MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

高齢者雇ってくれたから助成金あげる!定年退職させないで!

      2016/03/26

koureisha-koyou

 

定年後の移住ではなく、移住したい時に移住するべきだ」という記事を書きましたが…

今日のニュースを見て改めてそう思いましたね。

政府は4月にも、高齢者雇用に積極的な起業家を支援する助成制度をつくる。60歳以上で起業した事業主を対象に、60歳以上の高齢者を複数雇えば必要な経費に対し200万円を上限に助成する。安倍晋三首相が掲げる「一億総活躍社会」実現に向けた政策の一環で、起業の際に高齢者の雇用を後押しする狙いだ。

高齢者雇用で起業家に助成 定年引き上げ支援も拡大

 

高齢者の雇用を促すシステムが怖い

ojiisan

「走り抜けてきた人生。晴耕雨読の余生も悪くないなぁ」

 

obaasan

「地方に移住して農作物を作りながらのんびりと暮らしたいわぁ」

 

このように、定年退職を人生の最後の区切りにしている方も多いのではないでしょうか?

でも、定年を引き上げ、高齢者を積極的に雇用している企業に支給している助成金があるぐらいですよ?

今後、社会全体にそういう風潮が広がれば、怖いと思うんですよね。

 

高年齢者雇用安定助成金の緩和

どんどん定年が引きあがりますよ。

このほか政府は4月にも、高齢者雇用に積極的な企業に支給している高年齢者雇用安定助成金の要件を緩和する。定年を70歳以上に引き上げた企業に限り支給してきたが、66歳以上に引き上げれば支給できるよう改め、対象を拡大する。1000万円を上限に、定年引き上げに伴う社内システム更新などにかかる経費の3分の2を助成する。

高齢者雇用で起業家に助成 定年引き上げ支援も拡大

 

辞め時が分からない

高齢化社会なので、雇用ターゲットが高齢者に向かうのも当然です。

元気な高齢者多いですもんね。

でも、辞め時が分からなくなりませんか?

今後も助成金の支給額が高くなれば、

 

eigyouman-3

「もう少し東京で消耗しないか?」

 

という人事も増えるだろうし、

 

ojiisan

「まだ働けるし、もう少し働くかぁ」

 

という人が増えれば、他の人もなんとなく辞めづらくなると思うんですよね。

 

決断を早めにするべし

だからこそ、地方への移住や余生を満喫するための決断はできるだけ早めにするべきです。

でなければ、

 

hito

「定年後は地方でのんびりと?お前は何言ってるんだ」

 

なんて言われて辞めづらくなるかもしれませんよ。

東京でも地方でも、できることのバリエーションはそこまで変わりません。

 

定年まで地方でのんびり働いて、定年後は地方で晴耕雨読。

これが、これからのスタンダードです。

 - ニュース考察