MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

出産後の手続きで必要なもの・書類って何?出生届と印鑑だけ?

      2016/06/16

shussango-tetsuzuki

「ハァ…面倒だなぁ。なんでわざわざ行かなきゃいけないんだよ」

…あ、すみません。つい心の声が出てしまいました。これから、先日生まれた娘のために町役場に行ってくるんですよ。

でも、僕はこういう手続き、大っ嫌いなんです!娘よ、パパは手続きが大っ嫌いなんだ!

必要な手続き

まぁ、そんなワガママが通用することもなく、急いで役場に向かうことに。なんでも、出生届はすぐに提出しなければいけないんですって。

でも、ちょっと待てよ。他に必要な手続きとかないのか?できれば、一回で終わらせたいから、ちょっと調べてみよう。

…ふむ。他にも必要な手続きあるじゃないか!危うく時間を無駄にするところだった。

 

必要な手続きは下記の3点。

  1. 出生届提出
  2. 娘の健康保険証の発行依頼
  3. 児童手当給付の申請

それぞれ必要な書類とかあるみたい。

これがあればOK?必要なもの(書類)まとめ

「手続きごとに必要な書類をわけるのも面倒だなぁ…」と思ったので、とりあえず必要なものをカバンに入れることにしました。

  1. 出生届(記入済み)
  2. 印鑑
  3. 通帳(児童手当を振り込んでもらう銀行の通帳)
  4. 母子手帳
  5. 身分証(運転免許証など)
  6. 僕と妻、2人分のマイナンバーカード(通知カードでもOK)

あとは…「所得証明書」なる書類が必要みたいだけど、これは役場で取り寄せることができるそうです。

妻よ。僕は役場に行ってくるぞ。娘を頼みます。

.

.

.

さて、役場に到着しました。職員に声をかけて、指示を仰ぎます。まずは、出生届の提出とのこと。

ふふふ…書類は完璧ですよ!(ドヤァ)

.

.

.

hito-4

「ココとココとココと…チェックついてあるところ修正してくださいね♪」

chihou-tsunagari-1

「あ…はい」

たちまち書類が赤くなりました。調子乗ってすみません。

児童手当給付の手続き

さて、次は「児童手当給付の申請」と、「娘の健康保険証の発行依頼」をすることになりました。

同時進行だったので、どっちの手続きをしているかわかりませんでしたが、書類の不備はなさそうです。

…ん?所得証明書?あぁ、それは役場で発行できるんですよね?お願いs…え?できないの?

 

なんでも、その年の1月1日の時点で住んでいた場所の役場(市役所)でなければ発行できないみたいなんです。

あぁ…そういうことか…僕は1月2日以降に転入届を青森の役場に提出したので、1月1日の時点では都民だったことになります。

んじゃ、青森の役場から大田区役所に連絡してもらって…って、それも無理か。わかりました、自分で手続きしますよ。

※ちなみに、僕と妻2人分の所得証明書が必要とのことでした。

所得証明書(課税証明書)を郵送してもらう

早速、大田区役所に電話し、どうすればいいのか聞いてみました。僕が面倒なケースだったみたいで、少しばかりたらい回しに…笑

  1. 昨年の12月末に大田区役所に転出届けを提出
  2. 翌年(今年)の1月2日以降に青森の役場に転入届けを提出

青森の役場からは「大田区役所でもらって」と言われ、大田区役所からは「青森でもらって」と言われてしまいました。

結局、このケースは大田区役所から取り寄せることになるそうです。早く電話切りたい…

 

そして、次の問題は、「どの年度の所得証明書をもらうか」について。これも、ちょっと面倒でした。

hito-3

「どの年度の所得証明書が必要ですか?」

chihou-tsunagari-1

「えーっと、児童手当給付の申請に、どの年度のものが必要かわからないんですが…」

hito-3

「…?」

いやいや、それは東京でも地方でも同じだと思うんですが…質問されても困っちゃいます。

結局、4回くらい担当者が変わって、最終的に課税課の職員が登場。若干呆れられながら、「27年度(昨年度)の所得証明書が必要だ」と言われました。

※1年間の親の所得(この場合は、僕と妻の所得)がわかるものが必要なので、まだ終わっていない今年度の証明書ではなく、昨年度の証明書が必要だという認識でいいと思います。

(大田区役所の職員のみなさん、親切に対応してくれてありがとうございました!)

所得証明書(課税証明書)の発行・郵送に必要なもの

郵送の手続きも若干面倒で、必要な書類がいくつかありました。面倒ごとばかり…笑

  1. 申請書
  2. 定額小為替(手数料:300円)
  3. 返信用の封筒

※僕と妻の所得証明書を郵送してもらうので、このセットを2つ用意しました。

※大田区役所から申請書を取り寄せる方は、こちらからダウンロードできます→申請書

 

郵送してもらうまでの手順はこうなります。

  1. 申請書を印刷し、記入する
  2. 定額小為替を最寄りの郵便局で購入する
  3. 返信用の封筒に自分の住所と名前を記入し、82円切手を貼る
  4. 1〜3までを封筒に入れ、82円切手を貼って大田区役所へ郵送する

これは、他の市役所や区役所、町役場でも同様の手順になると思います。ご参考までに。

まとめ

あとは、所得証明書が届き次第、役場に行って渡すだけですね。

いやー、疲れましたよ。せっかくマイナンバーがあるんだから、便利なシステムを作って欲しいですね、まったく。

これから、定期健診や予防接種なんかもあるみたいなので、娘(天使)のためにパパ頑張ります。

 

以上、子どもが生まれてからやることをまとめてみました。出産祝い金が出る会社や自治体もあるので、そちらも要確認ですね。

初めての出産でお困りのパパママに参考にしていただければ嬉しいです!

【こちらの記事もおすすめです!】

立会い出産(初産)を初めて体験した感想。妻は出産の天才だ。

生後1日目の赤ちゃんと面会。母乳飲んでおしっこしたよ!

おすすめチャイルドシートと取り付け方【新生児〜6歳対応】

一重と二重は血液型と同じパターンで赤ちゃんに遺伝するぞ!

 - 子育て日記

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします