フリーランス発行の請求書・領収書に住所や名前の記載は必要?

フリーランスとして活動するにあたり、多くの方は、必要最低限の個人情報を開示すると思いますが、中には、「個人情報を一切開示せずに活動したい」という方もいると思います。

例えば、インターネットビジネスは、その代表例でしょう。実際、僕も当サイトでは個人情報を開示していません。

ただ、いくらインターネット上でできるビジネスだとしても、請求書や領収書を発行する場合は、「名前や住所を必ず表記しなければいけない」と、普通は思いますよね?

ビジネスにおける当然のマナーであると共に、法律的にも表記が義務付けられている…と。それが一般的な認識だと思います。

しかし、「まぁ、普通そうだよね」と、片付けてしまっては面白くないので、今回、その辺について、「税務署」に確認してきました。

請求書や領収書への住所と個人名の記載は必須ではない

まず、結論から言うと、請求書や領収書に、住所と個人名を記載しなくても問題ないとのことです。そういった法律や義務もないようです。

これは、住所を登録しなくても使えて、個人名ではなく屋号を登録すればOKというfreeeのシステムからも読み取れますね。

つまり、

  • フリーランス(個人事業主)だけど、自宅で勤務しているから、極力住所は教えたくない
  • 住所もそうだけど、できれば名前も教えたくない

なんてことが可能なので、最初から最後まで匿名で取引することができます。

アパートで一人暮らしをしながらフリーランスとして活動している女性などは、かなり安心感があるのではないでしょうか?

屋号は記載した方が良い

ただ、個人名を記載しない場合は、屋号を記載した方が良いです。クラウド会計ソフトも、屋号か個人名の入力は必須です。

というか、請求書・領収書に、屋号も住所も個人名もなければ、取引の関係性が証明できませんからね。最低限の情報として屋号は記載しましょう。

屋号なしで開業届を提出した場合

ちなみに、屋号なしで開業届を提出した方も、書類を提出せずに屋号を掲げる(屋号をつける)ことができます。

「よし、今から、〇〇のシェフと名乗ろう!」ということが可能だということですね。屋号はそこまで重要なものではないので、特に不思議なことではないと思います。

屋号を途中で変更した場合

また、屋号にはそういった性質があるので、

  • 複数の屋号をつけたり
  • コロコロ屋号を変えたり

ということも可能です。結局、確定申告(青色申告)の時に重要なのは「個人名」なので。

つまり、極端に言えば、下記のようなケースでも問題ないということです。

  1. 屋号を記載せずに開業届を提出
  2. 屋号だけで取引
  3. 確定申告(青色申告)の時に、屋号を記載せずに申告

ただ、当然ですが、極力、屋号は変更しない方が良いとのことでした。住所と個人名を開示しない分、こだわりを持って屋号を掲げましょう。

複数の屋号で取引した場合

また、複数の屋号で取引をした場合、申告書・決算書に複数の屋号を記載しても良いそうです。これは初耳でした。

つまり、

  1. 株式会社ABCとは「あいうえお」という屋号で取引
  2. 株式会社DEFとは「かきくけこ」という屋号で取引
  3. 株式会社GHIとは「さしすせそ」という屋号で取引
  4. 確定申告(青色申告)の時、屋号の欄に「あいうえお かきくけこ さしすせそ」と記載

でも問題ないということです。

本名を開示せずに振り込んでもらう方法

「個人情報を開示せずにビジネスをしても、振込先でわかっちゃうよね?」と思った方もいると思いますが、実は、いくつか選択肢があります。

  • ゆうちょ銀行(振替口座)
  • 電子決済サービス(PayPalなど)
  • ジャパンネット銀行(※ATMで振り込む場合、口座名義の確認機能を使うと個人名が表示されます)

などが、その主な選択肢ですね。楽天銀行など、その他の銀行は、屋号のみで口座開設できません。

まとめ

一般的には「名前も住所もわからない相手と取引するのは怖い」と考える方が多いはずですが、クラウドソーシングなんかは匿名で取引可能なわけなので、割り切って考えても良いかもしれません。

また、請求書や領収書は、今回ご紹介した通り、個人情報を記載しなくても問題ありませんが、ビジネスの種類によっては、住所や個人名を開示しなければいけないので、そこら辺はご確認いただければと思います。

以上、ご参考までに!

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 転職サイト・転職エージェント・ハローワーク、おすすめは?

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!