WordPressのwp-config.phpのMySQLホスト名を調べる方法。

   

ちょっと前に案内が届いていたエックスサーバーのサーバー簡単移行。やっと取り掛かることができて、2時間ほどで切り替えが完了しました。

今回は同じレンタルサーバーでのサーバー移行で、しかも、こちらでやることが確認作業くらいなので、ロリポップからエックスサーバーへの移行とは比べ物にならないほど簡単でした。

ただ、1つだけ問題があったのがwp-config.phpの修正作業。セキュリティ対策としてパーミッションを400にしているので、エックスサーバー側で書き込みができずにエラーが発生したようです。

エラー内容

今回置き換えできずにエラーログに記録されていたのは「DBホスト名」の箇所。

当初は、「サーバーのホスト名」かと思ったんですが、該当箇所を確認してみたところ、データベースのホスト名、つまり、「MySQLのホスト名」でした。

 

▼今回修正する箇所はwp-config.php内のDB_HOSTの右側の文字列。(〇〇の部分)

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_HOST', '〇〇');

 

▼下記は「移行元・移行先の操作」画面にあるサーバーのホスト名で、関係ない情報です。

ホスト名 sv1306.xserver.jp sv2311.xserver.jp

DB_HOSTの値を確認する方法

さて、そのDB_HOSTの値を確認する方法ですが、通常はサーバーパネルで確認できます。

エックスサーバーの場合は、サーバーパネル→データベース→MySQL設定と進み、

 

「MySQL〇〇 ホスト名」の右側に表示されています。

サーバー切り替え前に、新サーバーのDB_HOSTの値を確認する方法

ただ、先ほどの方法では、サーバーを切り替えていないと、新サーバーのMySQLホスト名を確認することができません。

その場合は、新しいサーバーのphpmyadminにログインすることで確認可能です。

他のレンタルサーバーの場合も基本的な手順は同じかもしれませんが、エックスサーバーの場合、インフォパネル→各種お申し込みの中の「新サーバー簡単移行」をクリック。

 

「移行元・移行先への操作」をクリック。

 

移行先のphpmyadminをクリック。(ログインIDとパスワードは同じです)

 

その後の画面の最上部に「サーバ:〇〇」と表示されていて、その〇〇がMySQLホスト名(DB_HOSTの値)になります。

同じサーバーで複数サイトを運営している場合

確認したところ、同じサーバーで複数サイトを運営している場合、MySQLホスト名はすべて同じになるので、確認するドメインは1つでOKです。

phpmyadminのログイン情報

phpmyadminのログイン情報は、WordPressのインストール時に設定したものですが、wp-config.phpから簡単に確認・変更できます。

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'root');
POINT

wp-config.phpは、自分のドメイン(当サイトの場合はmoriawase.net)→public_htmlの中にあります。

以上、ご参考までに!(`・ω・´)ゞ

カテゴリー WordPress豆知識

注目 【dマガジン】初回31日間無料で180誌以上の雑誌が読み放題!

注目 失敗なし!au・docomoからmineo(マイネオ)へのMNP方法!

注目 初めての就職・転職で失敗しないためのおすすめサービス一覧!

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人:

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!

コメントを残す

CAPTCHA