Mac最新OS「Mojave」でe-Taxは利用できる?エラーの対処法は?

昨年の確定申告、当時のMac最新OSだった「High Sierra」でe-Taxが利用できず困ったんですが、今年(2019年)からWindows・Macともに正式に最新OSでも利用できるようになりました。

ただ、これは国税庁のサイトで書類を作成する場合の話で、データインポートでの電子申告に関しては従来通り最新OSには正式に対応していません。

つまり、クラウド会計ソフトなどからxtxファイルを出力して、e-Tax側でそれを取り込み電子申告…といったことを最新OSでやるのは推奨されていないということですね。

で、気になるのは、今年(2019年)の確定申告時期の最新OS「Mojave」もこれまでと同じようにe-Taxが利用できないのか…ということですが、結論から言うと利用可能です。

(※もちろん、推奨環境ではないので当サイトでも推奨はしません)

ただ、「エラーが出て先に進めない…」「やっぱりMojaveだとダメなのかな?」なんて悩みも少なからずあると思うので、この記事ではそんなエラーの対処法についてお話ししようと思います。

主なエラー

おそらく、発生しているエラーは「設定状況」の部分ではないでしょうか?

e-Taxの設定状況でエラーが発生

このエラー、僕のMacでも当初発生していて、この状態のまま進めたところ送信できませんでした。

電子署名の付与に失敗

エラーの対処法

実はこのエラーの対処法は非常に簡単です。

(というより、本来は発生しないエラーです…苦笑)

まず、必要なのはこの「事前準備セットアップ」ツールのインストールです。

e-Taxの事前準備セットアップツール

こちらのページからダウンロードできるので、これをインストールしてください。

その後、Safariの環境設定を開き、「機能拡張」タブをクリック。

すると、左側にe-Taxソフト(WEB版)というものがあるので、そこにチェックを入れます。

Safariの環境設定でe-Taxソフト(WEB版)にチェックを入れる

これで、設定状況のエラーがなくなるので、最後の電子署名の付与と送信ができるようになります。

e-Taxの設定状況エラーが解消

freeeでの電子申告がベスト

おそらく、今後のMac最新OSでも特段問題なくe-Taxは利用できるのだと思います。

実際、2019年は国税庁の確定申告書等作成コーナーが正式に最新OSに対応しているので。

ただ、あえて言いますが、こんな面倒な思いをするならfreeeを使うべきだと思います。

会計ソフトを使わずに一生懸命自分で書類を作っているドMな人は別として、事実上、個人事業主(フリーランス)にとってクラウド会計ソフトって必須アイテムじゃないですか。

で、マネーフォワードクラウド確定申告(MFクラウド確定申告)とか、弥生(やよい)とか、クラウド会計ソフト側でe-Tax用のデータを出力して電子申告している人も多いと思うんです。

ただ、freeeならそんなことする必要もなく、freee上で電子申告が可能なので、e-Taxと連携した送信に比べてめちゃくちゃ簡単です。

※どのくらい簡単かは別記事にまとめているので、ぜひ見てください。

他のクラウド会計ソフトを使っている場合でも、そのデータをfreeeに取り込めるので、確定申告に時間を奪われたくないなら、ぜひfreeeを試してみてください。

もちろん、無料期間もありますよ。


カテゴリー:確定申告・年末調整

シェフ

このサイト「moriawase」の運営者。ハウツー記事を中心に更新しています。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ