MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

Motion5の無料テンプレートで動画作成!使い方は超簡単!

   

知識がなくても誰でも簡単に「ホームぺージ」が作れるようになったように、「動画作成」もかなりハードルが下がりましたよね。

iPhoneやiPadで使える純正アプリの「iMovie」を筆頭に、たくさんのアプリが登場しました。

でも、気になるのが動画のクオリティ(質)。低価格のアプリや、無料のアプリで作ると、チープな動画になりがちです。

そこで今回は、そこそこの値段でクオリティの高い動画を作れる方法をご紹介してみます。(※Macユーザー限定)

Apple純正アプリ「Motion5」

Macの動画作成ソフト(アプリ)といえば「Final Cut Pro X」が有名ですが、僕は、もう一つの純正ソフトである「Motion」をおすすめします。(※現在のバージョンは5)

エディターのためにデザインされたインターフェイス。編集しながらその場で修正を加えられるスマートテンプレート。

視線を釘づけにするタイトル、トランジション、エフェクトを作るための、使いやすいモーショングラフィックスツール。

そのすべてを備えたMotionは、Final Cut Proの完璧なパートナーです。

引用:Motion5

公式の説明では「Final Cut Proの完璧なパートナーです」とありますが、Motion5単体で全てを完結させることができます。

もちろん、Final Cut Pro Xがあれば動画作成の幅はかなり広がりますが、無理に買う必要はありません。必要になってからでも大丈夫です。

 

ただ、何の知識もない素人が使うとなると、正直、Motion5はハードルが高いソフトです。

標準のテンプレートもありますが、誰でも簡単にプロ級の動画が作れるかというと、それは難しいです。

それでも僕がMotion5をおすすめするのには、ある理由があります。

配布されている無料テンプレートを使う

それは、配布されている無料テンプレートを使えば、とても簡単にクオリティの高い動画が作れるからです。

その無料テンプレートを配布しているサイトはこちら→motion elements

(※有料のテンプレートもあるので、ダウンロードする時は注意してください)

このサイトで配布されているテンプレートはかなり優秀で、少しの手間でプロ級の動画を作ることができます。

 

実際にダウンロードしてみましょう。

画像の上にマウスを乗せるとプレビューが表示されるので、気に入った動画テンプレートをクリックします。

motion5-1

 

右にある「ダウンロード」をクリック。これだけでダウンロードが始まります。

motion5-2

Motion5の使い方

では、早速動画を作ってみましょう。ダウンロードしたテンプレートファイルをダブルクリックしてMotion5を立ち上げます。

motion5-10

 

こちらがMotion5の画面。再生ボタンを押すと動画が再生される(右上の画面)ので、画像や動画を次々と追加していきます。

左下にファイル(画像や動画)を表示することができるので、それをドラッグアンドドロップするだけ。かなり簡単です。

motion5-6

 

画面右下にあるタイムラインから、動画内の文字を変えることもできます。もちろん、フォントや色を変更することも可能。

(場所がわかりづらいので、こちらの画像を参考にしてください)

motion5-7

 

満足のいく動画ができたら、「共有」→「ムービーを書き出す」と進みます。

motion5-8

 

いろいろオプションが選べますが、特に気にしなければデフォルトでOK。

motion5-9

 

以上で終わりです。拍子抜けするほど簡単ですよね?

まとめ

先ほど作った動画がこちらです。

(※ブログ用に圧縮しているため少し劣化してます)

 

すごいですよね?これほとんど手間かかってないんですよ。無料のソフトやアプリだと、ここまで簡単に作ることはできないと思います。

無料のテンプレートの数も多いし、有料のテンプレートも意外と低価格なので、業者に頼む必要は全くありませんよ。

ちなみに、Adobeの有名なソフト「AfterEffect(アフターエフェクト)」のテンプレートもあるので、AEユーザーもぜひ使ってみてください。

参考にしていただければ嬉しいです!

motion elements

Motion

6,000円
(2016.06.02時点)
posted with ポチレバ

 - 動画・画像作成