WordPressで効率良く記事を書く方法!スマホ投稿も簡単便利!

   

WordPressでサイト運営を始めたばかりの頃とは違い、ある程度記事を書くことに慣れてくると、「記事を書くスピード」が気になりますよね。

基本的には、

  • 画面上のメニュー
  • キーボードショートカット

などを活用するだけで十分なんですが、実は、まだまだ効率化できる余地があります。

そこで今回は、WordPressでサイトを運営している方に向けて、効率良く記事を書く方法をいくつかご紹介します!

Markdownで書く

スマホ投稿時には特に便利な方法ですが、WordPressは「Markdown(マークダウン)」という入力方法が使えます。

  1. 見出し
  2. 引用
  3. リスト

の3つはプラグインなしで入力でき、プラグイン(JP Markdown)を導入すれば、「リンクの設定」や「太字」など、すべてMarkdownで入力可能になります。

以下、参考までにデフォルトで使えるものを紹介します。(登場する記号はすべて半角です)

見出し

「#」+「文字」+「enterキー」で見出しを入力できます。

<!-- 見出し2 -->
##見出し

<!-- 見出し3 -->
###見出し

<!-- 見出し4 -->
####見出し

引用

「>」+「文字」+「enterキー」で引用になります。

>これは引用です。

番号なしリスト

「-」+「半角スペース」「文字」+「enterキー」で番号なしリスト(ul)になります。

- リスト

リストはenterキーを押した分だけ増えます。

番号ありリスト

「1」+「.」+「文字」+「enterキー」で番号ありリスト(ol)になります。

1. リスト

番号なしリストと同じく、enterキーを押した分だけ、2つ、3つとリストが増えます。

テンプレートプラグイン「TinyMCE Templates」を使う

WordPressには、

  • ショートコード
  • クイックタグ

などの便利な機能がありますが、直感的に記事を書くなら、テンプレートプラグイン「TinyMCE Templates」の導入がおすすめです。

これは、HTMLコードをテンプレートとして登録できるプラグインで、ボタン1つで長いコードも簡単に追加できるという便利なものです。

シェフ

例えば、こんな吹き出しも簡単に追加できます!

使い方などは、下記の記事でご紹介しているので、「ショートコードだとなんだかわかりづらい」なんて方はぜひお試しあれ!

↑これもそのプラグインで追加しました。

アプリを使う

使い勝手がすこぶる悪いと評判のWordPress公式アプリですが、今はけっこう改善されているようなので、スマホで記事を書いている方はアプリを使うのも1つの選択肢です。

ただ、セキュリティ対策として「Google Authenticator」を導入している場合はアプリが使えません。(執筆時点)

まとめ

今回ご紹介した方法だと、タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができなくても効率的に記事が書けます。

特に、Markdownは、キーボードショートカットよりも便利なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー WordPress豆知識

注目 【dマガジン】初回31日間無料で180誌以上の雑誌が読み放題!

注目 失敗なし!au・docomoからmineo(マイネオ)へのMNP方法!

注目 初めての就職・転職で失敗しないためのおすすめサービス一覧!

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人:

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!

コメントを残す

CAPTCHA