ガールズバーの仕事内容は?男性バーテンダーと何が違うの?

仕事内容の割に時給が高いことから、大学生やフリーターを中心に人気を集めるガールズバー

「キャバクラはちょっと抵抗あるけど、ガールズバーなら大丈夫かも…!」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、ガールズバーって何?具体的にどんなことやるの?など、気になるポイントを解説します。

ガールズバーとは?どんな仕事内容?

まず、ガールズバーとは何か?ですが、簡単に言うと「ナイトワーク」です。俗に言う、水商売のことですね。

ただ、ナイトワークにも種類があり、お客さんの隣に座って「接待」をするキャバクラとは違い、実は、ガールズバーは「接客業」です。

つまり、一般的なバーテンダーと同じく、カウンター内でお酒(や料理)をつくり、不特定多数のお客さんに対して接客をするのが主な仕事です。

どんな人が働いているの?

冒頭でお伝えしたように、ガールズバーで働くスタッフの年齢層はかなり若いです。だいたい20代ですね。

ポイントは、意外と普通の人が働いていること。これはナイトワーク全般に言えることですが、ガールズバーは特にその側面が強いです。

やはり、お客さんと隣同士になることがなく、カウンターという「壁」があることに安心するのでしょう。

なんで時給が高いの?

では、なぜ普通のバーで働くバーテンダーより時給が高いのかというと、単純に、お店が儲かるからです。

「同じくお酒を作ってもらって、同じくおしゃべりするなら、男性と女性どっちがいい?」と聞かれたら、多くの男性が「女性」と答えるでしょう。それがガールズバーが儲かる所以です。

もちろん、これは何もナイトワークだけの話ではなく、その他の業種にも言えることです。メイド喫茶はその典型的な例でしょう。

また、

  • そもそもの時給相場が高く、他のお店に対抗して時給を上げている
  • 女性がいないと成り立たないビジネスだから、長く働いてもらうために高い時給を設定している

というお店も少なくありません。

都心部だと、時給2000円以上は普通ですし、時給3000円を超えるお店も珍しくありません。

普通のバーとガールズバーの見分け方

さて、ここからは少しマニアックな話をします。

先ほど、普通のバーとガールズバーの仕事内容が基本的に同じだと言いましたが、両者の違いは一体何だと思いますか?

  • 営業するために必要な許可証?
  • ルール?

実は、許可証はどちらも同じ「深夜酒類(しんやしゅるい)」で、チャージ料があるなど、ルールも基本的には同じです。

つまり、両者の違いは、「当店はバーだよ」「当店はガールズバーだよ」というお店側の主張でしか判断できないことになります。

(極端な話、女性スタッフしかいない普通のバーとガールズバーは、表面上は同じだということです)

ただ、当然ながら見分ける方法はあります。

屋号(お店の名前)

バーの場合は、あまり馴染みのない英単語を使い、「BAR〇〇」や「〇〇バー」という屋号になることが多いです。

一方のガールズバーは、馴染みのある英単語を使い、「ガールズバー〇〇」や、すべて英語表記にしてバーの要素を感じさせない屋号にすることが多いです。

募集職種

普通のバーの場合は、「バーテンダー」という職種で募集しますが、ガールズバーの場合は、「カウンターレディ」という職種で募集します。

中には、「カウンタースタッフ」や「カウンターガール」という紛らわしい表記もありますが、それらはナイトワークっぽさを消すために用いられる表記で、基本的にはガールズバーの募集です。

ちなみに、「カウンタースタッフ(男女)」は普通のバーの募集で、「女性バーテンダー」はガールズバーの募集です。

POINT

カウンタースタッフは、パチンコ・パチスロ店の職種でもあります。

求人広告の掲載位置

これが最も簡単な見分け方ですが、普通のバーと、ガールズバーは、そもそも求人広告を掲載できる位置が違います。

バーテンダー(普通のバー)

普通のバーは「飲食店のカテゴリー」です。

引用:バイトル

カウンターレディ(ガールズバー)

一方のガールズバーは「ナイトワークのカテゴリー」です。

引用:バイトル

「指名」や「同伴」があるお店にはご注意!

ガールズバー(と、普通のバーやスナック)の仕事を探す場合に、最も注意したいのが「指名や同伴の有無」です。

というのも、不特定多数のお客さんを相手に接客をする仕事なので、同伴はもちろんのこと、指名のシステムもあってはならないからです。

ですので、求人広告で「指名バックあり!」「同伴手当あり!」と、待遇をアピールしているガールズバーの求人を発見した場合は、応募しないように注意しましょう。

そういう表記が許されるのは、キャバクラのシステムを取り入れている風営法2号の許可証で営業しているお店です。(仕事内容はガールズバーのカウンターレディと同じですが、ガールズバーではありません)

まとめ

以上のことを踏まえ、ガールズバーの仕事はこのように探しましょう。

  1. お店の前の張り紙・ナイトワーク専門サイトではなく、一般的な求人サイトを利用する
  2. フリーワード検索ではなく、「職種」から探す
  3. 指名バックや同伴バックがあるお店は避ける(ドリンクバックは問題ありません)

特に重要なのは、一般的な求人サイトを利用することです。掲載規約がかなり厳しいので、怪しいお店に応募する確率が限りなく0に近くなります。

全国規模の求人サイトならどこで探しても問題ありませんが、

  • お店の雰囲気が動画でわかる
  • 制服写真が見れる(露出度の高さをチェックできる)

という点で、バイトルで探すのが最もおすすめです。

スマホからも簡単に利用できるので、興味がある方は、まずはどんな求人があるのか探してみてはいかがでしょうか?

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!