MORIAWASE

好きなもの、好きなだけ、盛り合わせ

今日の人気記事です!

iPhoneが復元できない時の対処方法【完全復元の流れ】

      2016/11/16

iphone-full-restore-1

自宅の2階からiPhoneを落とした友達が、また家にやってきました。なんでも、エクスプレス交換サービスよりも早く、一刻も早く、iPhoneが使いたいとのこと。

「いやいや、エクスプレスよりエクスプレスしちゃダメだよ。君は奇跡的に”2階からiPhone“だったけど、本来バックアップも取れなかったかもしれないんだよ?」

と、冷静に諭したんですが、『大丈夫、大丈夫!ちょっとだけ、ちょっとだけだからさ、ね!いいでしょ!?』と、家に上がりこんできました。

あ、「2階からiPhone」とは、こういうことわざです。

iPhoneからiPhoneへのデータ移行は簡単だけど…

今回、友達がやりたかったことは、「自分のiPhoneのデータを他のiPhoneに復元して使う」ことです。特に難しい話ではありませんね。

僕の友達もそれを理解していたようで、弟のiPhoneを持ってきていました。ということで、早速取りかかることに。ちなみに、友達のiPhoneのデータは以前バックアップしています。

  1. 念のため、友達のiPhoneのデータをバックアップ
  2. 友達の弟のiPhoneに、以前バックアップしたデータを復元

これで、友達のiPhoneのデータが復元されて使える…はずが、「2ファクタ認証」ができずにデータが復元されませんでした。

2ファクタ認証とは?

2ファクタ認証とは、特定のApple製品(iPhone・iPadなど)を操作できるようにするために、他のApple製品から認証作業をするシステムです。

今回の例だと、iPhoneを操作できるようにするために、iPadやiMacで認証作業をする…ということです。

ただ、残念ながら、僕の友達は、iPhone以外にApple製品を持っていません。つまり、2ファクタ認証ができないんです。

また、SMS(電話番号でのメール)での認証もできますが、キャリアが違ってSIMカードを差し替えることができなかったため、この方法も使えませんでした。

「iPhoneを探す」がオンになっていて復元できない!

友達はすごく残念がっていましたが、こればかりは仕方がありません。まぁ、何日か待てばiPhoneが届くんだし、とりあえず、すべて元通りにして…と、逆の作業を開始しました。

しかし、大変なことに気がつきます。友達の弟のiPhoneの「iPhoneを探す」がオンになっていたらしく、バックアップデータから復元できないんです。

ただ、それはもう勉強済み。パソコンやスマホなどのインターネット接続ができる端末でiCloudにアクセスすればオフにすることができます。

しかし、ここで新たな問題が。友達の弟、「Apple ID」と「パスワード」両方とも覚えていなかったんです。マジかよ…

何も覚えてなくても「リカバリーモード」なら大丈夫!

iphone-full-restore

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT201263

さて、ここからが本題です。この状態になった時、試せる方法はいくつかあると思いますが、リカバリーモードでの復元が最もスマートです。

デバイスをリカバリモードにして設定し直す

  1. お使いの iTunes が最新バージョンであることを確認します。
  2. iTunes がすでに開いている場合は、いったん閉じます。デバイスをコンピュータに接続してから iTunes を開きます。コンピュータをお使いでない場合は、お知り合いから借りていただくか、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにご相談ください。
  3. デバイスが接続されている状態で、以下の方法でデバイスを強制再起動します。
  4. iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押します。Apple ロゴが表示されても放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けてください。
  5. Phone 7/iPhone 7 Plus の場合:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。Apple ロゴが表示されても放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けてください。
  6. 「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「アップデート」を選択します。iTunes による iOS の再インストールが始まります。データは消去されません。iTunes でデバイス用のソフトウェアがダウンロードされるまでお待ちください。ダウンロードに 15 分以上かかり、途中でリカバリモードが終了してしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、上記の手順をもう一度行います。
  7. アップデートまたは復元が終了したら、デバイスを設定します。

引用:iPhone、iPad、iPod touch をアップデートまたは復元できない場合

まだ完全復元されてない!

「弟にiPhone借りてきたのに、電話もメールも使えないとか…どうやって謝ろう…」と、友達が凹んでいたんですが、これで一安心。電話やメールなど、最低限のことはできます。

ただ、アプリは復元されません。正確には「復元されている」んですが、Apple IDもパスワードもわからないので、アプリがダウンロードされないんです。(待機中の状態でストップ)

はぁ…これじゃあ完全復元はできない…ん?バックアップデータから復元はされている。ただ、アプリはダウンロードできない。ということは…

アプリをダウンロードするためのApple IDはなんでもいいの…?

新規でAppleIDを作ろう!

ということで、Apple IDを新規で作成することにしました。Apple IDの作成方法は下記の記事にて紹介しています。

【au】AndroidからiPhone7への機種変更方法【自宅】

POINT

新規でApple IDを作成せずに、既存のアカウントでサインインしてもOKです!

新規のApple IDでサインインすればアプリも復元!

で、Apple IDを新規で作成して、アプリをダウンロードしたところ…

すべて正常に復元されているではありませんか!

  • ゲームのデータ
  • LINE

なども、文字通りすべて元通りでしたよ。メールアドレスとパスワードを登録していなかったので、LINEは無理だろうなぁ…と思っていたんですが、問題ありませんでした。

つまり…完全復元!

まとめ

こういうことをすべてのiPhoneユーザーが知っていれば、Appleのカスタマーサポートの負担も減ると思うんですが、普段経験しないからこそ、「まずは電話」となるんでしょうね。

あ、そうそう。終わってから気づきましたが、最初の段階で「リカバリーモードで復元」すれば問題なく復元できたんですよね…後の祭りですが!

「バックアップデータから復元できないから、もうお手上げ!」と思っている方は、今回ご紹介した方法で復元してみてはいかがでしょうか?

 - iPhone