1PasswordのデータをiPhoneとAndroidスマホ間で移行する方法

同期を開始する

パスワードの管理に便利なアプリ「1Password」。

僕はiPhoneにこのアプリを入れてパスワードの生成から管理まで任せているんですが、先日修理のためにAndroidに機種変更しなければいけなくなった時、「あれ、そういえばこのデータってどうやって移行すればいいんだろう…?」と困ってしまいました。

数が少なければ手動で入力もできますが、100件以上もデータがあったので自動で移行する必要があったからです。

そこで色々と移行手段を調べてみたところ、iCloudの同期やWi-Fiの同期など、いくつか方法はありましたが、iPhoneとAndroid間で「無料」でデータを同期するには1つしか方法がありませんでした。

それが今回ご紹介する「Dropboxを使った同期」です。

少し難しく思うかもしれませんが、手順は意外と簡単なので、この記事を見ながらゆっくり進めてみてください。

ファイルをDropboxに作成

移行前の端末でDropboxに1Passwordのデータが入ったファイルを作成します。

今回はiPhoneからAndroidへの移行なので、iPhoneでファイルを作成する手順ですが、AndroidからiPhoneへの移行でも手順は同じです。

まず、1Passwordの「設定」タブの中にある「同期」をタッチ。

1Passwordのデータを同期

移行する保管庫を選択。特に設定していない場合はデフォルトで「プライマリ」になっています。

プライマリ保管庫を選択
同期を開始する

同期方法が色々ありますが、iPhoneとAndroid間の無料データ移行はDropboxを使います。

「Dropboxと同期」を選択

Dropboxのアプリが自動で立ち上がるので、「許可」をクリック。

1PasswordにDropboxへのアクセスを許可

後は「ファイルを作成」をタッチすれば1Passwordのデータが入ったファイルがDropbox上に作成されます。

Dropboxに1Passwordのファイルを作成する

Dropboxにある1Passwordのファイルを読み込む

次は、1Passwordのファイルを読み込みます。

Dropboxのアプリをインストールしてログイン後、1Passwordのアプリを立ち上げ、「Dropbox」をタッチします。

Androidの1Passwordアプリで「Dropbox」を選択

Dropboxのファイルにアクセスさせていいか聞かれるので、「許可」をタッチ。

Androidの1PasswordアプリにDropboxへのアクセスを許可する

後は「この保管庫を使用」をタッチすれば1Passwordのデータが読み込まれるので、これで移行完了です!!

プライマリ保管庫のデータを読み込む

この記事を書いた人:シェフ

このサイト「MORIAWASE」の運営者。少しでも多くの人の悩みや不安を解決するためにハウツー記事を中心に更新しています。お問い合わせはページ下部のお問い合わせページから。フォローやシェアは大歓迎です!

カテゴリー

アーカイブ