MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

直帰率(離脱率)を下げて回遊率を上げるための簡単な方法。

      2016/03/23

サイト運営をしていると気になるのはPV(ページビュー)です。

そのページビューを上げるためには、何をすればいいのでしょうか?

重要なのはユーザーが求めるコンテンツを提供していることです。

これは当然です。

しかし、それと同時にやりたいこと。

それは、直帰率(離脱率)を下げて、回遊率を上げることです。

 

平均的な離脱率ってどのくらいなの?

あなたのサイトに訪れるユーザーの離脱率はどのくらいでしょうか?

平均的なデータと比較してみましょう。

 

  • コンテンツウェブサイト : 40〜60%
  • リードジェネレーション : 30〜50%
  • ブログ : 70〜98%
  • 小売りサイト : 20〜40%
  • ランディングページ : 70〜90%

直帰率を下げる基本的な施策とは?

 

いかがでしょうか?

ちなみに僕のサイトは70%でした。

ブログ形式なので、だいたい平均的なサイトということになります。

 

しかし!

もっと直帰率を下げることも可能なはずです。

そこで、直帰率を下げるために動いてみました。

 

直帰率を下げるためには何をすればいいの?

さて、直帰率を下げるためには何をすればいいのでしょうか?

魅力的なコンテンツを提供していることを前提とすると、その他にやるべきことは「ストレスフリー」なサイトにすることです。

まだ、レスポンシブデザインにしてなければ、まずはそこからでしょう。

 

しかし、無料のワードプレスでもレスポンシブデザインの採用は当たり前になっています。

ということは、それ以外の施策も考えなければなりません。

改めて自分のサイトを見て、そして、妻から助言をもらって、改善点が見えてきました。

 

人気記事を表示するプラグインは必須

実は、シンプルなサイトにしたいがために、最近まで人気記事のプラグインは導入していませんでした。

しかし、口コミで評価される時代、行列の出来るお店が好まれる時代、それはナンセンスだと気付きました。

ざっくり言っちゃえば大衆効果ってやつですね。

 

そういえば僕も、新しいサイトに出会った時は、人気記事を気にしていた気がします。

そして、このプラグインですが、サイトを立ち上げた時に導入するべきでした。

なぜなら、アクセス数が蓄積されないから。

すごくもったいないですよね。

 

また、人気記事表示のプラグインですが、その日の人気記事を表示することにしました。

その理由ですが、嬉しいことに、ニッチなワードではあるものの、検索上位に表示される記事がいくつか生まれたからです。

そうすると、全期間で人気記事へのアクセス数を集計していた場合、似たようなランキングになってしまいますよね。

 

検索エンジンからコンスタントに流入してくるのに、人気記事の上位はそれと同じ記事。

であれば、

 

eigyouman-1

「へぇ、このサイトはこんな記事もあるのか」

 

と興味を持ってもらう方がいいと考えました。

ちなみに、人気記事を表示するプラグインは「Wordpress Popular Posts」というプラグインです。

まだ導入されていない方は、コピペして検索してみてください。

 

次の記事、前の記事への導線を分かりやすく

これが今回力を入れたカスタマイズです。

特に気にしていなかったのですが、前後の記事への導線って分かりやすくしないといけないですよね。

僕は、STINGER5(スティンガー5)の愛用者なのですが、改良の余地はないのかユーザー目線でサイトを回遊してみました。

すると、前後の記事への導線が分かりずらいことに気づいたんです。

 

デフォルトでは記事の一番後ろにページナビが表示されています。

kaiyuuritsu-up-3

 

ご覧のように、パソコン表示時はフッターのすぐ上です。

スマホ表示時でも、けっこう後ろの方にあります。

これは、最新のSTINGER7でも同じようですね。

考えがあってのこの位置なはずなので、特に問題なければデフォルトのまま使用しても良いでしょう。

 

hito

「直帰率を下げる良い方法はないかしら?」

 

eigyouman-2

「デフォルトのデザインから変えてみたいなぁ」

 

という方に参考にして欲しいと思っています。

ちなみに、他のテーマを使用している方もこのカスタマイズはできます

今回のカスタマイズでは、このようなデザインにしました。

kaiyuuritsu-up-4

 

では、具体的なカスタマイズ内容を解説してみます。

 

カスタマイズの流れ

具体的な流れは下記の通り。

  1. 位置をもう少し上の方にする
  2. 画像をセットで表示する
  3. 目立つようにデザインを調整する

参考にしたサイトはこちら→【WordPress】前の記事・次の記事にサムネイル画像を表示する

 

本家さんとの主な違いは

  • デザインをガラッと変えた
  • 一番新しい投稿記事にはホームへの導線を置かない
  • カスタマイズしやすいようにaタグをdivで囲った

です。

 

参考にしたのはHTMLのコードだけなので、デザインは特に違うかもしれません。

ほぼコピペでOKなので、バックアップを取ってからお試しください。

 

HTMLコード

single.phpの中にある下記のコードを

 

こちらのコードへ差し替えます。

 

分かりやすいように「関連記事」と「コメント」のコードも載せました。

次にcssのカスタマイズです。

 

cssコード

 

これで先ほどのページナビになります。

改めて画面を確認してみましょう。

kaiyuuritsu-up-5

 

いかがでしょうか?

コメントが多いサイトであれば、コメントとページナビの順番を変えてもいいかなと思います。

 

期待されるユーザーの行動としては、

  1. 記事を見る
  2. シェアをする
  3. 前後の記事を見る

です。

 

関連記事や新規投稿の記事は数が多いので、ユーザーが迷ってしまうのではないかと考えました。

10記事から1つを選ぶよりも、2記事から1つを選ぶ方がハードルが低いはずです。

ハードルが低いということは、ストレスフリーでユーザビリティが良いはずです。

 

直帰率が高くて悩んでいるそこのあなた。

ぜひお試しください。

 - WordPress・カスタマイズ