給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

  • 残業が多くて辛い…
  • 仕事が大変な割に給料が安い…

これは、20代のビジネスマンによくある悩みだと思いますが、みなさんはこの悩みにどう向き合っていますか?

  • 残業が多くても我慢しなければいけない?
  • 20代は安月給が当たり前?

こんな考えの方も少なくないのかもしれませんね。僕もそう考えていた時期がありました。

でも、その悩みに耐えきれなくなり、鬱になったり、再起不能の状態になる方も意外と多いものです。僕の周りにもそういう人がいました。決して他人事ではないのです。

そこで今回は、人材関連の仕事をしていた身として、20代の転職の考え方について書いてみます。

なぜその仕事を辞めたいのかを可視化する

まず、なんらかの理由で仕事を辞めたいと思った時、その悩みを可視化することをおすすめします。

「人間の悩み」というのは、他人はもちろんのこと、自分でさえも見ることのできないものなので、悩みの本質を見失う可能性があるからです。

例えば、「仕事が上手くいかない」という悩みの本当の原因が、実は「プライベートでの人間関係の悪化だった」なんてこともありえます。

ですので、自分が仕事を辞めたいと悩んでいる原因を理解するためにも、ノートに書いたり、スマホのメモ帳に書いたり、どんな形でもいいので悩みを可視化してみましょう。

悩みを可視化した例

  • 仕事内容に不満はないけど、残業が形骸化している(会社の体質)
  • 自分の仕事は勤務時間内に終わっているのに、他の社員をカバーするために残業することが多い
  • 仕事内容が同じなのに、他の会社よりも給料が安い
  • 40代の社員と仕事内容が同じなのに、「20代だから」という理由で給料が安くなっている

転職を特別なものと考えない

「最低3年は同じ会社で働かないと転職で不利になる」という考えが時代錯誤であることは周知の事実ですが、まだまだ転職を「特別なもの」と考えている方が散見されます。

しかし、辞書で「転職」の意味を調べるとわかると思いますが、転職はあくまでも「職業が変わる(仕事をする場所が変わる)」だけです。人生の一大イベントかのように考える必要はありません。

ちなみに、転職市場は右肩上がりで成長しているという民間会社のデータからわかるように、転職希望者は増加しています。

転職サイトではなく、転職エージェントサービスを利用する

仕事を辞めたいと思った時、リクナビNEXTなどの転職サイトを利用するのが一般的ですが、

  • 鬱状態になりかけていて、一刻も早く今の会社を辞めたい
  • 自分の経歴でどんな仕事ができるかわからない
  • 他にどんな仕事があるのかわからない
  • 自分で仕事を探すのが面倒
  • もっと良い条件の会社があれば転職したい

という方は「転職エージェントサービス」を利用することで転職の成功率がぐっと高くなります。

両者の違いを簡潔に言うと、自分で仕事を探すのが「転職サイト」で、プロに仕事を紹介してもらうのが「転職エージェントサービス」です。

  • 転職サイトでは掲載されない非公開の求人情報を紹介してもらえる
  • 転職活動をサポートしてくれる
  • 無料で利用できる

など、本当に至れり尽くせりなサービス内容になっています。

どのエージェントサービスを利用しても良いですが、業界最大手のリクルートが提供するリクルートエージェントは真っ先に利用したいところです。

なかなか転職を決断できない場合

転職したい気持ちはあるけど、なかなか決断できないなぁ。。

なんて方もいると思いますが、転職サイトも、転職エージェントも、利用したからといって必ず転職しなければいけないわけではありません。

最終的に「やっぱり転職はやめとこ」という決断をしてもまったく問題ないので、まずは試してみましょう。

また、どうしても難しく考えてしまう方は「グッドポイント診断」という自分の強みを診断してくれるサービスを試すところから始めるのもおすすめです。

人気のサービスなので、まだ試したことがない方はぜひ。

まとめ

  • 今の会社と同じ給与水準で残業がほぼない会社
  • 今の会社と同じ仕事内容で給料が高い会社

などの好条件の会社は、基本的には転職をしないと出会えません。20代だからと言って遠慮せずに転職を考えましょう。

むしろ、早めに転職をすることで、自分の進むべき道が見つかるはずです。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!