「編曲→作曲→作詞」で作っている曲(インスト曲)を公開!

どうも、編曲先行型で曲を作ることが多いシェフです。ポケモンGOの最初のポケモンは「フシギダネ」を選びました(どうでもいい)

ちょうど、「曲を作るなら編曲先行型がいいよ」という記事を書いたので、僕が編曲した曲(インスト)を公開してみます。

これが制作中の曲だっ!

こんな感じの曲作ってます。一応編曲は落ち着きましたが、ボーカル録音した後で微調整すると思います。

このように、先にトラックを作り、後で作曲・作詞する(メロディや歌詞を考える)のがこの前記事にした「編曲先行型」ってやつです。

ちなみに、ここで終わりにすればインスト曲(主旋律や歌詞がない曲)になります。ここまで完成させてストックしちゃう…というDTMerもいます(僕のこと)

作曲・作詞で科学反応を楽しむ

で、ここから何をするのかというと、インスト曲を制作しているわけではないので、もちろん作曲・作詞をします。

自分が編曲した曲なので、完全にフラットな感覚…というわけにはいきませんが、世界観をあえて決めていないので、ここからどうにでもなる感じですね。

  • アップテンポなメロディにもできるし
  • ダークな歌詞にもできるし
  • ラップすることもできるし

科学反応を楽しむことができます。今のところはスタッカート気味なメロディラインになるかな〜という感じです。

役割分担がハッキリしていることも

また、作詞・作曲・編曲を別々の人が担当することもあります。僕は複数人で曲を作るのが好きではないんですが…笑

僕がフリーランスとして活動していた時は、トラックメイキングを任せられることが多かったですね。要はアレンジャー(編曲家)です。

  1. ショートバージョンのインストを作る(イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→間奏)
  2. それを送って作曲してもらう(歌を録音してもらう)
  3. ボーカルのデータを受け取ってミックスする

みたいなのは、よくありました。作曲メインの人とかはやっぱり、キャッチーなメロディをすぐ作るんですよね。あれはすごかった。

そして、「弱みを無視して強みを伸ばす」みたいな話にもなりますが、プロにも極端な人はいましたね。

  • 作曲はできるけど、編曲ができない人
  • 編曲はできるけど、作曲ができない人
  • 作詞しかできない人

みたいな。「僕、作曲苦手なんだよね〜」みたいなプロミュージシャンは割と多い気がします。もちろん、素人レベルとかではないですよ。

完成曲をお楽しみに!

いつものように、完成したらTuneCore(チューンコア)で配信する予定です。これで第4弾シングルになりますね。

どんなメロディになるのか、どんな歌詞になるのか、正直僕にもわかりませんが、ご期待いただければ嬉しいです。(本当はテーマ決まってるけどねっ!)

娘が生まれてから初めての録音…波乱の予感しかしないぜ…!パパ頑張る!

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

カテゴリー自作曲

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!