MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

妻が妊娠して初めてわかったことを父親目線で語ってみるぞ。

   

406840

 

この夏に子どもが生まれます。

結婚してから妊娠発覚するまで4ヶ月。

それから仕事を辞めて青森に移住して4ヶ月。

 

妊娠してからのこの8ヶ月はあっという間でしたね…!

いろいろと反省することもあったし、勉強になったこともありました。

そこで今回は、父親になる僕の目線で、妊娠中のあれこれを語ってみようと思います。

 

妊娠が発覚して

一度科学流産を経験し、夫婦で落ち込んでいたすぐ後のこと。

産婦人科のエコー検査で発覚しました。

あの時は本当に嬉しかったですね。

 

妻のお腹の中のすごーく小さい何か。

「これが赤ちゃんになるなんて…!」

人間はなんて神秘的な生き物なんだろうと思ったものです。

 

妊娠が発覚してからの妻はとても元気でしたね。

 

これがつわりなのか…!

妊娠が発覚してから1ヶ月後。

噂に聞く「つわり」がやってきました。

つわりがとても辛いということは知っていましたが、想像以上でしたね。

 

吐いて仕事に行って、仕事に行ってから吐いて、帰ってきてから吐いて、寝る前に吐いて。

このつらさをどう形容しようかと考えていたら、お酒好きの妊婦さんからこんな言葉が。

 

hito-4

「つわり?あぁ、ずーっとひどい二日酔いになっている感じだよ」

 

…マジで?

もうお酒は飲まないから…二度とお酒が飲めない体になってもいいから…神様助けてください…!

と言ってしまう二日酔いと同じレベル?

どんだけハードモードなの?

 

毎日ひどい二日酔いで、気を使いながら生活して、激痛に耐えて出産する。

男尊女卑とか、マジでふざけた話だよな。

 

hito

「家事や料理は女性がするもんだろ!」

 

というのは、本当に危険な考えだと思うので、改めた方がいいかもしれませんよ。

 

分娩の予約早すぎない?

出産する半年前くらいに予約するもんだと思ってたんですが…

妊娠発覚した直後に「んじゃ予約する?」って聞かれてびっくりしました。

まぁこれは、東京あるあるなんでしょうね。

 

産婦人科(と先生)がめちゃくちゃ少なくて早めに予約しなければいけないんですよ。

 

shikajoshu-2

「9ヶ月先まで予約が埋まっているんですが、予約して大丈夫ですか?」

 

chihou-tsunagari-1

「あ、えっと青森で産もうと思っているんですが…」

 

shikajoshu-2

「そうですか。どちらで産むか早めに決めていただかないと困るので、来週までに返事くださいね」

 

chihou-tsunagari-1「あ、はい。わかりました」

 

みたいな会話をした記憶があります。

人口が集中している東京。

保育園もそうだけど、産婦人科も少ないんです。

 

ちなみに、青森の病院(産婦人科)は「いつでも分娩OK♪」みたいなテンションでした。

 

赤ちゃんはいつからお腹を蹴るの?

これが一番びっくりしたこと。

今までずっと「予定日の1ヶ月前くらいから蹴るようになる」と思ってました。

…いや、けっこう序盤から蹴ってるんだけどー!

 

だいたい5ヶ月目に突入したあたりですね。

エコーで成長ぶりは確認していたものの、こんなに早くからお腹を蹴るなんて想定外でした。

外から触ってもわかるんですよ!

 

お金(費用)はどのくらいかかるの?

「出産の時に40〜50万円くらい必要で、その後そのお金が戻ってくる」という話は有名ですが、その他にもお金はかかります。

  • エコーの検査
  • 定期健診
  • タクシー代(つわりがひどい時)

など。

 

これまでの8ヶ月でかかったお金は6万円くらい。

出産までに50〜60万円くらい必要になる計算ですね。

純粋な出費は10万円くらいになるのかな?

 

まとめ:これからは男性が協力してこその育児だ!

妻が妊娠して改めて気づかされました。

心の底から育児に協力する必要があるなと。

男性が支えるとか、男性に支えてもらうとか、一家の大黒柱とか、そういうもんじゃない気がする。

 

なんだろう?

協力型社会って感じ?

自分のやりたいこと(仕事)と育児を両立する道がないわけじゃないし、何かを犠牲にする必要もない。

地方ののんびりとした空気で育児ができて、行政のサポートや親のサポートも受けることができる。

 

hito-2

「夫婦二人だけで子育てするの素敵…!」

 

hito

「親のサポート受けるとか恥ずかしいなぁ…」

 

なんて考えは一切なし。

頼れることはバンバン頼って、頑張らないことは全力で頑張らない。

介護と保育の相互補完のように、何かを組み合わせる力も今後必要になる気がする。

 

次世代の人間が次世代のことをやらなきゃつまんないですからね!

子どもが欲しい男性、父親になる方に参考にしていただければ嬉しいですね!

 

妊娠中の絵日記はこちら

妊娠発覚!

 - 子育て日記