MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

【Apple Pay】クレジットカードの登録・削除方法!

      2016/11/05

apple-pay

気軽に安全性の高い電子決済が可能になるApple Pay(アップルペイ)。みなさん、利用していますか?

  • なんだか不安…
  • 情報が漏洩しそうで怖い…
  • Suicaは登録していいけど、クレジットカードはちょっと…

なんて思って、まだApple Payを利用していない方も多いのではないでしょうか?でも、そんな心配は無用です。

安全性の高さは保証されているし、海外では数年前からスタートしているし、何より、財布の紛失リスクに比べたら、スマホの紛失リスクの方が低いと思いませんか?

Apple Payを利用できるiPhoneの種類

では、早速登録してみましょう…と言いたいところですが、実は、すべてのiPhoneでApple Payが利用できるわけではありません

Apple Payが利用できるのはiOS10.1以降の下記のiPhoneです。

  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus

Suicaが使えるのはiPhone7とiPhone7 Plusだけですが、ネットショッピングなどは、6以降のiPhoneでも決済可能です。

(つまり、上記のiPhoneであれば、Apple Payにクレジットカードを登録することができます)

Apple Payに登録・追加できるクレジットカード

そして、すべてのクレジットカードがApple Payに対応しているわけではありません。

  1. 三菱東京UFJ(VISA)
  2. au Wallet プリペイドカード(Master Card)
  3. 楽天銀行(JCB)

▲僕は、上記の3つのクレジットカードを持っているんですが、登録できたのは「楽天銀行カード」だけでした。

どのクレジットカードが登録できるのかは、別記事でまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

apple-pay-rakuten-card
Apple Pay(アップルペイ)スタートのタイミングで追加できるクレジットカード(発行銀行)一覧です!

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

では早速、「Apple Pay(iPhone)にクレジットカードを登録する方法」をご紹介します。

「設定」の中にある「WalletとApple Pay」をタップ。

apple-pay-1

 

「カードを追加」をタップ。

apple-pay-2

 

画面右上の「次へ」をタップ。iOS10.1にアップデートした時はこの画面からスタートします。

 

「クレジット/プリペイドカード」をタップ。

apple-pay-4

 

クレジットカードの表面を枠内に入れます。上手く読み込めない場合は、手動で入力しましょう。

apple-pay-5

 

名義(例:TAROU YAMADA)を入力し、「次へ」をタップ。

apple-pay-6

 

クレジットカードの裏面にあるセキュリティコードを入力し、「次へ」をタップ。稀に、表面にセキュリティコードがあるクレジットカードもあります。

apple-pay-7

 

画面右上の「次へ」をタップ。

apple-pay-8

 

認証方法を選択し、「次へ」をタップ。SMS(電話番号へのメール)での認証作業が簡単でおすすめです。

apple-pay-9

 

すぐにメールが届くので、本文中の「認証コード」を控えます。一番下のコードではありません。

apple-pay-10

 

Apple Payの設定画面に戻り、先ほど控えたコードを入力し「次へ」をタップ。

apple-pay-11

 

これで登録完了です。

apple-pay-rakuten-card

Apple Payの使い方(クレジットカードの決済方法)

実は、Apple Payにクレジットカードを追加した瞬間からApple Payが利用できます。特別な設定などは必要ありません。

例えば、僕は今回楽天カードを追加したんですが、「QUICPay」が利用できる店舗であればどこでも決済できます。

使い方はとても簡単。ロック画面でホームボタンを2回押して、iPhone7(Plus)をリーダー(カード読み取り機)に置くだけ。

(▼この画面になっていれば決済することができます)

rakuten-card-quick-pay

 

本来は、ホームボタンを2回押して指紋認証…という流れなんですが、指紋認証がものすごい速さで終わるので、ホームボタンを2回押した時点で指紋認証が終わっているはずです。

使ってみた感想

  1. ダイソー
  2. イオン(食品館)

で、実際にApple Payを使ってみたところ、問題なく使えました。決済が完了すると、「小さい音」が鳴り、画面に一瞬「完了」の文字が表示されます。

一方、エラーになった場合は、リーダー(カード読み取り機)が赤くなり、iPhone側で「エラー音(メール送信失敗の時などに鳴るプリセット音)」が鳴ります。

(両方実際に経験済み)

ロック画面でホームボタンを2回押してもクレジットカードが表示されない場合

改めて言いますが、ロック解除後ではなく、ロック中にホームボタンを2回押すことで先程の画面になります。(一度解除してしまうと、ただ起動中のアプリが表示されるだけ)

ロック画面でホームボタンを2回押したのにクレジットカードが表示されない場合は、設定がオフになっている可能性があるので設定変更しましょう。

「設定」→「WalletとApple Pay」と進み、下記の画像のように「ホームボタンをダブルクリック」のボタンが緑色になればOKです。

apple-pay-suica-use-1_2

Apple Payに登録したクレジットカードを削除する方法(iPhone)

Apple Payに登録したクレジットカードですが、非常に簡単に削除することができます。

「設定」の中にある「WalletとApple Pay」をタップ。

apple-pay-1

 

登録したクレジットカードをタップ。

apple-pay-credit-card-delete-1

 

一番下にある「カードを削除」をタップ。これでカードが削除されます。

apple-pay-credit-card-delete-2

Apple Payに登録したクレジットカードを削除する方法(iCloud)

もちろん、「iPhoneを紛失」しても大丈夫。iCloudにログインすることで、Apple Payに登録したクレジットカードを削除することができます。

今回は、パソコンでの操作方法をご紹介しますが、ネットに接続できる端末(友達のiPhoneとか家族のパソコン)であれば、同様の操作が可能です。

まずは、iCloudにログイン。

iphone-search-off-1

 

「許可する」をタップ。

iphone-search-off-2

 

「Apple Pay」をタップ。2ファクタ認証できなくても問題ありません。

apple-pay-12

 

登録したクレジットカードの下にある「削除」をクリック。

apple-pay-13

 

もう一度「削除」をクリック。これで完全にクレジットカードが削除され、利用することができなくなります。

apple-pay-14

まとめ

おそらく、セキュリティ的に安心なのは、「Apple Payにクレジットカードを登録して、クレジットカード本体を家に保管する」ことだと思います。金庫があれば鉄壁ですね。

ちなみに、同じカードの「登録→削除」は何回やっても大丈夫です。クレジットカード会社から連絡がくることもありません。

登録も削除も非常に簡単なので、Apple Payが利用できるiPhoneを持っている方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

 - Apple Pay