「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

1 30

サーチコンソールにずっと表示されていた「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー。

SEO的に大きなマイナスもないという情報もあり、実際不利になっている感じもなかったので放置していたんですが、先日ついにこのエラーを解消しました。

今回はこのエラーの原因と対処法についてお話しします。

関連プラグイン変更後の「サイトマップがHTMLです」エラーの対処法

エラーの原因

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーメッセージからわかるように、本来サイトマップに含めるのはindexさせたい記事(検索結果に表示させたい記事)。

しかし、そのサイトマップにnoindex設定している記事(検索結果に表示させたくない記事)が含まれているので「エラー」として扱われているわけです。

サイトマップから除外すれば解決

エラー原因を踏まえると、対処法は「サイトマップにnoindexさせたい記事を含めない」ことになります。

では、どうやってサイトマップから除外したり、サイトマップを含めないようにすることができるのか、代表的な2つのプラグイン、「All in One SEO Pack」と「Google XML Sitemaps」を例にその方法を簡単にご紹介します。

All in One SEO Packの除外方法

All in One SEO Packは投稿の編集画面にある「サイトマップから除外する」にチェックを入れればOKです。記事毎に設定するので若干面倒ですね。

All in One SEO Packでサイトマップから除外

Google XML Sitemapsの除外方法

Google XML Sitemapsは設定画面で記事のIDを入力します。(複数ある場合はカンマ区切り)

Google XML Sitemapsでサイトマップから除外

All in One SEO Packの除外設定より面倒…と思うかもしれませんが、別記事でnoindex記事のIDをカンマ区切りですべて出力する方法をご紹介していて、その方法を使うとすぐに終わります。

まとめ

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーが発生している場合は今回ご紹介した対処法を試してみてください。解決するはずです。

ちなみに、記事を早くnoindexさせたい(検索結果から消したい)場合は、一時的にサイトマップにnoindexを指定した記事を含めるのがベストプラクティスとのことなので、覚えておくと良いかもしれません。

カテゴリー WordPressプラグイン

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

このサイト「MORIAWASE」の運営者。少しでも多くの人の悩みや不安を解決するためにハウツー記事を中心に更新しています。お問い合わせはページ下部のお問い合わせページから。フォローやシェアは大歓迎です!