ヤクルト + 薬 = ?。薬嫌いの子どもでも飲んでくれる飲み物が完成

育児日記 By シェフ

昔は割と素直に飲んでくれましたが、オレンジ味の薬を飲んだ頃あたりから急激に薬を嫌がるようになりました。

「ぎゃーーー!!」

「嫌だーーー!!」

普通の泣き声でさえ耳を塞ぎたくなるくらいボリュームが大きいですが、薬を嫌がる時の泣き声は比にならないくらいうるさいですよね。。

でも、一度や二度ならまだしも、「じゃあ薬飲まないで治そうか」なんて言えないので、最終的に半ば強引に飲ませて、でも上手く飲めずにこぼれて、その後に強烈な罪悪感に苛まれて…って展開になったり。。

無理やり飲ませるのは器官に入る危険もあるのでダメなんですが、どんなことをしても飲まないとついついやっちゃうパパママも多いと多いのでは?気持ちは痛いほどわかりますけどね。。

とは言え、今は様々な情報があるので、「薬 子ども 嫌がる」とかでも検索すると、たくさん対応策が見つかります。

例えば、アイスに混ぜるとか、味噌汁に混ぜるとか、薄めるとか。正攻法だと服薬ゼリーを使うとか。

ただ、個人差があるのかやり方が悪かったのか、どれもこれも僕の娘の場合上手くいきませんでした。食べ物に混ぜるとその食べ物自体を嫌いになる恐れもありますしね。。

で、色んなものを試してみたんですが、「ヤクルト」が上手くいきました!

ヤクルト
ありがとうヤクルト…

(飲んでくれるかな…バレちゃうかな…ヤクルト嫌いになったらどうしよう…)

と不安もあったんですが、まったく気づいていませんでした。

というか、ヤクルトすごいですよ、オレンジの薬全部入れて混ぜたものを飲んでみたんですが、

「薬 + ヤクルト = ヤクルト」

でした!

思いっきり味が変わったチョコレートアイスと比較すると雲泥の差でしたね。本当にほぼヤクルトの味でしたよ。

「服薬ゼリーは毎回使うと高いし、食べ物にはあまり混ぜたくないし、かといって時間的にも余裕がないし、どうやって飲ませるといいんだろう…」とお困りならぜひ。

市販のヤクルトで全然OK、試す価値はあると思います!


カテゴリー:育児日記

シェフ

このサイト「moriawase」の運営者。ハウツー記事を中心に更新しています。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ