好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

アマゾンは一体どこまでサービスを展開するのか?次は写真。

      2016/05/28

動画・音楽に続き、次は写真まで。アマゾンちょっと落ち着いて。

プライムフォトが開始したよ

prime-photos-1

「もともと写真をクラウドで管理できるサービスなかったっけ?」と思ったら、今までは5GBまでだったんですね。

これからは、プライム会員であれば無制限で写真をクラウドで管理できるらしい。アマゾンはどうしたの?

 

写真をたくさん撮ってもらって、

「もっと良い写真を撮りたいなら、この一眼レフカメラがおすすめだよ。」

「この良い写真を大画面のテレビで見たくないかい?これなんかどうだい?」

とかやりたいのかな?

容量の多いスマホなんていらないよね

Dropboxを始め、GoogleやAppleも同じようなサービスを提供していますが、もはやスマホは容量で選ぶ時代じゃないですよね。

サイズが大きくなるのが嫌で、昔から32GBの容量のスマホを使っていますが、ここ数年は16GB一択です。

 

だって、音楽も動画も写真も出し入れ自由じゃないですか。

必要な時に必要な分だけ持ち運べばいいんですよ。

そもそも、ストリーミング配信が充実しているから、持ち運びする機会自体減っているんですけどね。

アマゾンの姿勢こそ、より良いサービスを作るために必要だと思う

これが競争社会のあるべき姿ですよね。みんなで仲良く手を取り合ってビジネスしてる場合じゃないんですよ。

Amazonが無制限で写真をクラウドにアップできるようになったので、他の企業もさらに負けないように頑張るんです。

  • Dropboxも、無料で無制限のデータが管理できるようになるかもしれない
  • Appleも、980円でApple Musicと容量無制限のiCloud Driveが利用できるかもしれない

そうやって切磋琢磨すればいいんですよ。マネタイズの方法もアップグレードするはずだし。

アマゾンの次の一手は何か?

  • 音楽
  • 動画
  • 写真

次の一手は何でしょうか?

ライフスタイルサービスとの親和性が高いので、

  • ブッキングドットコムと資本提携して旅行サービスに参入するとか?
  • アマゾン銀行として、ネット銀行市場に参入するとか?

Amazonほどのプラットフォームであれば、どんなサービスも展開できるはずなので、独占禁止法で訴えられない程度に頑張ってください。

プライムフォトのご利用はこちらから→https://www.amazon.co.jp/clouddrive/primephotos/ref=prime_yp_photo

カテゴリー ニュース考察

注目 会計ソフト「MFクラウド確定申告・経理」の使い方を徹底解説!

注目 初めての就職・転職で失敗しないためのおすすめサービス一覧!

注目 クラウド会計ソフト「freee」の使い方とスマホでの操作方法!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人:シェフ

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!

閉じる

CLOSE

アーカイブ

CLOSE