した妻。

私のイラストでお金稼ぐのは無理だよ。。

と、ライターの仕事を探そうとしていたので、

いやいや、イラスト描けるスキルとかマジで貴重だから!

と、説得。

これね、僕も経験あるんですが、自分のスキル低く見積もり過ぎちゃうんですよね。。

フリーランスとしてホームページ作成でお金を稼げる…のか?
どうも、最近、パラダイムシフトが起こったシェフ(@chef_moriawase)...

それに、妻は毎日のようにイラスト描いてることもあって、サイト運営始めた頃(2年半前)に比べて格段にスキルアップしてましたから。

妻ならできると思っていたのは本音です。

「クラウドソーシングと言えばライター」みたいなところはありますが、単価的にはイラストの方に分がありますからね。

経験やスキルの有無ではなく「ニーズに応える」のが仕事

「自分に自信がない問題」をもう少し掘り下げると、仕事をする上で重要なのは「ニーズに応える」ことなので、誰にでもチャンスがあります。

すごくリアルな絵を描ける人でも、依頼相手が「デフォルメなイラスト」を求めていたら成り立たないですよね?

ですので、「自分のスキルなんかじゃ…」と諦めずに、まずは挑戦してみてください。

あなたができることを求めている人は必ずいます。

ランサーズを選んだ理由

あ、そうそう。

初報酬がランサーズだったわけですが、実は、他の案件もランサーズでしか探していないそうです。

  • 使い勝手が良い(感覚的なものらしいです)
  • 案件が豊富(イラストに関してはランサーズの方が案件が多かったとのこと)

というのが主な理由のようで。

ここら辺はタイミングや個人差があると思うので、ご参考までに。

関連リンクランサーズ公式サイト

初案件でコンペ当選!

クラウドソーシングには仕事の種類がいくつかあるんですが、妻がやっていたのはコンペ(コンペティション)です。

採用されたら報酬あり、採用されなかったら報酬なし…という割とシビアなタイプの仕事なので、初心者向きではないと思っていたんですが、プレッシャーを感じずにのびのびできるのが逆に良かったみたいで。

(案件によっては参加報酬がもらえる場合もあります)

で、初めて参加したコンペで見事当選!という感じですね。

今もコンペ中心にやっているみたいですが、ストアやスカウトなど他にも良いやり方があるそうなので、柔軟に取り組むのが良さそうです:D

まとめ

「すすめられたし、試しにやってみようかな」

始めるきっかけなんて、こんなもんでいいんですよ。

それで月1万円でも稼げたら貴重な副収入になりますし、それが本業になる可能性だってあります。

クラウドソーシングサービスはたくさんありますが、

まずはここら辺から始めるのが間違いないです。

気になっているなら早速登録してみてくださいね:)

カテゴリー

この記事を書いた人:シェフ

このサイト「MORIAWASE」の運営者。少しでも多くの人の悩みや不安を解決するためにハウツー記事を中心に更新しています。お問い合わせはページ下部のお問い合わせページから。フォローやシェアは大歓迎です!