iPhone壊れて修理?すぐ解決するよ!バックアップもしてね!

どうも。自他共に認めるアップル信者です。たまに、「iPhone壊れたから修理に出す!」と、パニックになった人を見かけます。

「どれどれー?」とiPhoneをチェックしてみると、放電っぽい状態になっていたり、アップデート画面でフリーズしていたり。

そんな時、最も簡単な解決方法があります。

ホームボタンと電源(ロック)ボタンを長押し

これは昔からある方法なのですが、意外に知らない人が多いので改めて。電源(ロック)ボタンの長押しでiPhoneのオンオフが出来るのは知っていると思います。

しかし、iPhoneが壊れたと思う人の多くが、これを知りません。ノートパソコンがフリーズして、充電がなくなるまで放置してしまう人と似てますね。

特に、アップデート中にフリーズしてしまうと、怖くて何もできない気持ちが強くなり、壊れたと思ってしまうようです。

iPhoneが壊れて、サポートセンターへ電話する前に、アップルストアに行く前に、まずは、強制再起動を実行しましょう。

やり方はホームボタンと電源(ロック)ボタンを長押しするだけです。5〜10秒も押していれば、すぐに元通りになるはずです。

iPhone7の強制再起動の方法

iPhone7は、強制再起動の方法が違います。

  1. 右上の「電源ボタン(ロックボタン)」
  2. 左上の「音量下げるボタン」

の長押しです。ご注意ください!

何かある前に完全バックアップを

せっかくなので、関連情報も。みなさん、バックアップしてますか?え?iCloudでバックアップしてるから大丈夫だって?

うーん。死亡フラグですね。iCloudのバックアップは当然のこと、パソコンにもバックアップをとりましょう

その理由は、iCloudへのバックアップは不完全であり、パソコンへのバックアップは完全だからです。

よって、復元にも違いが出てしまい、前者は不完全な復元、後者は完全な復元になります。

完全と不完全の違い

完全とか不完全とか言いましたが、どのくらいの差があるのでしょうか?

そこまでヘビーに使用していないユーザーは特段問題がないかもしれませんが、iPhoneに頼りっぱなしの人は気を付けてください。

たいていの人は、iCloudを無料で利用しているはずです。そして、この無料のストレージ(容量)は「5GB」です。

あなたのiPhoneの容量は何GBですか?間違いなく5GB以上ありますよね?しかも、他の目的でもiCloudを利用していますよね?

そう、iCloudにはiPhoneのデータが完全に保存されていないんです。公式サイトにもその旨が記載されています。

iCloud には購入したコンテンツの情報がバックアップされますが、購入したコンテンツそのものはバックアップされません。iCloud バックアップから復元すると、iTunes Store、App Store、または iBooks Store から、購入済みのコンテンツが自動的にダウンロードされます。

引用:https://support.apple.com/kb/PH12519?locale=ja_JP

 

つまり、故障して元通りにするためには、それなりに時間がかかるということです。しかも、下記のようなリスクもあります。

一部の国ではダウンロードされないコンテンツもあります。

引用:https://support.apple.com/kb/PH12519?locale=ja_JP

 

そして、僕も実際に体験したことですが、iCloudのバックアップファイルが壊れることがあるんですよ。

これに関しては、普通の人ではお手上げ状態で、アップルでも解決できないので気を付けてください。

パソコンにバックアップをする方法

iCloudの設定よりも、パソコンにバックアップをする方が簡単です。パソコンとiPhoneをケーブルでつなぐだけ。ただし、iTunesは必要なので、ダウンロードしてインストールしておきましょう。

iTunesのダウンロードはこちらから→http://www.apple.com/jp/itunes/download/

では早速バックアップしてみましょう。

 

①まずはiPhoneをパソコンとつなぎます。もちろん、Windowsでも大丈夫ですよ。

iphone-break-4

 

②バックアップの項目の中の「このコンピュータ」にチェックし、「今すぐバックアップ」をクリック。

iphone-break-1

 

③「iPhoneの中に入ってるデータをパソコンに入れますか?」と聞かれるので、「購入した項目を転送」をクリック。iCloudと違い、コンテンツ自体もバックアップしてくれます。

iphone-break-2

 

④最新のバックアップで、「このコンピュータ:」が表示されていれば成功です。しっかり、iCloudとは別にバックアップされています。

iphone-break-3

iPhoneが本当に壊れている場合とパソコンにバックアップできない場合

「それは壊れたのではなく、一時的に状態がおかしくなっているだけですよ」というケースが多いので、こういう話をしましたが、中には、本当にiPhoneが壊れている場合もあるでしょう。

その場合は、修理が必要なので、下記記事を参考に修理を依頼しましょう。

また、iPhoneが壊れて操作できない時のバックアップと復元方法!の記事でまとめていますが、iPhoneが壊れてバックアップができない場合は「あいさぽ」のような修理店に修理を依頼するのがスマートです。

  • iCloudにはバックアップしていたけど、パソコンにはバックアップしていなかった
  • iPhoneの操作ができずに、本体の初期化もバックアップもできない

など、困った場合はぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

便利な世の中になり、あらゆることをスマホに任せてしまいがちですが、いざという時のためにバックアップは必ずとりましょう。

パソコンにもiCloudにもバックアップがない人は本気で心配です…!iCloudとパソコン、両方へバックアップしてこそ、安心が手に入りますよ!

キャリアアップ 初めての就職・転職が不安な方におすすめの転職エージェント

キャリアアップ ブラックな求人広告を見分けてホワイト企業に応募する方法。

キャリアアップ 給料が安い?残業が多い?仕事を辞めたい20代の転職ハック。

カテゴリーiPhone

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WEBメディア「MORIAWASE」の運営者。求人広告会社の元施設長で、趣味は音楽制作(DTM)。育児に奮闘中です!