MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

【就活生必見】東京オリンピックに関係ある業界・企業。

      2016/04/04

2020年のオリンピックに向けて盛り上がる日本列島。

  • エンブレム問題
  • スタジアム建設問題

など、オリンピックを取り巻くニュースも記憶に新しいですよね。

今回は、そんな2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックに関係のある業界・企業にスポットを当ててみます。

教科書はこちら。

 

過去の業界研究の記事はこちら。

 

基礎知識

まずはオリンピック・パラリンピックの基礎知識について。

 

建設費の高騰

コンパクトな大会」をコンセプトに掲げ、都心部の競技会場を集める計画でした。

しかし、建設費の高騰が問題視され、バドミントンやセーリングなどの競技会場の建設を中止

コスト削減のために既存の施設を活用することになります。

 

都市部の再開発が加速

JR東日本が品川駅と田町駅の間に新駅を設けることになりました。

この2駅の距離は山手線の中でも最長の距離だったんですよ。

全然歩いて行けるんですけどね。

 

そして、晴海(中央区)・豊洲(江東区)地区に大型マンションの建設が集中。

渋谷は駅周辺で高層ビルの建設加速、池袋は豊島区庁舎の移転で再開発加速。

鹿島清水建設などのスーパーゼネコンは特にオリンピックに欠かせない存在です。

 

オリンピック

2020年夏季オリンピック(2020ねん かきオリンピック)は、2020年7月24日8月9日まで日本東京都で開催される予定の第三十二回夏季オリンピック

2013年9月7日(現地時間)にブエノスアイレスアルゼンチン)で行われた第125次IOC総会[1]で、イスタンブールトルコ)、マドリードスペイン)を抑えて選出された。

東京での開催は前回の東京オリンピック1964年)以来56年ぶり2回目(ただし、1940年に予定されていた「東京オリンピック」が日中戦争により開催返上(→その後ヘルシンキに変更されるも、第二次世界大戦激化によりやはり返上され、この年は開催がなかった)になったものの、夏季オリンピック大会では開催されなかった場合でも開催回次をそのまま残すため、公式記録上では「3回目」である)で、アジア初の同一都市による複数回開催となる[注 1]アジアで開催される夏季オリンピックは北京オリンピック2008年)以来12年(3大会)ぶり4回目、なお、日本でのオリンピック開催は夏季・冬季通じると、冬季開催となった長野オリンピック1998年)以来、22年ぶり4回目にあたる。

引用:2020年夏季オリンピック

 

パラリンピック

東京パラリンピック(とうきょうパラリンピック)は、2020年8月25日から9月6日まで日本東京都で開催される第16回夏季パラリンピック2013年9月7日アルゼンチンブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会[1]で、開催都市が東京に決定した。

引用:東京パラリンピック (2020年)

 

主な国内スポンサー

こちらが主な国内スポンサーです。

  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • トヨタ
  • NTT
  • アサヒビール
  • キヤノン
  • NEC
  • 富士通
  • JX日鉱日石エネルギー
  • 東京海上日動
  • 日本生命
  • 野村ホールディングス
  • アシックス
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 三井不動産

引用:日経業界地図 2016年版30ページ

 

オリンピックの特設ページでは企業からのメッセージも見ることができます。

津谷 正明 株式会社ブリヂストン 代表取締役CEO 兼 取締役会長コメント
このたび、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとして東京2020パラリンピック競技大会に貢献でき、2020年までパラリンピック日本代表選手団をサポートできることを大変光栄に思っております。当社は「真のグローバル企業」という最終目標に向け、「多様性の尊重」を推進しています。その考えは、パラリンピックが目指す「パラスポーツを通じて、障がいを持つ人々がより参加していく社会に変えていく」という考え方と相通じるものがあります。困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支え、「地域社会への貢献」、「社会的責任の実践」、「多様性の尊重」を実現していきながら、パラリンピックをサポートしたいと考えています。

引用:株式会社ブリヂストンとの東京2020スポンサーシップ契約について

 

では、主な業界と企業について一緒に勉強してみましょう!

tokyo-olympic-1

引用:日経業界地図 2016年版30ページ

  • 「売」→直近の売り上げ高
  • 「営」→直近の営業利益
  • 「2期後」「3期後」→2期後・3時期の売上動向予測
  • 「従」→従業員数
  • 「給」→初任給
  • 「年」→平均年齢
  • 「人」→人を活かす会社ランキング順位

 

鉄道業界

鉄道業界の主な企業はこの2社

  1. JR東日本
  2. 東京急行電鉄(京急)

 

JR東日本

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、: East Japan Railway Company[注 1]は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。東北地方全域(青森県の一部を除く)、関東地方全域(神奈川県の一部を除く)、新潟県の大部分、山梨県長野県のそれぞれ約半分、静岡県の一部地域を営業区域とし、JRグループの中で最も企業規模が大きい。本社は東京都渋谷区東証一部上場。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR Eastコーポレートカラー色。取締役会長清野智代表取締役社長冨田哲郎社歌は「明け行く空に」。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。

引用:東日本旅客鉄道

 

東京急行電鉄(京急)

京浜急行電鉄株式会社(けいひんきゅうこうでんてつ、: Keikyu Corporation)は、東京都港区に本社を置く大手私鉄である。略称は「京急(けいきゅう)」。

東証一部に上場し、芙蓉グループを構成する企業の一つで、京急グループの中核企業である。かつては「京浜急行(けいひんきゅうこう)」を公式略称、「Keihin Electric Express Railway Co., Ltd.[1]を英文社名としていたが、2007年平成19年)12月1日よりポスターチラシ類などにおいて「京急電鉄(けいきゅうでんてつ)」の名称および新ロゴマーク、2010年(平成22年)10月21日[2]より「Keikyu Corporation」の英文社名を使用開始し、順次変更している。

グループ全体でのコーポレートスローガンは、「あんしんを羽ばたく力に」(2008年以降)。

引用:京浜急行電鉄

 

不動産業界

不動産業界の主な企業はこちらの2社。

  1. 三井不動産
  2. 三菱地所

 

三井不動産

三井不動産株式会社(みついふどうさん、英称Mitsui Fudosan Co., Ltd.)は、東京都中央区日本橋室町二丁目の「三井本館」に本社を置く不動産会社デベロッパーである。1941年設立[1]。石油危機後の日本で一貫して不動産業界で売上高1位を継続し、経常利益トップの三菱地所と「ツー・トップ」だった[2]三井住友銀行三井物産と並ぶ三井グループの中核企業で、二木会[3]・月曜会・三井広報委員会[4]・三井業際研究所[5]綱町三井倶楽部[6]の会員会社であり、三井文庫の賛助会社でもある[7]

日本橋三井タワー霞が関ビルディングゲートシティ大崎などのオフィスビルショッピングセンターららぽーと」・「三井アウトレットパーク」などの商業施設、大型物流施設「MFLP」、三井ガーデンホテルなどの宿泊・リゾート施設等、幅広く不動産開発事業を展開している。

日本橋東急百貨店(旧白木屋)の閉店をきっかけとして同地区周辺の再開発を進め、2004年(平成16年)にはコレド2、3(日本橋一丁目ビルディング)をオープンさせた[8]。さらに2007年(平成19年)春には六本木の防衛庁跡地に総合複合再開発として東京ミッドタウンを開業。同施設にはリッツ・カールトン東京(ホテル)やサントリー美術館が入居した。

分譲住宅事業は2006年にグループ会社の三井不動産レジデンシャルとして分社化された[9]

引用:三井不動産

 

三菱地所

三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英:Mitsubishi Estate Company,Limited)は、日本の大手不動産会社。総合デベロッパーとして、三井不動産と共に業界の双璧を成している。丸ビル新丸ビル等のオフィスビルプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。

三菱グループの中核企業の一つであり、三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟している[1][2]。旧三菱財閥が開発した東京駅周辺の「大丸有地区」(大手町丸の内有楽町)に30棟以上のビルを保有しており、三菱東京UFJ銀行三菱商事三菱電機など三菱グループ主要各社の本社も多く集積していることから、丸の内一帯は「三菱村」と例えられることもある。また、横浜・みなとみらい地区の開発にも大きく関わっており、1993年には同地区のシンボルとも言える横浜ランドマークタワー(ビルとしては当時日本一の高さ)を開業させている。

引用:三菱地所

 

建設業界

建設業界の主な企業はこちらの2社。

  1. 鹿島
  2. 清水建設

 

鹿島

鹿島建設株式会社(かじまけんせつ)は、日本の大手総合建設会社である。対外的には単に鹿島と称している。

スーパーゼネコン」とも称される、ゼネコン大手五社(鹿島建設、清水建設大成建設竹中工務店大林組)の一つで、完成工事高で比較しても、業界のリーディングカンパニーである。

超高層ビル事業を得意とし、蓄積された高度な技術とノウハウ、業界髄一の技術研究所を有している。東京駅の八重洲口再開発や丸の内駅舎保存・復原工事(2012年10月1日完成)、秋葉原地区などの開発事業や海外でのプロジェクトにも実績が豊富である。一方で社員があっせん利得処罰法違反で逮捕されるなど、数々の談合事件にも関与しており、その後の建設業者に少なからず影響を与えている。

コーポレートスローガンは「100年をつくる会社」である。

引用:鹿島建設

 

清水建設

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、1804年文化元年)に創業、東京都に本社がある大手総合建設会社ゼネコン)。

スーパーゼネコン5社(鹿島建設、清水建設、大成建設竹中工務店大林組)の一角。民間の建築工事に強みがある。受注活動では、大手他社と異なり採算度外視の大型工事をさけ、中小の物件の受注にも積極的である。得意分野は、建築では医療機関土木ではLNGタンクの施工であるといわれている。さらに、歴史的な経緯から、伝統的な社寺建築にも豊富な実績を有している。

伝統的な建築儀式である手斧始め(ちょうなはじめ)を仕事はじめの1月4日に本社で執り行っている。建設業で手斧始めを受け継いでいるのは、清水建設と金剛組(大阪)だけである。

創業家である清水家の現在の当主は、清水満昭で、清水地所社長、清水建設取締役を務めている。

三金会の会員企業であり第一勧銀グループに属している[1]

同社のコーポレートメッセージは「子どもたちに誇れるしごとを。」(日本語)「Today’s Work, Tomorrow’s Heritage」(英語)である。

引用:清水建設

 

広告業界

広告業界の主な企業はこちら。

  1. 電通

 

電通

株式会社電通(でんつう、英:Dentsu Inc.)は、東京都港区東新橋一丁目、「汐留シオサイト」に本社を置く、日本最大の売上高の広告代理店である。代表取締役社長は石井直

1901年明治34年)、光永星郎によって設立された「日本広告」を前身とする。1907年(明治40年)、やはり光永によって設立されたニュース通信社「日本電報通信社」と合併。1936年昭和11年)、国策によりニュース通信部門を同盟通信社に譲渡し、広告代理店専業となる。1947年(昭和22年)に連合国軍最高司令官総司令部により公職追放された上田碩三の後任として吉田秀雄が第4代社長に就任し、広告取引システムの近代化に努めた。軍隊的な社則「鬼十則」を作るなど、電通発展の礎を築いた。

1984年(昭和59年)のロサンゼルスオリンピックよりスポーツイベントに本格参入。以降、スポーツイベントでの業務拡大が続く。1986年(昭和61年)には日本放送協会(NHK)との肝いりで、NHKの子会社である株式会社NHKエンタープライズ25%、電通25%の共同出資による株式会社総合ビジョンを設立したが、これは諸般の事情により2013年7月1日付けでNHKエンタープライズに吸収合併される形で解散した。2001年平成13年)11月30日に株式を上場した。

広告代理店として単体では世界で最大(グループとしては5位)の売り上げ規模であり、連結売上高は2兆円を超える(2008年3月期決算による)。国内2位の博報堂の売上高の約2倍、3位のADKの売上高の約4倍と、名実ともに日本最大の広告代理店であり、「広告界のガリバー」の異名を持つ。その圧倒的なシェアゆえ、市場の寡占化が問題視され、2005年(平成17年)に公正取引委員会による広告業界についての調査がなされた。

しかし、海外展開は欧米の大手広告グループと比べると非常に弱く、海外での認知度も低い。その為に、近年は欧米の広告グループとの提携に力を入れており、2000年(平成12年)には、アメリカ合衆国の「レオ・バーネット」などと共に、広告会社グループ「bcom3」を結成。2002年(平成14年)以降は、レオ・バーネットを買収したフランスに本拠を置く世界有数の規模を持つ広告代理店「パブリシス」グループと資本提携関係にある。

1987年(昭和62年)に制定された「CED」の5番目の社章は「Communications Excellence DENTSU -卓越したコミュニケーション活動を」を表しており、2002年(平成14年)12月まで使用された。現在使用されている「dentsu」の社章は2002年(平成14年)12月の汐留移転を機に制定された6代目である。

広告業界では、頭文字を取って「D」と呼ばれることが多い。

引用:電通

 

スポーツ業界

スポーツ業界の主な企業はこちらの2社。

  1. アシックス
  2. ミズノ

 

アシックス

株式会社アシックス: ASICS Corporation)は、兵庫県神戸市中央区港島中町に本社を置く、競技用シューズを中心とするスポーツ用品メーカーである。

アシックス(ASICS)のブランドで競技用シューズやスニーカー、アスレチックウェアなどを製造、販売する。スポーツシューズに強みを持ち、とりわけマラソン競技、バレーボールなどでは高いブランド力を持つ。

アシックスに社名・商標を変更する以前のブランドであるオニツカタイガーは、レトロな雰囲気からファッションアイテムとしての人気を呼び、現在では再び一般向けシューズのブランドとして製造販売されている。

海外にも進出しており、ブランド全体の知名度ではトップブランドにはやや劣るものの、オニツカタイガーが、特にヨーロッパで人気を集めている。シューズの他、スポーツウェア、アウトドア用品等の製造販売、輸入等も行っている。

2006年(平成18年)3月期の連結売上構成はスポーツシューズ66%、スポーツウエア24%、スポーツ用品10%となっている。

1980年代にはサイクルウェア(レーサージャージやツーリング用シューズ)も手がけていたがのちに撤退。

引用:アシックス

 

ミズノ

美津濃株式会社ミズノ: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。

同社の経営理念は「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する。」。コーポレート・メッセージは「THE WORLD OF SPORTS」「明日は、きっと、できる。」。

創業は1906年明治39年)4月1日で、長年にわたってスポーツ振興に力を注ぎ、小さなスポーツ大会からオリンピックをはじめとするさまざまな国際大会にいたるまで幅広く協力。世界屈指の総合スポーツ用品メーカーとして、国内外から高い評価を受けている。同じ大阪に本社を置くデサントゼットスポーツSSKザナックスヒットユニオンレノマ、神戸に本社を置くアシックスと並ぶ関西のスポーツ用品メーカーの一つ。

引用:ミズノ

 

家電量販店業界

家電量販店業界の主な企業はこちらの2社。

  1. ヤマダ電機
  2. エディオン

 

ヤマダ電機

株式会社ヤマダ電機(ヤマダでんき)は、日本家電量販店チェーン。日本の家電販売最大手で、テックランド(Tecc.Land)、LABI(ラビ)、ヤマダモバイル(旧名称テックサイト (Tecc.site))、といった業態の店舗を展開している。なお、屋号としてのヤマダ電機にはヤマダ電機直営の店舗と子会社や提携企業が運営するものが存在する。

1973年日本ビクターを退社した宮崎県出身の山田昇が個人商店(ナショナルショップ)「ヤマダ電化センター」(群馬県前橋市)として創業[1]1983年株式会社ヤマダ電機設立。現在の法人は、1978年設立の休眠会社・日本電線工業株式会社と株式額面変更のために1987年5月21日合併して、商号を株式会社ヤマダ電機に変更したものである。

引用:ヤマダ電機

 

エディオン

株式会社エディオン英称EDION Corporation)は、日本家電量販店チェーン。かつては複数のチェーンブランドを展開する持株会社であった。売上高はヤマダ電機ビックカメラグループ(コジマとの単純合算値)に次いで業界3位となっている。

2002年平成14年)3月に、中国地方を基盤とする株式会社デオデオ中部地方を基盤とする株式会社エイデンの共同で、エディオングループの持株会社として設立。2005年(平成17年)4月には近畿地方を基盤とする株式会社ミドリ電化子会社化、2006年(平成18年)7月には関東地方を基盤とする石丸電気を関連会社化するなど、徐々に規模を拡大した。

引用:エディオン

 

百貨店業界

百貨店業界の主な企業はこちらの2社。

  1. 三越伊勢丹ホールディングス
  2. J.フロント リテイリング

 

三越伊勢丹ホールディングス

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。

日本国内にある政令指定都市のほぼすべてに出店しているほか、世界進出でも長い歴史を持ち、成功している。同社発足により売上高・規模で日本の百貨店業界首位となり、以降、現在までその座を手放していない。

百貨店業界第5位につけながらも低迷している東京急行電鉄(傘下の東急百貨店)と業務提携し、経営支援していたが、2015年3月末で提携を解消している[1]

登記上の本店は東京都中央区銀座四丁目の銀座三越所在地だったが、2011年6月に実際の本社機能の所在地(伊勢丹新宿本店パークシティイセタン2内)である東京都新宿区新宿五丁目に変更している。

なお社名と英語表記とでは、三越伊勢丹との前後順序が逆になっている(同じ例は三井住友銀行三菱東京UFJ銀行などにもある)が、子会社名の中には「エムアイカード」など三越を先に表記するものがある。ロゴマークは英字表記順通り「i」と「m」の字を組み合わせたもの。

引用:三越伊勢丹ホールディングス

 

J.フロント リテイリング

J.フロント リテイリング株式会社(ジェイフロント リテイリング、: J.FRONT RETAILING Co., Ltd.)は、「大丸松坂屋百貨店」やファッションビルの「パルコ」などを傘下に持つ持株会社である。

百貨店業界は人口減少や流通業界の変革のあおりを受け売り上げの減少に苦しみ、経営の効率化が求められている。そうした中でともに老舗として知名度があった大丸と松坂屋もこの波から逃れることができなくなり、生き残りをかけた模索を続けてきた。

両社はともに老舗であること、地域競合が少ないことなどから経営統合した場合メリットがデメリットを上回ると判断。2007年3月に統合で合意し、同年9月3日に同社が発足した。

引用:J.フロント リテイリング

 

ホテル業界

ホテル業界の主な企業はこちらの2社。

  1. 帝国ホテル
  2. ホテルオークラ

 

帝国ホテル

帝国ホテル(ていこくホテル、英称:Imperial Hotel)は、東京都千代田区内幸町にあるホテルである。運営者は、株式会社帝国ホテル。東京の他に大阪、上高地にある。

日本を代表する高級ホテルのひとつであり、ホテルオークラニューオータニとともに「(ホテル)御三家」と呼ばれることもある。

帝国ホテルは1890年明治23年)11月3日に落成、同7日に開業した[1]。隣接する鹿鳴館と密接な関連を持ったホテルとして井上馨渋沢栄一大倉喜八郎の2人を説いて、1888年(明治21年)有限責任帝国ホテル会社(設立当初は有限責任東京ホテル会社)を設立させ建設したものである。

引用:帝国ホテル

 

ホテルオークラ

株式会社ホテルオークラ英称:Hotel Okura Co., Ltd.)は、日本ホテル運営グループの事業持株会社である。

同社のグループが運営するホテルオークラ東京(虎ノ門二丁目)は、日本では「老舗ホテル」とされており、帝国ホテル東京ホテルニューオータニとともに、ホテルの「御三家」と称される。

大倉喜八郎の長男で大倉財閥の二代目である大倉喜七郎によって設立された。公職追放により帝国ホテルを離れた大倉は、日本国憲法の制定により、華族としての待遇も奪われる。しかし、国内屈指の工芸家たちへ日本の美を以って諸外国の貴賓を迎えるホテルの理念を熱心に説き、その協力を得てホテルオークラを開業させた。明治以降の日本に存在したであろう貴族の精神を証明するという野心と「最後の男爵」としての意地により、「帝国ホテルを超えるホテル」をコンセプトに設立されたホテルである。

引用:ホテルオークラ

 

まとめ:業界地図の天気予報は晴れ。

東京オリンピック・パラリンピックに関する主な業界・企業でした。

業界地図の天気予報は晴れ

就職先で迷っている方は参考にしてみてください!

 

教科書はこれでした!

おすすめ求人サイト一覧

 - 業界研究