わかりやすい伝え方・話し方のコツ。話し上手になろう!

先日のブログで「教育」について書きましたが、もう少し掘り下げてみます。

教える側が気を付けることとは何でしょうか?それは「愛をもってシンプルに教える」ことです。

怒ると叱るの違いについてもそうですが、愛があれば伝え方も変わります。

よく理解できるようにシンプルな教え方になります。みなさん意識していますか?

愛をもって教える

  • 後輩
  • 部下
  • 新人

など、教える相手は様々です。

厳しく教育する会社も多々あるかと思いますが、その厳しさの中にはありますか?

一方で、優しく教育する会社も多々あるかと思いますが、その優しさの中にはありますか?

勘違いしている人もいますが「優しい=愛がある」ではありません。

愛をもって教えるということは、その人の過去と未来にも影響を与えることです。

愛がない教育は、その人の現在(イマ)にしか影響を与えません。

例えば、何かミスした時。そのミスに対して注意をしますよね。

愛がないと、

hito

「ミスをするな!」

と、現在(イマ)のミスに対して注意をします。

しかし、愛があれば、

  • なぜ、そのミスをしたのか?←過去
  • ミスをしてはいけないぞ。←現在
  • どうすればミスをしなくなるか?←未来

と、ミスをした原因を考えます。

ミスをしたことに対する注意をし、今後のミスを未然に防ぐ為にどうすればいいかを考えます。

man-2

「俺はあいつに対して愛をもって怒っているぞ」

という方もいると思いますが、それが本人に伝わらなければ意味がありません。

多種多様な生き方ができる時代、その考えはリスキーだと思います。

マーカーだらけになっている教科書

教えるのが下手な人に共通するのが、シンプルに教えることができないということ。

「教えたいことが多すぎて、全部言っちゃう人」が多いですが、これはナンセンスです。

まず、教える側が気を付けることは「覚えなくていいものを教える」ことです。

つまり、絶対に覚えなくてはいけないことだけ教えることができるのです。

イメージしやすいのが学校の授業。

たくさん教えるということはマーカーだらけになっている教科書にしてしまうようなものです。周りにそういう教科書を持っている友達いませんでしたか?

要は、「ここは覚えてね」と上手にマーカーを引かせる教え方ができていれば良いんです。

しかし、教えるのが下手な人が多いので、たくさんマーカーを引かせてしまっているんですよ。

でも、ちょっと待ってください。

どれだけハードな仕事でも、レベルの高い仕事でも、覚えることはそんなに多くないですよね?

覚えることが多いと錯覚しているだけです。

10のことを知る為に1のことだけ覚える

居酒屋のホールスタッフ(新人)への教育を例に説明しましょう。

メニューを覚えて欲しい時、どんな説明がベストでしょう?

おそらく、

hito-1

「このメニューを全部覚えてね」という店が多いと思います。

しかし、お客さんが注文するメニューは限られてますよね?10組に1組の割合で頼むメニューもたくさんあるはずです。

であれば、まずはメニュー表を持たせるだけでいいんです。そうすることにより、

lady
「全てのメニューを覚えなくちゃいけないなぁ」という考えから、

hito-1

メニュー表を見れば分かるんだ!

というシンプルな考えになり、結果的にメニューを覚えるスピードが速くなります

これはつまり、「10のことを覚えなければいけない」状況ではなくなったんです。

「10のことを知る為に、1のことだけ覚えればいい」状況になったんです。10のキャパシティが1になったんです。

人間は賢いので、その内慣れます。しかも、覚えなくていいことが多いと余裕が生まれます。

だから、覚えるスピードが格段に上がります。心理的にも効果的ですよね。

愛をもってシンプルに教える。なかなか難しいですが、離職率が高い会社こそ意識して欲しいですね!

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

カテゴリービジネスノウハウ

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!