MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

【Apple Pay】Suicaが登録できない原因と対処方法!

      2016/10/27

iPhone,iPad,Apple Watch,MacなどのApple製品で、安全に簡単に電子決済ができるApple Pay(アップルペイ)

  • クレジットカード
  • プリベイドカード
  • デビットカード
  • Suica(スイカ)

など、様々なカードを登録・追加することができます。そして、この中でも特に大きなポイントなのが、「Suica」がiPhone7に登録できるようになったこと。

「モバイルSuicaに対応していない」という理由で、今までAndroidを利用していたユーザーも相当数いそうです。

Apple PayにSuicaが登録できない

apple-pay-suica-1

ただ、Apple Payがスタートしたタイミングでニュースになりましたが、なぜか、Apple Pay(iPhone7)にSuicaが登録できないんです。

JR東日本によると、「モバイルSuica」と「Apple PayでのSuicaサービス」へのアクセス集中が原因とのことですが、復旧後もSuicaが登録できません。

そこで、色々と情報を収集してみると、意外な事実が判明しました。

登録できないSuicaもある

実は、すべてのSuicaがiPhone7で取り込めるわけではないんです。具体的には、下記のSuicaが登録できません。

  1. クレジットカード機能付きSuica(ビュー・スイカなど)
  2. キャッシュカード機能付きSuica(ゆうちょ等)
  3. 高校生・中学生・小学生用のSuica定期券
  4. 小児用My Suica
  5. 社員証・学生証と一体型のSuica
  6. JR東日本以外で発行したSuica

いかがでしょうか?これらのSuicaを登録しようとしていませんか?

これらのSuicaは、アクセスが集中していて一時的に登録できないのではなく、そもそも登録することができないSuicaです。

対処方法

つまり、Suicaを登録できなくて困っている方の主な対処方法は下記の3つです。

  1. アクセスが集中しないであろう時間に登録する(登録できるSuicaを持っている方)
  2. しばらく待ってから登録する(登録できるSuicaを持っている方)
  3. 新しいSuicaを発行する(登録できないSuicaを持っている方)

ただ、「Apple Payに登録できるはずのSuicaなのに登録できない…」という方もいるかもしれません。そのような場合は、「Apple Pay用に新しいSuicaを発行する」のも一つの手です。

WEBで発行する場合、500円の発行手数料がかからない

というのも、実は、WEB発行の場合、500円の発行手数料がかからないんです。

窓口発行の場合でも、使用していたSuicaを返却すれば500円が戻ってきますが、WEB発行なら、そもそもの手数料が必要ありません。

  1. Apple Pay登録用のSuicaを500円払って発行してもらう
  2. Apple Payに登録する
  3. Suicaを返却して500円を受け取る

▲もし、この方法でSuicaを登録しようとしているのであれば、時間短縮のためにも、WEBでSuicaを発行してApple Payに登録しましょう。

WEBでSuicaを発行してApple Payに登録する方法

さて、WEBでSuicaを発行してApple Payに登録する方法ですが、非常に簡単です。

  1. Suicaアプリをインストール
  2. 新規でSuicaを発行(無記名のタイプだと時間がかからないのでおすすめです)
  3. チャージする(1000円〜)

以上で、Apple PayにSuicaが登録されます。ちなみに、無記名のSuicaは会員登録せずに発行することができます。

モバイルSuica

モバイルSuica
無料
posted with アプリーチ
POINT

Suicaにチャージするために、「クレジットカード」や「プリペイドカード」をApple Payに登録する必要があります!

まとめ

以上、Apple PayにSuicaが登録できない原因と対処方法でした!Suica利用のためにiPhone7に機種変更しようとしている方はご注意ください!

 - Apple Pay