WordPressのユーザー名・パスワードを確認・変更する方法は?

WordPressサイトを運営する上で重要な情報はいくつもありますが、もっとも忘れてはいけないのは、

  1. ユーザー名
  2. メールアドレス
  3. パスワード

などの「ログインするための情報」です。この情報を忘れてしまうと、記事・画像の投稿を含め、何も操作できなくなってしまうからです。

では、この情報を忘れてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?二度と自分のサイトにログインできないのでしょうか?

ログイン情報を忘れても問題ない

もちろん、そんなことはありません。ログイン情報を忘れても何も問題ないんです。

というのも、ほとんどの場合、レンタルサーバーを契約して、その中にWordPressをインストールしていると思いますが、レンタルサーバー側でログイン情報を確認できるからです。

しかも、確認だけではなく、変更したり、削除したり、新しいユーザーを追加することもできます。

非常に簡単な方法なので、何かあった時のためにも、今回ご紹介する方法で手順を確認してみてはいかがでしょうか?

POINT

今回はローカル開発環境の「MAMP」を例に進めていきますが、レンタルサーバーでも手順は同じです!

ログイン情報の確認方法

まずは、ログイン情報の確認方法から。

サーバーの「phpMyAdmin」にログインします。(エックスサーバーの場合は、「サーバーパネル」の中にあります)

 

WordPressがインストールされているデータベースを選択します。

ちなみに、レンタルサーバーの場合は、「WordPress」という名前ではなく、自分が登録した名前になっているはずです。

 

「wp1_users」→「表示」タブの順にクリックすると、登録しているユーザーの情報が確認できるので、

  1. user_login(ユーザー名)
  2. user_email(メールアドレス)

のどちらかを控えます。

 

WordPressのログイン画面にアクセスし、「パスワードをお忘れですか?」をクリック。

 

先程控えた「ユーザー名」か「メールアドレス」を入力し、「新しいパスワードを取得」をクリック。後は、届いたパスワードを使って、ログインするだけです。

パスワードは確認できない

注意したいのは、パスワードの確認が基本的にできないことです。だから、このようにちょっと面倒な手順になります。

MD5の逆変換ツールで元の文字列を復元することができるそうですが、試してみたところ、できませんでした。。

パスワードを修正すればもっと簡単にログインできる

さて、これで終わってもいいんですが、もっと簡単にログインする方法があるので、それもご紹介します。

先程のユーザー名やメールアドレスが確認できる画面の中にある「編集」をクリック。

 

「user_pass」の関数を「MD5」にし、右の入力ボックスに任意のパスワードを入力。最後に「実行」をクリックすれば、その情報でログインすることができます。

(この画面で、「ユーザー名」や「メールアドレス」などの情報も変更することができます)

ユーザーの追加・削除の方法

補足ですが、「編集」だけでなく、「コピー」や「削除」もできます。

  • コピー:ユーザーの複製(追加)
  • 削除:ユーザーの削除

WordPressの管理画面よりも、ユーザーの管理がしやすいので、phpMyAdminでユーザーを管理するのもいいかもしれません。

パスワード管理アプリでログイン情報を管理しよう

あ、そうそう、ログイントラブルをなくすためには、「1Password」を使うのが1番だったりします。

iPhone、Androidなら無料で利用できるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

「あ、やばい…ユーザー名とパスワード忘れちゃった…しかも、どのメールアドレスで登録したかも覚えてない…」なんて時も、これで安心ですね!

何かトラブルが起きてログインできなくなった時は「phpMyAdmin」ですよ!ご参考までに!

(`・ω・´)ゞ

カテゴリーWordPress豆知識

注目 【2週間無料】Huluの登録・解約方法〜おすすめ映画まで!

注目 【dマガジン】初回31日間無料で180誌以上の雑誌が読み放題!

注目 DMM.comの動画や映画が月額500円で見放題!無料お試しあり!

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!