クリックされやすいのはテキストリンク?バナー?ボタン?

「はぁ…全然成果が発生しないなぁ。クリックもされてないし。どうすればいいんだろう…?」

と悩んだ時、リンクの形式を変えたり、色を変えたり、見せ方を変えたり、デザイン面で様々な工夫をすることってありますよね。

クリック率が高くなれば、絶対数が底上げされるわけだから、必然的に成果も発生しやすくなるだろう…と。そういう考えがきっとあるはずです。

では、

  1. テキストリンク
  2. バナー
  3. ボタン

の中でどれが1番クリック率が高いのでしょうか?

クリック率が高いのはダントツでテキストリンク

まず、結論から言うと、テキストリンクがダントツでクリック率が高いです。まぁ、周知の事実ですよね。当サイトでもテストしてみましたが、その通りの結果になりました。

バナーやボタンがかなり秀逸…だったら話は変わるかもしれませんが、「性質」という意味ではテキストリンクよりクリック率が高いものはないでしょう。

  • 違和感がない
  • 広告っぽくない
  • Google・Yahoo!などの検索結果がテキストリンク形式

など、テキストリンクがクリックされやすいのは特に不思議なことではありません。

もちろん、テキストリンクの色は青で、下線はあった方が良いです。それがテキストリンクだとわからなければ意味がないので:D

リンクのデザインで劇的に成果は変わらない

クリック率が高いのはテキストリンクで、当然成果につながりやすくはなりますが、ほとんどの場合、気にするのはそこではありません

これがGoogleアドセンスのようなクリック報酬形広告なら別です。でも、今回のような悩みって基本的には、アフィリエイトみたいな成果報酬形広告に関してですよね?

成果が全然発生しない→そもそもクリックされてない→絶対数を底上げするためにクリック率を上げよう!

このような考えだと思います。

ただ、一度冷静になって、客観的に、素人目線で、「どういう形式の広告ならクリックしたくなるか?」について考えると、答えは1つで、それが役立つと思った時(必要だと思った時)なんですよね。

テキストリンクにして広告色をなくそうとか、ボタンの色をオレンジや緑にしようとか、テクニカルな工夫も必要なんですが、それで劇的に変化するかと言ったらそんなことはありません。

コンテンツが何より重要

大規模サイトなら小さな変化も大きな改善につながりますが、そもそも成果が発生していないのなら、コンテンツの質を高めるべきです。

  • 市場をリサーチする
  • ユーザーがどんな目的でこの記事を読んでいるのか考える
  • よくある悩みを投げかける

など。断言しますが、コンテンツがしっかりしていれば、テキストリンクでも、バナーでも、ボタンでも、結果は出ます。

「うわ!これいいな〜!」と思わせる内容の記事で、「登録はこちら」というボタンがあったら押しますよね?きっと、そのまま登録しますよね?

ですので、色々やってみて効果がないのであれば、その記事の内容を変えるか、違う方法でマネタイズをした方がベターです。

最も成果につながりやすいのは選択肢が1つしかない場合

また、個人的に最も成果につながりやすいのは「選択肢が1つしかない時」だと思っています。

例えば、下記のような悩みを抱える女性がいるとします。

  1. 自分で毛を剃るのは面倒だし、肌も荒れる
  2. 自宅で使える脱毛器は肌に合わなかった
  3. 脱毛クリームは効果がなかった
  4. 脱毛サロンは料金が高くて気軽に通えない
  5. どうしよう…

この場合、残された選択肢って「格安の脱毛サロン」くらいですよね?「自宅で使える痛くない脱毛器」とか勧められても、今さら買わないと思うんです。

よく、「ペルソナを設定する」なんて言いますが、要はそういうことです。その人の悩みを想像して、その悩みをどうすれば解決できるか考えれば、必然的に成果につながるはずです。

まとめ

普段からクリックされないような広告が、デザインが変わった途端にクリックされ始める…なんてことはほぼありません。

クリックしてもらうことも大事ですが、その記事を読んでいる人が必要としているものが何かを考え、それを提供することが結果を出すために必要なことです。

リンクの形式で悩む前に、どんな情報を提供するか悩んでみてはいかがでしょうか?

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

カテゴリーサイト収益化

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!