MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

「介護業界はキツイ…」をなくし、働きやすい環境づくりを。

      2016/03/20

image

 

今日は、介護関連のニュースが目立ったなぁ。

厚生労働省は2016年春に特別養護老人ホームを借りた建物で運営することを認める方針だ。これまでは運営主の社会福祉法人が建物をもつ必要があったが、高齢者が増える東京都など都市部に限って規制を緩める。地主が特養を建てて丸ごと社福法人に賃貸する仕組みを認め、増設を促す。

特養、都市部で増設促す  厚労省方針、賃貸物件も認める 「介護離職ゼロ」へ対策

 

介護業界は本当に大変

超高齢社会の日本ですが、介護業界は本当に大変です。

  • 老人が老人を介護する「老老介護」
  • ストレスによる施設利用者への暴力
  • 人材不足によるサービス力の低下

…問題は山ほどあります。

 

eigyouman-3

「高齢化社会だから、介護施設作ったら儲かるかも!」

 

と、異業種から参入してきた企業も、認識の甘さから撤退してますよ。

そこに飛び込んできたのが、賃貸物件で介護施設を運営出来るという嬉しいニュース。

安倍政権の支持率が、また回復するんじゃないですかね。

 

新規参入する企業への不安

懸念されるのは、「賃貸物件で運営出来るし、試しにやってみるか!」という企業が増えることです。

介護離職を0にしても、施設利用者へのサービスが悪ければ意味がないですからね。

ニチイ・ベネッセ・ツクイなど、大手企業のサービスは本当に良いんですよ。

施設もキレイだし、職員の対応もしっかりしてる。

 

一方、規模が小さい企業に関しては、人手不足が慢性化していてサービス力が弱い企業が多い印象です。

良いサービスを提供している企業もたくさんありますけどね。

 

介護ロボットの開発も進んでいますが、そもそも人がいなければ意味がありません。

そのことを大手企業は重々承知しているので、人件費を惜しみません。

 

しかし、規模が小さい企業は体力がないので、しわ寄せがスタッフにいきます。

簡単な仕事ではないのに低賃金。

その上、イメージの悪さから新しい人が入ってこない。

これをなんとかしたいですよね。

 

スタッフが働きやすい環境づくりも大切

首都圏はまだ良い方ですが、地方はもっと大変ですよ。

なぜなら、求人が買い手市場だから。

求人倍率が1.0を下回っているので仕事選びの選択肢が少ないのです。

 

  • 仕事がないから介護業界で働いている
  • 低賃金でキツイけど、他に仕事がないから辞めれない

…こんな人、たくさんいますよね。

 

  • 施設に入居出来ない利用者をなくす
  • 介護の為に会社を離職する人を0にする

のも大切ですが、スタッフが働きやすい環境づくりも頑張って欲しいです。

 

そして、本当の意味での改善を目指す為にも、今回の施策でたくさんデータを集めて欲しいですね。

地方にも良い影響があればいいなぁ。

 - ニュース考察