テント用の電球色LEDランタンならこれ!小さくて可愛いです!

「このランタンに電球色があれば最高なんだけどな…」

ランタンを選ぶ時にこう思ったことはありませんか?

僕は迷いに迷ってコールマンのクアッドマルチパネルランタンを買ったんですが、電球色にできないことが購入時のネックになりました。

ただ、ふと思ったんですよね、「電球色で使うのは基本テントの中だけだし、それならもう1つランタン買った方が早くない?」って。

で、探してみたところ、ちょうどいいのがあったんです。

それがこちら。

LEDなのでテント内で使っても火傷や火事の心配もないですし、サイズ感・機能・値段ともに理想のランタンでした。(購入時はAmazonで990円)

今回はこちらのランタンを使った感想などを紹介するので、電球色のランタンを探しているならぜひ参考にしてみてください!

テントランタンにぴったりの明るさ

テント内にある電球色のランタン

  • Highモードで180ルーメン
  • Lowモードで90ルーメン
  • フラッシュモード(点滅)で70ルーメン

と、明るさは3段階に調節可能。ボタンを押す度にモードが変わります。

タフスクリーン2ルームハウスのテント内で使っていますが、真っ暗な中で使うと最大の明るさでちょうどいい感じですね。

テントの中全体を上手く照らしてくれます。

ファスナーなどに簡単に取り付け可能

電球色のLEDランタンを吊り下げる

ランタンフックがないテントもありますが、このランタンは小さいので横のファスナーなどに適当にかけることができて便利です。

90gと超軽量で万が一落ちても怪我の心配がないのも嬉しいポイントですね。

充電式で給電もできる

小型なので単4電池で動くかと思いきや、付属のケーブルで充電して使います。

給電にも対応していて、スマホの充電なんかもできます。

ただ、給電をすると電池がすぐになくなってランタンとして使えなくなるのでおすすめはしません。

給電をしない場合は、2泊3日のキャンプで最後まで持ちます。

まとめ

  • LEDだから火傷・火事の心配がない
  • ちょうど良い明るさ(最大180ルーメン)
  • ファスナーなどに取り付けてることが可能
  • 小さくて軽いから万が一落ちても怪我をしない
  • 充電式で給電もできる
  • 底がマグネット(磁石)になっている

と、テントランタン(サブランタン)にぴったりだと思います。

1つの多機能なランタンもいいですが、「電球色にできないこと以外は完璧なんだけどなぁ…」と悩んでいるなら電球色のランタンを別に買うのもおすすめですよ。

ちなみに、このランタンは色んなショップから発売されているので、もし売り切れている場合は違うショップを探してみてくださいね。

カテゴリー

この記事を書いた人:シェフ

このサイト「MORIAWASE」の運営者。少しでも多くの人の悩みや不安を解決するためにハウツー記事を中心に更新しています。お問い合わせはページ下部のお問い合わせページから。フォローやシェアは大歓迎です!