Schemaマークアップ(構造化データ)エラーはSEOに不利?

ちょっと前に、自作のWordPressテーマの見直しをしたんですが、その時に構造化データでエラーが発生していることに気が付きました。

サーチコンソールにはエラーの報告がなかったので気づかなかったんですが、構造化データテストツールではエラーが表示されていたんです。

脱SEOプラグイン!と、All in One SEO Packの主要機能をテーマ内に実装しているんですが、その中の1つが、上記の構造化データ、Scheme.orgのマークアップで、そこでエラーが発生していたようです。

そこで、どうやってエラーを修正すればいいのか調べたところ、色々とわかったことがあったので、まとめてみます。

エラーは無視してOK?

まず、この構造化データのエラーは無視してOKのようです。

構造化データのエラーが、Googleのクロールやインデックス、ランキングに悪影響を与えることは通常はありません。そのまま放置して無視してかまいません。

引用:構造化データに意味不明のエラー出る。

よく考えると、All in One SEO Packの「Schema.orgのマークアップを使用」にチェックを入れた場合、デフォルトでエラーが発生するので、無視してOKというのは納得です。

All in One SEO Packは、

  1. 記事→Article
  2. それ以外のページ→WebSite

と、それぞれhtmlタグにitemtypeを付与するので、記事の場合、どうしても「〇〇の値が必須です」というエラーが表示されますからね。

そのエラーを修正するためにはHTMLを修正しなければいけないので、多くのサイトが構造化データエラーの状態と言っても過言ではないでしょう。

SEOに不利?

先述の通り、エラーが発生してSEOで不利になるのであれば、SEOプラグインにそもそもそんな設定を用意しないはずなので、悪影響はないはずです。(将来的にはどうかわかりませんが)

当サイトも、ずっと構造化データエラー状態で運営していましたし、執筆時点でもエラーが発生していますが、それが検索順位に直接影響を与えているとは到底思えません。

逆に、エラーをいくつか修正しましたが、それがきっかけで検索順位が上がったという事実もありません。

そういったこともあり、エラーの修正方法がわからなければ無視するのがベターですし、躍起になって解決するものでもないと思います。

構造化データの修正方法

  1. 構造化データテストツールで自分のサイトの記事をチェックする
  2. 「〇〇フィールドの値は必須です」の部分を追加でマークアップする

という流れで修正にあたりますが、実は、itemtypeの値によってマークアップの仕方が違うので、一概に「これで解決!」とは言えません。

ですので、共通の解決策は、構造化データ マークアップ支援ツールの活用になるでしょうか。構造化データがよくわからなくても直感的に使えると思います。

まとめ

膨大なアクセス数を誇る人気サイトでも、エラーを放置していたり、そもそも構造化データを使っていなかったりするので、本当に気にしなくてもいいと思います。

最近は、検索順位の大変動もよくあるみたいですからね。何が原因かを冷静に考えるのも良いかもしれません。

以上、ご参考までに!

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 転職サイト・転職エージェント・ハローワーク、おすすめは?

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

カテゴリーWordPress豆知識

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!